大学生でもFX口座は開設できる?

社会人のように安定した収入がない大学生でも、FX口座を開設することは可能なのでしょうか?

 

結論としては、大学生はもちろん高校生であったとしても、FX口座を開設することは可能です。

 

FXの口座開設には条件がいくつかありますが、学生など職業による制限はありません。
大学生やその他学生が口座開設する上でまず確認しておきたいのは、各FX会社の年齢制限です。

 

FX会社の年齢制限一覧

会社名

年齢条件 未成年
外為どっとコムのロゴ

公式HPへ

18歳〜80歳以下
みんなのFXのロゴ

公式HPへ

18歳〜80歳未満
LIGHT FXのロゴ

公式HPへ

18歳〜80歳未満
SBI FXトレードのロゴ

公式HPへ

18歳〜80歳以下
DMM FXのロゴ

公式HPへ

20歳〜75歳未満 ×
ヒロセ通商のロゴ

公式HPへ

20歳〜75歳以下 ×
YJFX!のロゴ

公式HPへ

20歳〜80歳未満 ×
GMOクリック証券のロゴ

公式HPへ

20歳〜80歳以下 ×
外為ジャパンのロゴ

公式HPへ

20歳〜75歳未満 ×
FXTFのロゴ

公式HPへ

20歳〜75歳以下 ×
マネーパートナーズのロゴ

公式HPへ

20歳〜70歳未満 ×
FXブロードネットのロゴ

公式HPへ

20歳以上 ×
JFXのロゴ

公式HPへ

20歳〜74歳以下 ×
FXプライムのロゴ

公式HPへ

20歳〜80歳以下 ×
外為オンラインのロゴ

公式HPへ

20歳以上 ×

※調査日:2020年9月13日

 

年齢制限に問題がなく審査に通りさえすれば、未成年や大学生であってもFX口座を開設することができます。

 

ただし、未成年の方がFX口座を開設するためには親権者の同意が必要になります。

 

20歳以上の学生であれば、マイナンバー書類と本人確認書類を用意すれば口座申込ができます。
しかし未成年の学生の場合、マイナンバー書類と本人確認書類に加えて、以下の3点の書類が必要になります。

 

未成年者のFX口座開設に必要な書類

 

戸籍謄本

未成年者と法定代理人との関係を証する書面です。親権者との続柄が記載された戸籍謄本、または住民票が必要になります。市役所や区役所で取得できます。

 

法定代理人(親)の本人確認書類

法定代理人とは多くの場合は保護者にあたります。ご両親お二人の本人確認書類が必要となることもあるので、あらかじめお願いしておきましょう。

 

同意書

未成年者の場合、未成年者の取引に関する同意書を提出する必要があります。
FX会社によって郵送で送られてくることもあれば、公式サイトからダウンロードする場合もあります。保護者の方の署名・捺印が必要になります。

既婚者の方は

未成年であっても結婚している場合は、婚姻証明書類(戸籍謄本等)を提出することで、上記3点【法定代理人との関係証明書】【法定代理人の本人確認書類】【同意書】を提出しなくてもよい場合があります。

年齢制限をクリアして、上記の必要書類を全て揃えることで、未成年の大学生でもFX会社の口座開設を申し込むことができます。

 

大学生におすすめのFX口座

大学生がFXを始めるならどのFX会社を選ぶべきか?国内には30社を超えるFX会社がありますが、大学生にも口座開設がしやすく、学生からの人気が高いFX会社やおすすめのFX会社をご紹介します。

 

外為どっとコム

 

外為どっとコム公式サイト

 

おすすめポイント
  • 豊富なスキルアップコンテンツ
  • 初心者におすすめ!みらい予測チャート
  • カンタンに貰えるキャッシュバック
  • 高評価のサポート窓口
  • 業界最狭水準のスプレッド

 

