少額から始められるFX会社

FX初心者のうちは少額で始められるFX会社を利用したいものですよね。
少額・低資金でFXを始めるには、少ない通貨単位から取引できるFX会社で口座開設する必要があります。
こちらのページでは、取引通貨単位についての解説や、少額から始められるFX会社の特集を掲載しています。

 

 

最低取引通貨単位とは?

FXの取引単位は「○○通貨単位」と表現するため少しややこしく感じますが、通貨単位=円、ドル、ポンドなどです。
1,000通貨単位というと1,000ドルや1,000ポンドと同義となります。
全ての通貨に共通の単位ということで、「通貨単位」と表現します。

 

次に、最低取引通貨単位とは、そのFX会社で取引ができる最も少額の通貨単位を意味します。
例として、DMM FXの最低取引通貨単位は1万通貨単位となっているので、最低でも1万通貨単位を売買する必要があります。
米ドル円の「買い」からエントリーするのであれば、最低取引は1万ドルの「買い」ということになります。

 

とは言え、実際に1万ドル=100万円(1ドル100円の場合)を用意しなくてはならないわけではありません。
FXでは最大で25倍のレバレッジがかけられるので、1万ドル=100万円の取引に必要となる資金は4万円程度です。

レバレッジとは

少ない資金で多額の取引ができる仕組みをレバレッジと言い、FXでは最大25倍までレバレッジをかけた取引ができます。レバレッジ25倍とは、資金が4万円の場合、4万円×25倍=100万円となり、最大100万円までの取引ができます。

最低取引通貨単位が1,000通貨単位のFX会社であれば、米ドル円を取引するのに必要となる資金はおよそ4千円程度となります。
このように最低取引通貨単位や必要資金は、FX会社によって異なります。

 

少額からFXを始めたいということであれば、最低取引通貨単位が低いFX会社で口座開設をしましょう。

 

 

1通貨単位から取引できるFX会社

1通貨単位から取引できるFX会社には、SBIグループのSBI FXトレードと、外資系FX会社のOANDA JAPANとがあります。

 

 

SBI FXトレード

 

SBIFX公式サイト

 

国内企業としては唯一、1通貨単位からの取引に対応しています。
定期的に外貨を自動購入してくれる積立FXなど、少額をコツコツ運用したい方におすすめのFX会社です。
取引通貨単位が1,000通貨単位を超えるとスプレッドが広くなるので、少額取引以外もお考えの方は注意が必要です。

 

 

 

 

OANDA JAPAN

 

OANDA公式サイト

 

北米に拠点を置くFX会社の日本支社が運営しているFX口座です。
取り扱い通貨ペアは国内最多級となる71通貨ペア、中上級者に人気の取引ツール「MT4」が使えるなど、他のFX会社にはない魅力的なサービスを提供しています。
また、約定力が強いFX会社としても人気があり、スキャルピング やデイトレードにもおすすめです。

 

 

 

 

1通貨単位での取引は、リスクを限りなく抑えることができる反面、利益幅も非常に小さくなります。
米ドルを1通貨単位取引する場合、為替レートが10銭変動したところで、為替損益は0.1円にしかなりません。

 

1通貨単位の取引はほとんどデモトレードに近いため、実際に自分のお金を運用している緊張感や、精神的負担の中での取引感覚が身に付きません。

 

デモトレードでは勝っていた人が、実際のトレードになると全く勝てなかったというのはよくある話です。
ある程度FXのやり方が理解できたら、デモトレードや1通貨単位の取引ではなく、実際に自己資金の動きを感じられる単位で取引するのが良いでしょう。

 

 

100通貨単位から取引できるFX会社

100通貨単位の取引であれば大損をする可能性は限りなく低く、ちょっとしたゲーム感覚でFXの経験を積むことができます。
とりあえずは少額資金でFXを試してみたい方には、100通貨単位の取引もちょうど良いかもしれません。

 

マネーパートナーズ

 

マネーパートナーズ公式サイト

 

マネーパートナーズには「パートナーズFX」と「パートナーズFXnano」の二種類のFX口座があります。
「パートナーズFX」は1万通貨単位からとなっていますが、スプレッドが狭く約定力も強いFXサービスです。

 

一方の「パートナーズFXnano」は、非常に珍しい100通貨単位から取引可能なFX口座で、初心者の方など少額で取引したい方におすすめです。
また、「パートナーズFXnano」はスワップポイントも好条件なので、中長期の取引にも向いています。

 

 

 

