海外在住でも口座開設できる国内FX会社はココ!

海外転勤や留学、または海外移住により、海外に居住されている方でも利用できるFX会社があることをご存知でしょうか?
多くのFX会社においては海外在住の方の口座開設を認めていませんが、以下のFX会社では海外からでも口座開設することが可能です。

 

ヒロセ通商

 

ヒロセ通商公式サイト

 

  • 高評価の取引ツール
  • 高スワップの高金利通貨
  • 取扱通貨ペアは全50種類
  • 海外でも安心の24時間電話サポート
  • 豊富なキャッシュバックキャンペーン

 

高評価の取引ツール

ヒロセ通商は海外在住者に問わず、幅広く人気のあるFX会社です。
人気の秘訣は各種デバイス専用の高機能取引ツール。Mac専用やタブレット専用など、各種デバイスで最も使いやすい専用の取引ツールが提供されています。
今までに利用したFX会社のツールに不満があるようなら試してみたいFX会社です。

 

 

高スワップの高金利通貨ペア

ヒロセ通商は、南アフリカランドやトルコリラなど、高金利通貨ペアのスワップポイントが高いことが強みの一つです。
高金利通貨ペアに関しては、過去数年間に渡って最高クラスの高スワップを維持し続けています。
長期でポジションを保有する方であれば、海外でも使えて日本に帰国してからも利用できるヒロセ通商がおすすめです。

 

 

取扱通貨ペアは全50種類

多くのFX会社では取り扱い通貨ペアが20?30種類程度となっていますが、ヒロセ通商はおよそ2倍の50通貨ペア!
取り扱い通貨ペアが多いと、その分だけ買いシグナルの出ている通貨ペアを取引できるチャンスが広がります。
決定的なチャンスを逃さないためにも、多数の通貨ペアから選べるヒロセ通商では口座開設しておきたいところです。

 

 

海外でも安心の24時間電話サポート

ヒロセ通商の電話サポートは24時間対応、時差のある海外でも安心して取引ができます。
特に、昼夜が逆転するアメリカやブラジル在住の方は、24時間電話受け付けをしているFX会社を選びたいところです。

 

 

豊富なキャッシュバックキャンペーン

ヒロセ通商はキャッシュバックやプレゼントキャンペーンが豊富なFX会社です。
新規口座開設だけでなく毎月の取引高に応じたキャッシュバックキャンペーンもあります。
最大100万円以上のキャッシュバックから、少額取引のトレーダーにもチャンスがあるプレゼントキャンペーンなど種類も豊富です。
ただし、商品プレゼントについては海外発送不可のものが多く、日本国内の住所での受け取りとなります。

 

ヒロセ通商サービス概要
米ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円
0.2銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭
手数料 取引単位 通貨ペア キャンペーン
無料 1,000通貨 50通貨 口座開設で最大5万円キャッシュバック

※スプレッドは原則固定(例外あり)

海外在住者のヒロセ通商の口座開設手順

 

口座開設手順

 

STEP1

お申込フォーム入力

ヒロセ通商公式サイトから口座開設フォームへ進み必要事項を入力、口座開設の申込みをします。

 

 

STEP2

必要書類の提出

海外在住者や海外駐在員などの非居住者が口座開設をするには【本人確認書類】と必要に応じて【特定取引を行う者の届出書】の提出が必要です。【特定取引を行う者の届出書】の提出が必要な場合は、ヒロセ通商公式サイトからダウンロードします。
なお、海外在住の方はマイナンバーの提出は必要ありません。必要書類を提出すると口座開設の審査が開始します。

 

 

STEP3

IDとパスワードの受取

ヒロセ通商の審査に通ると、ご登録住所宛てに国際郵便でユーザーIDとパスワードが記載された書類が届きます。居住国の郵便事情により受け取りが困難な場合には、別の方法で受け取ることも可能です。

 

 

STEP4

入金後お取引開始

受け取ったIDとパスワードでFX口座にログイン。入金するといよいよ取引開始です。

 

 

 

 

セントラル短資FX

 

セントラル短資FX公式サイト

 

  • 未来の値動きを予測するみらいチャート
  • 初心者でも簡単選べるシストレ
  • 外貨入出金と外貨両替サービス
  • 電話問い合わせは日中のみ

 

未来の値動きを予測するみらいチャート

 

セントラル短資FXのみらいチャート

 

みらいチャートとは、現在のチャートを自動解析して、過去のチャートの形から似たものを抽出して表示してくれる機能です。
これから先どのようなチャートを描く可能性が高いのか、過去のデータをもとに未来のチャートを予測して表示してくれます。
みらいチャートのみで売買判断することはおすすめしませんが、テクニカル分析を学ぶための参考として利用してみるのも良いでしょう。

 

 

初心者でも簡単選べるシストレ

 

セントラル短資FXのミラートレーダー

 

シストレとはシステムトレードの略称で、プログラムが自動で売買を繰り返してくれるサービスです。
セントラル短資のシストレは、プログラムの中から成績の良いものを選択するだけで、後は自動的に売買が繰り返されます。
プログラムは過去の損益からランキング化されているので、特別な知識が無くとも選びやすいのも大きな特徴です。

