FXの取引時間は平日24時間!

FXは基本的に土日を除く24時間取引が可能です。
月曜日AM7時から土曜日AM7時までがFXの取引可能時間となっています。(夏時間は月曜日AM6時から土曜日AM6時まで)

 

株は取引できる時間帯が決まっているのに対して、なぜFXは24時間取引ができるのでしょうか?
その理由は、株は取引所で売買が行われるのに対して、FXは世界中の市場で取引が行われていて、各国には時差があるためです。

 

為替取引には株のように特定の取引所があるわけではなく、当事者同士が通貨を交換することで取引が行われています。
日本が夜中であっても世界のどこかの国はビジネスタイムです。
世界中の市場に参加できることからFXは24時間取引が可能であり、24時間チャンスを狙うことができる金融商品となっています。

 

 

開始時間と終了時間はFX会社によって違う!

FXの取引時間は基本的には月曜日AM7時から土曜日AM7時まで(夏時間は月曜日AM6時から土曜日AM6時まで)となっていますが、実際に取引ができる時間はFX会社によって決められているため、FX会社によって若干異なります。

 

特に土曜日の朝方まで取引をする方であれば、終了時間に違いがあるので注意が必要です。

 

また、多くのFX会社では平日の早朝にシステムメンテナンスが行われるため、取引ができなくなります。
システムメンテナンスが長いFX会社では30分間も取引ができなくなるので、システムメンテナンス時間も合わせて確認しておくことをおすすめします。

 

会社名 取引開始時間 取引終了時間 システムメンテナンス
月曜7:00 土曜6:40

(土曜5:40)

6:40〜7:00

(5:40〜6:00)

月曜7:00 土曜6:40

(土曜5:40)

6:40〜7:00

(5:40〜6:00)

月曜7:00 土曜6:50

(土曜5:50)

なし
月曜7:00 土曜6:55

(土曜5:55)

6:55〜7:10

(5:55〜6:10)

月曜7:00 土曜7:00

(土曜6:00)

なし
月曜7:00 土曜6:50

(土曜5:50)

6:55〜7:00

(5:55〜6:00)

月曜7:00

(月曜6:00)

土曜6:00

(土曜5:00)

7:00〜5分程度

(6:00〜5分程度)

月曜7:00 土曜6:55

(土曜5:55)

6:55〜7:05

(5:55〜6:05)

月曜7:00 土曜6:50

(土曜5:50)

6:57〜10-15分程度

(5:57〜10-15分程度)

月曜7:00 土曜6:55

(土曜5:55)

6:55〜7:05

(5:55〜6:05)

月曜7:00 土曜6:50

(土曜5:50)

6:55〜7:10

(5:55〜6:10)

月曜7:00 土曜6:30

(土曜5:30)

6:30〜7:00

(5:30〜6:00)

月曜7:00

(月曜6:00)

土曜6:00

(土曜5:00)

7:00前後に5分程度

(6:00前後に5分程度)

月曜7:00 土曜6:50

(土曜5:50)

なし
月曜7:00 土曜6:40

(土曜5:40)

6:55〜7:10

(5:55〜6:10)

※()内は夏時間の時刻です。

 

DMM FXとGMOクリック証券については、平日のシステムメンテナンスで取引ができない時間帯がありません。
7時前後に取引をしたい方であれば、DMM FXかGMOクリック証券で口座開設をしておくと良いでしょう。

 

 

FXの夏時間と冬時間とは?

FXの取引時間は夏時間(サマータイム)と冬時間(標準時間)で切り替わるため注意が必要です。
夏時間は冬時間よりも1時間繰り上がるので、切り替わりのタイミングは気を付けるようにしましょう。

 

取引時間
夏時間 3月第2日曜〜11月第1日曜
冬時間 11月第1日曜〜3月第2日曜

 

 

FX取引ができないのはいつ?