1,000通貨単位から取引できるFX会社

1,000通貨単位の取引は、損益金額がちょうど良いくらいなので、少額取引に最もおすすめです。
1,000通貨単位でFXを始める場合、米ドル円を取引するのに必要となる資金=証拠金は4,000円程度です。
ただし、実際には証拠金4,000円だとギリギリになってしまい、取引開始後すぐにロスカットされる可能性があります。

ロスカットとは

為替損などにより口座残高が一定の水準を下回ると、FXのシステムにより強制的に決済される仕組み。

少し余裕資金を見ておくという意味でも、1万円〜5万円程度の資金から始めるのが良いでしょう。
ドル円相場が1円動いても損益は1,000円なので、FXのスキルや知識を身につけるのに最適の金額とも言えます。

 

なお、1,000通貨単位からの取引は人気が高いことからも、多くのFX会社の最低取引通貨単位が1,000通貨単位となっています。

 

1,000通貨単位から取引可能なFX会社一覧

  • ヒロセ通商
  • YJFX!
  • みんなのFX
  • LIGHT FX
  • 外為ジャパン
  • JFX
  • FXTF
  • 楽天FX
  • 外為どっとコム
  • FXプライムbyGMO
  • 外為オンライン
  • セントラル短資FX
  • FXブロードネット
  • マネックス証券
  • 岡三オンライン証券
  • サクソバンク証券

 

 

少額取引におすすめのFX会社ランキング

ヒロセ通商

 

ヒロセ通商公式サイト

 

  • 高金利通貨は高スワップ
  • 全50種類の取引通貨ペア
  • 初心者向けセミナーが豊富
  • 豊富なキャッシュバックキャンペーン

 

狭いスプレッドに加えて、南アフリカランドやトルコリラのスワップポイントが高く、全体的な取引条件に優れているFX会社です。
国内企業としては最多級となる50通貨ペアを取り扱っているので、トレンド相場に巡り合うチャンスも豊富です。

 

また、キャッシュバックなど顧客還元が多いFX会社としても人気で、新規口座開設や他社からの乗り換えだけでなく、毎月の取引高に応じたキャッシュバックキャンペーンもあります。
少額取引のトレーダーにもチャンスがあり、食品などのプレゼントキャンペーンを毎月実施しているので、付加価値の高いFX会社と言えます。

 

 

 

 

マネーパートナーズ

 

マネーパートナーズ公式サイト

 

  • スリッページなし!約定率No.1
  • オリコン顧客満足度総合1位
  • 100通貨単位から取引可能

 

マネーパートナーズの最低取引通貨単位は100通貨単位、最小限のリスクで取引できるのでトレードの勉強にも活用できます。
今までと違う取引スタイルを試してみたり、チャート分析の検証に使うなど、100通貨単位のFXは何かと便利です。

 

また、11年連続No.1を獲得している約定力においては、調査対象となる7社の中で唯一スリッページなしの約定率100%を記録しています。
デイトレードやスキャルピングがメインで、少額取引にも対応できるFX会社をお探しの方にはマネーパートナーズがおすすめです。

 

 

 

 

LIGHT FX

 

LIGHT FX公式サイト

 

  • 業界最狭水準のスプレッド
  • 業界最高クラスのスワップポイント
  • 初心者にも使いやすいシンプルなツール

 

FX初心者を主なターゲットにしているFX会社なので、1,000通貨単位と少額取引に対応しているだけでなく、取引ツールやチャートもシンプルで使い方を覚えやすいのが特徴です。

 

スプレッドやスワップポイントなど各種取引条件は業界最高クラス、とにかく安い手数料で取引したい方、スワップ金利を狙った長期取引も考えている方には特におすすめです。
最近になって人気急上昇中のFX会社です。

 

 

 

 

 

YJFX!

 

YJFX!!公式サイト

 

  • 70万ダウンロードのスマホアプリが人気
  • 現金orPayPay還元キャンペーン

 

YJFX!の最大の特徴でありメリットは、スマホアプリの評判が良いことでしょう。
70万ダウンロードされているYJFX!のスマホアプリは、初心者でも使い勝手が良いと人気で、多くのFXトレーダーに愛用されています。

 

実際の取引は他のFX口座で行い、外出中のレートチェックやニュースチェックにはYJFX!のアプリを使うという人もいるほどです。
スマホで情報収集することが多い人であれば、YJFX!で口座開設しておく価値は十分にあります。

 

また、取引量に応じて現金かPayPayが還元されるのもメリットの一つ。
1万通貨の取引に対して最大で5円相当のPayPayが還元されます。

 

 

 

 

外為どっとコム

 

外為どっとコム公式サイト

 