 

通常の裁量トレードが得意な人もいれば、システムトレードの方が稼げるという人もいます。
裁量トレードで上手く収益が上がらないようなら、試しにセントラル短資FXのシストレを利用してみるのも良いでしょう。

 

 

外貨入出金と外貨両替サービス

セントラル短資FXでは、外貨を入金して証拠金として利用することができます。
海外永住者や海外駐在員など、現地通貨で給与振込などがある方には便利なFX口座です。
また、日本円を外貨に、外貨を日本円に両替することも可能で、両替した外貨をそのまま出金することもできます。
なお、外貨入出金と外貨両替に対応しているのは以下の7通貨です。

米ドル/ユーロ/ポンド/豪ドル/NZドル/カナダドル/スイスフラン

 

 

電話問い合わせは日中のみ

セントラル短資FXの電話問い合わせ受付時間は、平日午前8時〜午後17時までとなっています。
時差がある国にお住まいの方や、FX初心者の方にとってはデメリットとなるでしょう。

 

セントラル短資FXサービス概要
米ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円
0.2銭 0.4銭 0.9銭 0.5銭
手数料 取引単位 通貨ペア キャンペーン
無料 1,000通貨 25通貨 口座開設で最大50万円キャッシュバック

※スプレッドは原則固定(例外あり)

海外在住者のセントラル短資FXの口座開設手順

 

口座開設手順

 

STEP1

お申込フォーム入力

セントラル短資FX公式サイトから口座開設フォームへ進み必要事項を入力、口座開設の申込みをします。

 

 

STEP2

必要書類の提出

本人確認書類を提出します。セントラル短資FXでは海外在住者が本人確認書類として提出できるのは、日本大使館・領事館が発行する【在留証明書】のみです。
なお、海外在住の方はマイナンバーの提出は必要ありません。必要書類を提出すると口座開設の審査が開始します。

 

 

STEP3

IDとパスワードの受取

セントラル短資FXの審査に通ると、ご登録住所宛てにユーザーIDとパスワードが記載された書類がEMSで届きます。EMS取り扱い国に該当しない場合は、セントラル短資FXでの口座開設はできません。

 

 

STEP4

入金後お取引開始

受け取ったIDとパスワードでFX口座にログイン。入金するといよいよ取引開始です。

 

 

 

 

JFX

 

JFX公式サイト

 

  • 現役トレーダー社長の売買方針
  • MT4が使える
  • 未来の値動きを予測する未来予測チャート
  • 電話問い合わせは20時まで

 

現役トレーダー社長の売買方針

JFXの社長を務めるのは現役のFXトレーダー小林芳彦氏、社長が毎日主要通貨ペアの売買方針を発表しています。
JFXの顧客からは質問も受け付けていて、社長が直々に回答しています。

 

小林芳彦社長はFXトレーダーとしても有名な人物で、社長の見解を聞くために多くのFXトレーダーがJFXに口座を持っています。
小林社長が実際に行なっている取引内容も公開していて、プロのFX取引は非常に参考になります。
リアルなトレードなのでもちろん負けている時もありますが、負けた時の感情的なツイートも評判を呼んでいます。

 

 

MT4が使える

FXは日本に限らず世界中の投資家たちが参入していますが、世界中で最も多く利用されているFX取引ツールはMT4です。
MT4とは、ロシアのメタクオーツ・ソフトウェア社が開発したFX取引ツールです。
最大の特徴は豊富なテクニカル指標で、JFXのMT4では50種類以上のテクニカル指標が標準装備されています。
カスタマイズの自由度も高く、外部サイトからテクニカル指標を入手して導入することもできます。

 

 

未来の値動きを予測する未来予測チャート

JFXでもセントラル短資FXと同じく、未来のチャートを予測表示してくれる機能があります。
これから先どのようなチャートを描く可能性が高いのか、過去のチャートを解析して予測表示してくれます。
相場のトレンドを示す売買シグナルもチャート上に表示してくれるので、テクニカル分析が苦手な初心者であっても簡単に利用することができます。

 

 

電話問い合わせは20時まで

JFXの電話問い合わせ受付時間は、平日午前8時〜午後20時までです。
海外から日本のFX口座を利用すると、入出金など何かとトラブルは多くなります。
FX初心者の方で不安があるようなら24時間サポートのヒロセ通商をおすすめします。

 

JFXサービス概要
米ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円
0.2銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭
手数料 取引単位 通貨ペア キャンペーン
無料 1,000通貨 26通貨 口座開設で最大10万円キャッシュバック

※スプレッドは原則固定(例外あり)

海外在住者のJFXの口座開設手順

 

口座開設手順

 

STEP1

お申込フォーム入力

JFX公式サイトから口座開設フォームへ進み必要事項を入力、口座開設の申込みをします。

 

 

STEP2

必要書類の提出

海外在住者や海外駐在員などの非居住者が口座開設をするには【本人確認書類】と必要に応じて【特定取引を行う者の届出書】の提出が必要です。【特定取引を行う者の届出書】はJFX公式サイトからダウンロード可能です。
なお、海外在住の方はマイナンバーの提出は必要ありません。必要書類の提出を終えると口座開設の審査が開始します。