FXは基本的に土日は取引ができません。
正確には、土曜日AM7時から月曜日AM7時までは取引ができなくなります。(夏時間は土曜日AM6時から月曜日AM6時まで)

 

ただし、祝日に関しては基本的に取引が可能です。
祝祭日は国や地域によって異なり、日本が祝祭日であっても、外国では平日で通常通り為替取引が行われているためです。
ゴールデンウィークやシルバーウィークを含む祝日は基本的にFX取引が可能です。

 

反対に、クリスマスは日本では平日ですが、欧米諸国をはじめとして多くの国では休日にあたります。
そのため、東京市場がオープンしている7時〜15時の間だけ取引ができるFX会社もあります。

 

 

年末年始について

祝日は基本的にFX取引が可能ですが、元旦は例外です。
元旦は世界中の市場が休日となるためFX取引もできません。

 

なお、大晦日については取引が可能ですが、取引可能な時間帯はFX会社によって異なります。
また、年明けは2日からは通常通りFX取引が可能になります。

 

年末年始の取引時間は毎年FX会社の公式ホームページ上で告知されるので、年末年始が近くなったら確認しておきましょう。

 

 

国によっては土日も取引できる?

週末の土日になるとほとんどの国の金融機関が休みになるため、FXは土日にはできません。
ところが、土日のFX取引が行われていない時間帯でも、為替レートは若干変動しています。

 

その理由は中東の一部の国にあります。
中東の国の中には、日曜日ではなく金曜日が休日となっている国もあります。

 

それらの国では土日も市場で取引が行われているため、為替レートが変動する要因となっています。
とは言え、土日の為替市場を動かしているのは中東の一部の国だけなので、基本的には為替レートはほとんど動きません。

 

ただし、土日に為替に大きな影響を与える出来事やテロ事件などが起こった際には、為替レートが大きく動くこともあります。

 

 

FXの取引時間帯の特徴

FXは時差によるビジネスタイムの違いから、世界中で24時間取引されている眠らないマーケットです。
朝はニュージーランドのウェリントン市場からスタートして、東京〜香港〜ロンドン〜ニューヨークと、太陽の動きに合わせてマーケットの中心は西へ移動していきます。

 

FXの取引時間帯と海外市場

 

時間帯によってマーケットの中心となる市場が違うため、FXでは取引時間帯によってそれぞれ特徴があります。
これからFXを始める初心者の方は、各マーケットの特徴をつかんでおくようにしましょう。

 

 

オセアニア時間 7時〜

オセアニア市場の時間帯は比較的値動きは穏やかで、東京市場のオープンに向けて徐々に活発化していくイメージです。
市場参加者が少ない時間帯なので、スプレッドが広がりやすい時間帯でもあります。

 

ただし、週明けの月曜日のオセアニア時間は、1週間のはじめの取引となるため注意が必要です。
FXは土日に取引ができないため、土日のあいだに為替市場に影響を与える出来事が起こると、週明けの月曜日にレートが大きく動くことがあります。
土日をまたいでポジションを持つ場合は、月曜日のオセアニア時間には十分に注意しておきましょう。

 

 

東京時間 8時〜18時

1日の始まりオセアニア市場の次にオープンするのが、アジア勢が多く参加する東京市場です。
9時55分に銀行がその日の為替レート(仲値)を決定するため、10時頃に向けて取引が活発になるのが東京時間の特徴です。

 

また、ゴトウ日と呼ばれる毎月5日と10日は輸入業者の決済日であることが多く、海外企業への支払いのためにドルが買われやすく、仲値が決まる10時頃に向けて円安ドル高が進みやすい傾向にあります。

 

 

ロンドン時間 17時〜翌2時

1日のうちで為替取引量が最も多くなるのが、ヨーロッパ各国が市場参加するロンドン時間です。
東京時間での動きに反応して、ロンドン時間に入った途端に大きく動くこともあるので注意が必要です。
ヨーロッパ勢が参加することから、ポンドやユーロなどヨーロッパ各国の通貨ペアが動きやすくなります。

 

 

ニューヨーク時間 22時〜翌7時

ロンドン時間とニューヨーク時間が重なる21時〜2時頃にかけては、一日のうちで最も活発に取引が行われる時間帯です。
日本時間の21時半(冬時間は22時半)には米国の重要経済指標が発表されることもあるので、大きな為替変動に注意が必要です。
午後22時半(冬時間は23時半)には米国株式市場がオープンして、より一層値動きが大きくなる傾向にあります。

 

ページの先頭へ戻る