  • 為替アナリストによる良質なレポート
  • 豊富なオンライン&会場セミナー

 

外為どっとコムの最大の強みは情報量、口座開設すると為替アナリストによる質の高いレポートやコラムを読むことができます。
また、オンラインセミナーや会場セミナーも積極的に行っていて、トレーダーの投資教育に力を入れているFX会社です。

 

最低取引は1,000通貨単位と少額ながら、レポートやコラムには為替の基礎知識が必要なものも多いので、どちらかというとFX経験者におすすめのFX会社とも言えます。
各国の金利情勢や政治動向など、ファンダメンタルズ分析が身に付いてきたら、情報収集用のFX口座として口座開設しておくのも良いでしょう。

 

 

 

FXを始めるには資金はいくら必要?

少額でFXを始めたいとは言っても、いったいいくらあればFXを始められるのでしょうか。
通貨単位別に必要となる資金や、為替相場が動いた場合の損益を見ていきましょう。

 

例)米ドル/円を100円で買った場合
必要証拠金 1ドル=101円 1ドル=99円
1万通貨単位 40,000円 10,000円の利益 10,000円の損失
1,000通貨単位 4,000円 1,000円の利益 1,000円の損失
100通貨単位 400円 100円の利益 100円の損失
1通貨単位 4円 1円の利益 1円の損失


上の表からも分かるように、取引通貨単位は少ない方がリスクを抑えた取引が可能になりますが、反対にリターンも少なくなります。
1通貨単位の取引にはほとんどリスクがないとも言えますが、利益も限りなく小さなものです。

 

FX初心者のうちは少額取引からスタートするのが良いことに間違いはありませんが、少額の定義はその人の自己資金によって異なります。
一般的な意見としては、これからFXを始める初心者の方には1,000通貨単位くらいがおすすめです。

 

1通貨単位は自己資金を投資している感覚が薄れてしまうため、ついつい無謀なトレードにチャレンジしてしまったり、含み損を抱えた際の精神的な負担もほとんどないため、トレードスキルが向上しづらいと言われています。

 

 

少額取引のメリット

少額取引ができるということには、様々なメリットが存在します。以下に少額取引のメリットを3点列挙してみます。

 

 

分割決済ができる

最低取引通貨単位が1万通貨単位のFX会社で、米ドル円を1万ドル買いからエントリーした場合、決済もやはり1万ドルの決済となります。

 

一方で、最低取引通貨単位が1,000通貨単位のFX会社では、1,000ドル×10=1万ドルとなるので、決済は分割して1,000ドル〜可能になります。

 

これからさらに相場が好転する可能性もあるけれど、他の投資にも資金を回したい。そんな時はポジションの半分にあたる5,000ドルだけを決済することも可能です。
少額取引では分割して細かい資金管理ができるのもメリットの一つです。

 

 

 

複数のFX口座に分散投資ができる

分割決済と同じ理由から、1,000通貨単位から取引ができれば、1万通貨単位を複数のFX口座に分散投資することができます。
FX会社にはそれぞれ特徴があり、複数のFX会社の口座を利用することで、投資の基本とも言われる分散投資が可能になります。

 

例えば、5,000通貨単位は手持ちの口座で運用して、残りの5,000通貨単位は他のFX会社で自動売買に使うというのも一つの方法です。
通常の裁量取引と自動売買に分散することで、投資法という観点からの分散投資になります。

 

また、FXはインターネット取引であり、システムダウンやサイバー攻撃のリスクは少なからずあります。
複数のFX会社に資金を分散しておくことでリスクヘッジにもつながります。

 

さらには、複数のFX会社に口座を持つことで、レポートやWEBセミナー、取引ツールなどのサービスを利用できるというメリットもあります。

 

 

 

損失リスクを軽減できる

少額でFXを始める最大のメリットは、やはり何よりも損失を少なく抑えられる点です。
例として、ドル円が100円の時に買いポジションを持ち、その後相場が下落して1ドル99円にまで下がった場合、それぞれの通貨単位での損失は以下のようになります。

 

取引数量 損失金額
1万通貨単位 1万円
1,000通貨単位 1,000円
100通貨単位 100円
1通貨単位 1円


このように、1万通貨単位の取引と1,000通貨単位の取引でも、損をした時の金額は大きく違ってきます。
ただしドル円相場が上昇した際には、当然ながら利益幅も少なくなります。

 

ある程度まとまった資金をFXに使える方であれば、トレードに慣れてきたら1万通貨単位の取引に切り替えていくのも良いでしょう。

 

ページの先頭へ戻る