FX口座開設に必要な年収はどのくらい?

FX会社で口座開設をするには、審査にパスすることが必須の条件となります。
審査があるからには誰にでも口座開設ができるわけではありませんが、FXの口座開設における審査はそれほど厳しいものではありません。

 

特に気になる年収に関しても、フルタイムでお勤めの方であればそれほど問題にはならないでしょう。
具体的な金額にするなら、年収は200万円以上あれば口座開設の審査に通る可能性は高いと言えます。

 

仮に年収が200万円未満や、100万円に達していないとしても、口座開設の審査に通る可能性は十分にあります。
フリーターや大学生、無職の方でも口座開設が可能なことからも、FX会社の審査は年収だけで落ちるようなことはないと言えます。

 

しかし反対に、年収が400万円あれば必ず審査に通るのかと言うとそうでもありません。
年収はあくまでも審査基準のうちの一つであり、その他の条件とのバランスを見て総合的に判断されます。

年収は調べられる?

クレジットカードやカードローンの審査では、年収を含む申告内容に虚偽等が無いか、「信用情報機関」に照会することで調査されます。しかし、FX会社の場合は信用情報機関に照会する権限がないため、申告した年収に虚偽や相違がないかの確認は行われません。FX会社に年収や預金残高などの個人情報が漏れるようなことはないと考えて良いでしょう。

 

FX会社の口座開設審査に通るためのポイント

年収において不安があるようなら、どのような点に気をつけることで審査に通ることができるのか?FX会社の口座開設審査に通るためのポイントを、年収もまじえて以下に解説します。

 

金融資産は最低30万円

FX会社の口座開設審査において、年収以上に重要と言われているのが金融資産です。
金融資産とは、現金に換金可能な資産のことであり、現金以外にも以下のものが金融資産として考えられます。

 

  • 預金
  • 株・投資信託
  • 生命保険(掛け捨ては除く)
  • 小切手
  • 商品券

 

預金だけでなく、自宅にある現金や生命保険の解約返戻金なども合算した金額を申告します。

 

年収がそれほど高くはないということであれば、金融資産は100万円以上あるのが理想的です。
反対に年収が高い方であっても、金融資産が30万円以下であれば審査に落ちる可能性は否定できません。

 

収入ではなく、今現在どの程度FXに使えるお金があるのか?損失を出した際に補填できるお金はどの程度あるのか?そのあたりが審査のポイントとなります。

 

なお、銀行の預金残高は年収同様にFX会社によって調査されることはありません。
証明書やコピーを提出することもないので、自己申告の金額となります。

 

 

投資予定金額は余裕資金の範囲内で

FX会社の口座開設申込みフォームには、FXに投資する予定金額を入力する項目があります。
年収や金融資産に対して投資予定金額が高いと、口座開設審査に通らないことがあります。
投資予定金額が年収の半分を超えるようなら、審査に落ちる可能性は高くなるでしょう。

 

FXは元本が保証された投資商品ではありません。
万一損失が生じた場合でも生活に支障をきたさないように、余裕資金で取引することがFX会社でも推奨されています。

 

収入に対してどの程度の支出があって、どの程度のお金であればFXに投資しても良いのかを計算してみましょう。
ギャンブルのような取引やリスクが高い取引ではなく、余剰資金を運用するようなFX取引であることが大切です。

 

 

大切なのは3つのバランス

FX会社の口座開設の可否は、年収単体で判定されるわけではありません。
「年収」「金融資産」そして「投資予定金額」の3つのバランスが取れていることが大切です。

 

年収250万円、預金250万円の人が、投資予定金額を500万円にすると、仮に500万円の損失を出した場合には生活に支障をきたすことになります。
年収が低くても、それに見合った投資金額であれば審査には十分に通ります。

 

 

複数のFX会社に申込みを

口座開設の審査基準はFX会社によって異なります。
A社では審査に通らなかったのに、B社では即日で口座開設ができたというのも珍しい話ではありません。

 

口座開設の申込みをするにあたり年収に不安があるようなら、あらかじめ複数のFX会社に口座開設申込みをしておくのも良いでしょう。

 

FX口座は維持費や口座開設手数料などはかからないのが一般的です。
多くのトレーダーは使い勝手を試したり、キャッシュバックを目的として、複数のFX口座を開設しています。

 


FX会社のキャッシュバックを一覧比較

 

 

口座開設の審査で最も見られているのは…?

口座開設の審査においてFX会社が最も注意深く確認しているのは、名前や住所が本人確認書類と相違ないかという点です。

 

FX会社が避けたいのは年収が低い人や資産が少ない人がFXを始めることではなく、FX口座をマネーロンダリングや第三者によるなりすまし、詐欺などの犯罪に悪用されることです。
そのため、FXの口座開設には必ず審査が設けられており、本人確認書類と照らし合わせて入念なチェックが行われます。

 

それに加えて、口座開設希望者が年収や保有資産に見合わない無理な投資をしないかのチェックが行われます。
年収や保有資産に対して、どの程度のお金をFX取引に投じる予定かをチェックされます。

 

FX会社は顧客が無謀な投資をして資産を失うことは望んでいません。
健全な投資で長くFX口座を利用してもらうことが、FX会社の利益にもつながります。
顧客が無謀なFX取引で資産を失わないためにも、年収や金融資産に見合った取引を行うかどうかを見られています。

ページの先頭へ戻る