 

 

STEP3

IDとパスワードの受取

JFXの審査に通ると、ご登録住所宛てにユーザーIDとパスワードが記載された書類が届きます。

 

 

STEP4

入金後お取引開始

IDとパスワードでFX口座にログイン。入金するといよいよ取引開始です。

 

 

 

 

 

24時間コールセンターや外貨入金など、それぞれのFX会社にはそれぞれのメリットがあります。
海外在住の方がFX取引をするのであれば、リスクヘッジの意味でも複数のFX口座を使い分けるのが良いでしょう。
実際に多くのFXトレーダーが、取引手法や通貨ペア、またリスクヘッジを目的として複数のFX口座を使い分けています。

 

日本にいる間に口座開設して、住所変更せずにそのまま海外で使い続けては?

海外在住者の口座開設を認めていないFX会社でも、日本で口座開設をしておいて、届け出をせずに海外で取引を続ければ良いのでは?と考える方もいらっしゃいます。このやり方でも100%FX会社にバレるわけではありませんが、FX会社はIPアドレスから居住国を特定することができます。バレてしまった場合には強制解約だけでなく、保有しているポジションが強制決済となることも考えられるので非常にリスクが高いと言えます。

 

今後別の国に赴任になっても大丈夫?

上記3つのFX会社については、別の国に海外赴任になっても住所変更することでそのまま使い続けることができます。また、帰国の際には日本の住所に変更することで当然ながら国内でも利用可能です。一方多くのFX会社では、海外転勤となり非居住者となる場合には口座解約しなければなりません。

 

 

海外FX業者の危険性

インターネット上では海外FX業者への勧誘を目にすることもありますが、海外FX業者には金融商品取引法による登録を受けていない業者が多くあります。
日本の居住者を相手方として金融商品取引業を行う場合には、金融商品取引法による登録が義務付けられています。
登録を受けずに金額商品取引業を行うことは禁止されており、違反した場合は5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金となります。

 

過去には海外所在のFX業者とのトラブルが多く、出金ができなくなるトラブルも発生しています。金融庁でも無登録の海外所在業者とは取引を行わないよう呼びかけています。
金融庁:無登録の海外所在業者による勧誘にご注意ください

 

また、無登録の海外所在業者が仮に倒産した場合には、FX口座に入金していた資産が返ってこない可能性があります。
金融商品取引法による登録を受けた国内のFX会社であれば、仮にFX会社が倒産した場合であっても、信託保全により顧客の資産は返還されます。

信託保全とは?

顧客から預託された資産(取引損益を含む)を信託銀行に信託することで、FX会社の資産と顧客の資産を区分管理して保全する仕組み。

さらに、海外所在のFX業者には、日本語での電話問い合わせに対応していないとことろが多くあります。
トラブルが起きた際には解決が難しいことからも、海外所在のFX業者は利用しないように金融庁が呼びかけています。

 

 

海外から国内FX会社を利用する際の注意点

ヒロセ通商以外は日本の銀行口座が必要

海外在住でも日本のFX会社を利用して取引することは可能ですが、出金する際には日本の銀行口座を指定する必要があります。
これから海外転勤や海外移住をする方であれば、日本国内にいる間に海外でも使いやすい銀行口座を開設しておきましょう。

 

例外として、ヒロセ通商ではFX口座から外国の銀行口座に海外送金することも可能です。
ただし、外国の銀行口座に出金する場合は日数がかかり、手数料(両替手数料含む)はお客様負担となります。

 

居住国によっては口座開設できない

海外在住であっても上記にご紹介したFX会社を利用することは可能ですが、国によっては禁止されている場合もあるので注意が必要です。
口座開設のお申込み前には、滞在国の領事館等で確認しておくことをおすすめします。

 

税金は累進課税

海外在住の方が日本のFX会社を利用して利益を得た場合、国内で発生した利益として日本の所得税が課税されます。

 

基本的にはFXによって得た利益は、給与所得などとは別に一律で約20%が課税される「申告分離課税」が適用されます。
ただし、一律20%の申告分離課税が適用されるのは国内居住者のみ、海外在住の非居住者には適用されません。

 

海外在住の非居住者の場合は、給与所得と合算して累進課税となります。
累進課税では稼げば稼ぐほど税率が高くなり、最高で45%の税率となります。

 

例えば給与所得とFXの利益が合計1,000万円を超えるような方であれば、国内居住者に比べて税金面では不利になります。
反対に、FXでそれほどまとまった金額を稼いでいない方であれば、累進課税の方が税金が安くなる可能性もあります。

 

 

まとめ

海外永住者や海外駐在員であっても、日本のFX会社を利用して取引することは可能です。
国内のFXトレーダーからも高い人気を誇るヒロセ通商は、24時間電話サポートにも対応しているので安心です。
シストレやリスクヘッジも考えるなら、セントラル短資FXでも合わせて口座開設しておくと良いでしょう。

ページの先頭へ戻る