豊富なスキルアップコンテンツ

外為どっとコムはオンラインセミナーなど、FXのスキルアップコンテンツが豊富なことで評判の良いFX会社です。
中でもプロのFXトレーダーによる為替投資ノウハウのレポートは必見です。

 

大学生は社会人に比べてFXのスキルアップや分析に時間を割くことができます。
大学生のうちに実力を付けて、卒業後も個人投資家として活躍している方もいます。

 

吸収力の高い大学生は、外為どっとコムの豊富なスキルアップコンテンツを最大限に活かすことができるでしょう。

 

 

初心者におすすめ!みらい予測チャート

 

外為どっとコムのみらい予測チャート

 

みらい予測チャートとは、過去のデータから現在のチャートと同じような値動きを自動で検出し、それを元に未来のチャートを予測する機能です。
過去のデータでは今後どのような値動きになることが多かったのか、3パターンのチャートで表示してくれます。
テクニカル分析が苦手な初心者であっても簡単に利用することができて、チャート分析の勉強にもなります。

 

 

カンタンに貰えるキャッシュバック

口座開設後に10万円の入金で1,000円のキャッシュバック!
さらに、外為どっとコムが提供するFX入門口座を受講後、テストに合格してアンケートに答えると1,000円のキャッシュバック!

 

口座開設してFXの動画セミナーを見るだけで、簡単に2,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。
さらに取引量の条件もクリアすることで、最大103,000円のキャッシュバックがもらえます。

※キャンペーン適用期間:口座開設月から翌々月末まで(2021年8月2日(月)午前7時00分より開始)

 

外為どっとコムサービス概要
米ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円
0.2銭 0.4銭 0.6銭 0.4銭
手数料 取引単位 通貨ペア キャンペーン
無料 1,000通貨〜 30通貨 口座開設で最大10.3万円

※スプレッドは原則固定(例外あり) 2021/7/22時点

※キャッシュバックキャンペーン適用期間:口座開設月から翌々月末まで(2021年8月2日(月)午前7時00分より開始)

※上記はキャンペーンスプレッドです。(対象期間:2021年9月6日(月)午前9時〜2021年10月2日(土)午前3時、提示時間帯:午前9時〜翌午前3時)

 

 

 

LIGHT FX

 

LIGHT FX公式サイト

 

おすすめポイント
  • 初心者の学生におすすめのFX会社
  • ユーザー年齢層が若い
  • スワップポイントが高い
  • 業界最狭水準のスプレッド

 

初心者の学生におすすめのFX会社

LIGHT FXはFX初心者や初級者をターゲットにしているFX会社なので、取引ツールが分かりやすく、これからFXを始める学生に最適なFX会社と言えます。

 

また、LIGHT FXの最低取引単位は1,000通貨単位。
米ドル円なら約4,000円から、その他の通貨ペアならさらに少額でFX取引がスタートできます。

 

コールセンターは24時間営業しているので、これからFXを始める大学生には環境の整ったFX会社と言えます。

 

 

ユーザー年齢層が若い

LIGHT FXを運営するトレイダース証券による調査では、LIGHT FXのユーザー年齢層は比較的若いことが分かっています。
老舗の証券会社のFX口座とは違って、インターフェースのデザイン性が高く、直感的に操作しやすいのも若い世代から高く評価されている要因と考えられます。

 

 

スワップポイントが高い

LIGHT FXは高金利通貨ペアを含む多くの通貨ペアにおいて、他のFX会社よりも高いスワップポイントを付与しています。
比較サイト等でも高スワップのFX会社として紹介されることが多く、長期運用を考えている大学生におすすめのFX会社と言えます。
FXが初めての大学生は口座開設しておきたいFX会社です。

 

LIGHT FXサービス概要
米ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円
0.2銭 0.4銭 0.9銭 0.6銭
手数料 取引単位 通貨ペア キャンペーン
無料 1,000通貨 29通貨 口座開設で最大5万円キャッシュバック

※スプレッドは原則固定(例外あり)

 

 

 

YJFX!

 

YJFX!!公式サイト

 

おすすめポイント
  • スマホでFXならYJFX!
  • 現金かPayPayがもらえる
  • 初心者の大学生にもおすすめ

 

スマホでFXならYJFX!

大学生のFXトレーダーは、通学途中やお昼休みにスマホを使って注文やチャート確認をすることも多いでしょう。

 

YJFX!はスマホアプリの評価が高いことで人気のFX会社で、スマホでトレードや情報収集をする機会があるなら口座開設しておきたいFX会社です。

 

直感的に操作しやすく、安定してサクサク動くスマホアプリならYJFX!がおすすめです。

 

 

現金かPayPayがもらえる

YJFX!では取引量に応じて現金かPayPayが還元されます。
最大で1万通貨の取引に対して5円相当のPayPayが還元されます。

 

ポイント還元のあるFX会社は少ないので、PayPayユーザーも多い大学生にはメリットの一つと言えるでしょう。

 

 

初心者の大学生にもおすすめ

YJFX!でも最低取引単位は1,000通貨単位となっていて、1万円以下の資金からFXを始めることができます。
まずは少額資金から、リスクを抑えてFXを始めてみるのが良いでしょう。
コールセンターは24時間対応。
FX市場が活発になる夜間に取引をしたい大学生にも安心のFX会社です。

 

YJFX!サービス概要
米ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円
0.2銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭
手数料 取引単位 通貨ペア キャンペーン
無料(※) 1,000通貨 24通貨 口座開設で最大39,000円キャッシュバック

※スプレッドは原則固定(例外あり)

※外貨出金手数料は1回につき1,500円が発生

 

 

大学生のFXの始め方

大学生がFXを始めるにはどのような手順で進めていけば良いのでしょう?ここからは大学生のFXの始め方について解説します。

 

1.軍資金を貯める

FXを始めるには、まずは元手の資金を用意しましょう。
FXは数千円あれば取引することができますが、ある程度余裕を見て5万円程度は用意しておくのが良いでしょう。

 

ただし、大学生でも口座開設の審査にスムーズに通るためには、資産は多ければ多い方が有利になります。
口座開設の審査のことを考えると30万円ほど貯金があるのが理想です。

 

 

2.FX口座を開設する

FXの投資資金が準備できたら、FX会社に口座開設を申込みます。
FXの口座開設は基本的にオンラインとなっているので、各FX会社のホームページから申込みをしましょう。
口座開設の手続きが早いFX会社であれば、最短で当日中には口座開設が完了します。

 

 

3.デモトレードでFXを体験

FXが初めての学生さんであれば、まずはデモトレードで練習してみることをおすすめします。
取引ツールの使い方やチャートの見方、様々な注文方法に慣れておくことで、誤発注などのミスを防ぐことができます。

 

 

4.いよいよ本番トレードへ

ある程度取引ツールの使い方や注文方法を理解できたら、いよいよ資金を入金してFXを始めてみましょう!

 

 

 

大学生が審査落ちを回避するには?口座開設の条件

安定した収入が少ないことを考えると、社会人よりも審査では不利になりがちな大学生。
大学生が審査落ちを回避するにはどのようなことに気を付ければ良いのでしょうか?FX会社の審査や口座開設の条件について見ていきます。

 

 

貯金を30万円貯める

FX会社の口座開設審査に通りやすい条件として、金融資産30万円以上というのがあります。
金融資産とは、現金に換金可能な資産のことであり、現金以外にも以下のものが金融資産として考えられます。

 

  • 預金
  • 株・投資信託
  • 生命保険(掛け捨ては除く)
  • 小切手
  • 商品券

 

金融資産が30万円以上あると大学生でも審査に通りやすいと言われています。
なお、金融資産はどのくらいの資産を持っているのかを申告するものであり、FXに投資する金額ではありません。
また、実際に通帳残高を提出したり調査されることはなく、あくまでも自己申告となっています。

 

 

アルバイトも収入の一つ

金融資産が0円の大学生であっても、ある程度アルバイトによる収入があれば審査に通ることもあります。
月に8万円、年収にして100万円ほどあれば、大学生であっても審査に通りやすい傾向にあります。
収入についても実際にバイト先に確認されるわけでなく、自己申告の収入金額となります。

 

 

18歳でも口座開設OKのFX会社を選ぶ

FX会社の口座開設の審査基準はほとんどが非公開となっています。
はっきりと公開されている唯一とも言える審査基準は年齢制限です。

 

各FX会社の口座開設可能年齢は、【18歳以上】と【20歳以上】のどちらかとなっています。
年齢制限が緩いFX会社の方が、口座開設基準が全体的に緩いという可能性も考えられます。

 

金融資産や収入が少ないようであれば、年齢制限が18歳以上のFX会社を選ぶ方が良いかもしれません。
また、審査に落ちることも考えて、複数のFX会社に口座開設申し込みをしておくというのも一つの方法です。

 

 

 

大学生がFXを始める前に知っておきたい注意点

FXを始めようと考えている大学生の中には、FXを含む投資全般の経験が少ないという方が多いかと思います。
投資経験の少ない大学生がFXを始めるにはあたっては、以下のような点に注意しておくようにしましょう。

 

 

レバレッジを低く抑えた取引を

FXは株式や投資信託とは違って、レバレッジを利用することで実際の資金よりも大きなお金を運用することができます。

レバレッジとは?

レバレッジとはテコのことで、実際の資金よりも大きなお金を運用できる仕組みのことです。例えば10万円の資金を例に考えてみると、10倍のレバレッジをかけることで100万円の資金が運用ができるようになります。

レバレッジを高くすることで、少ない資金でも大きな取引ができるのがFXの醍醐味です。
ただし、レバレッジを高くすると大きなリターンに期待できる一方で、大きな損失を被る可能性もあります。

 

FXを始めたばかりの頃に、少し利益が出たためにレバレッジを大きくして、結果として大損害を出してしまったというのはよくある失敗談です。
ある程度安定して収益をあげられるようになるまでは、レバレッジは低く抑えて取引することをおすすめします。

 

 

流動性が低い通貨ペアを避ける

「流動性が低い」とは、市場参加者が少ない状態を意味します。
流動性を理解するには、不動産に例えると分かりやすいです。

 

例えば、駅から遠く離れたマンションの一室を購入したとしましょう。
しかし駅から遠くて不便な為、マンションを売却しようと考えます。ところが、そのマンションを購入したいという人はなかなか見つからない。(市場参加者が少ない)
買い手を見つけるためには値段を下げる他なく、最悪の場合は売却自体が困難になることも考えられます。

 

FXにおいては売買取引の相手が見つからないという可能性は低いですが、可能性が0とも言えません。
また、流動性の低い通貨ペアは価格が安定しないため、値動きが非常に激しく、リスクの高い通貨ペアです。

 

大学生がFXを始めるのであれば、リスクが少なく取引のしやすい「流動性の高い通貨ペア」を選ぶのが良いでしょう。

 

 

セミナーやレポートを積極的に活用しよう

大学生は社会人と比べると、時間的な余裕がある方が多いと考えられます。
また、大学生は学習することにおいては現役であり、社会人よりも吸収や上達が早いとも考えられます。

 

時間を上手く使って為替相場についてしっかりと学べば、大学生がFXトレーダーとして大成する可能性は十分にあります。
FXを専業とするプロの投資家は、感覚で取引しているのではなく、知識や経験に基づいて戦略的に取引しています。

 

「円高が続いているから」など安易な理由から投資の方向性を決めるのではなく、政治や経済的要因をしっかりと理解して、チャートを読み解くスキルも身につけた上でトレードに臨むことが大切です。

 

大学生がFXを始めるなら、FXについてしっかりと学べる環境が整ったFX会社を選ぶことが大切です。

 

ページの先頭へ戻る