マネーパートナーズの評判は?FX口座の特徴を徹底解説!

マネーパートナーズ公式サイト

 

「パートナーズFX」と「パートナーズFXnano」の二種類のFX口座を提供しているマネーパートナーズ。
こちらのページでは、マネーパートナーズの二つのFX口座の違いや、マネーパートナーズでFX口座を開設する前に知っておきたいメリットやデメリット、サービスの特徴などについて徹底解説していきます。

 

この記事の監修者

監修者の水上紀行


水上 紀行
バーニャ マーケット フォーカスト代表
1978年三和銀行(現、三菱UFJ銀行)入行。1983年よりロンドン、東京、ニューヨークで為替ディーラーとして活躍。 東京外国為替市場で「三和の水上」の名を轟かす。1995年より在日外銀において為替ディーラー及び外国為替部長として要職を経て、現在、外国為替ストラテジストとして広く活躍中。長年の経験と知識に基づく精度の高い相場予測には定評がある。著書はこちら
Twitter:@mizukamistaff
ブログ:Banya Market Forecast オフィシャルサイト
メルマガ:水上紀行FXマーケットフォーカスト

 

 

 

「パートナーズFX」と「パートナーズFXnano」の違い

マネパートナーズでは「パートナーズFX」と「パートナーズFXnano」の二種類のFX口座を用意しています。
「パートナーズFX」と「パートナーズFXnano」にはどのような違いがあるのか?まずは一覧で見てみましょう。

 

会社名 パートナーズFX パートナーズFXnano
最少取引 10,000通貨 100通貨
通貨ペア 28通貨 21通貨
米ドル円スプレッド 0.2銭〜 0.0銭
スワップポイント ほぼ同一 ほぼ同一
レバレッジ 最大25倍 最大25倍
ロスカット 証拠金維持率40%〜100%
(20%刻み)
証拠金維持率100%
1回の最大発注数量 100万通貨
(一括決済は200万通貨)
20万通貨
1日の取引上限 なし 新規1億通貨
PC取引ツール クイック発注ボード

HyperSpeed NEXT

クイック発注ボード
スマホアプリ HyperSpeed Touch

クイック発注ボード

HyperSpeed Touch nano

クイック発注ボード

※スプレッドは原則固定(例外あり)パートナーズFXnanoは1回あたりの注文数量1万通貨まで適用。

※1回の最大発注数量は米ドル円における条件です。

 

パートナーズFXnanoでは、1回あたりの注文数量1万通貨までは米ドル円0.0銭のスプレッドで取引ができます。

 

その他の主要通貨ペアに関しても、パートナーズFXnanoのスプレッドはかなり狭くなっています。

 

スプレッドに伴う取引コストを抑えたい方は、パートナーズFXnanoから始めてみることをおすすめします。

 

一方、高機能取引ツールのHyperSpeed NEXTは、パートナーズFXでのみ利用可能となっています。

 

HyperSpeed NEXTは様々なカスタマイズに対応していて、テクニカル指標を組み合わせて自分だけのオリジナルのストラテジーを作成することも可能です。

 

難易度が高い取引ツールになるので、これからFXを始める初心者の方であればクイック発注ボードを利用するのが良いでしょう。

 

\今なら新規口座開設で1,000円キャッシュバック/

マネーパートナーズ公式サイトへ
無料で口座開設する

 

 

マネーパートナーズのデメリットと注意点

デメリット

FX経験値やレベルに合わせてFX口座を選べるマネーパートナーズ。しかし、マネーパートナーズでFXを始める前には知っておくべき欠点もあります。
マネーパートナーズでFX口座を開設をする前に確認しておきたいデメリットについて以下に解説していきます。

 

デモトレードができない

マネーパートナーズでは、他のFX会社が提供しているようなデモトレードがありません。

 

デモトレードではお金を投資することなく、実際の取引ツールを使ってバーチャルでFXを体験できます。

 

初めて利用するFX会社の取引ツールを試してみるのにも便利なサービスです。

 

しかしながら、マネーパートナーズはFX会社の中でも数少ないデモトレードを提供していないFX会社です。

 

ただし、マネーパートナーズの初心者向けFX口座「パートナーズFXnano」では100通貨単位から取引可能です。

 

パートナーズFXnanoであれば100円でFXを始めることもできるので、デモトレードの代わりにパートナーズFXnanoで体験してみると良いでしょう。

 

デモトレードではゲーム感覚になりFXのスキルが身につかないという声も多いので、まずは少額からマネーパートナーズで練習してみるのも良いでしょう。

 

 

HyperSpeed NEXTは動作が重い?

 

マネーパートナーズの取引ツール

 

マネーパートナーズのパソコン用取引ツール「HyperSpeed NEXT」では、自動売買のストラテジーを自由に構築することができ、過去の為替相場でバックテストを行うこともできます。

 

チャート上に売買シグナルが表示できるなど、他社の取引ツールにはない超ハイスペックなPC取引ツールと言えます。

 

しかしそれだけの高機能であるため、スペックの低いPCでは動作が重くなる可能性もあります。

 

難易度が高い取引ツールなので、FX初心者の方はマネーパートナーズのメリットを活かしきれず、動作が重くなるというデメリットだけが残ります。

 

PCのスペックに不安がある方や、FX上級者以外の方であれば、ブラウザ版取引ツールの「クイック発注ボード」を利用すれば特にデメリットと感じることはないでしょう。

 

マネーパートナーズのクイック発注ボード

クイック発注ボード

 

 

クイック入金は8行のみ

FXを始めるには、まずはじめにFX口座に資金を入金する必要があります。

 

多くのFX会社では資金の入金方法は二通り、通常の銀行振込とクイック入金になります。

 

クイック入金なら24時間いつでも即時入金可能で、手続きをしたらすぐにFX口座に反映される上に、手数料は無料となっています。

 

取引機会を逃さないためにもクイック入金は必ず利用したいサービスと言えます。

 

現在ではほとんどのFX会社がクイック入金を導入していますが、利用可能な銀行はFX会社によって異なります。

 

マネーパートナーズでクイック入金を利用するには、以下の8行のいずれかの銀行口座が必要になります。

 

  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • PayPay銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 楽天銀行
  • ソニー銀行

 

マネーパートナーズでクイック入金を利用できるのは大手都市銀行やネット銀行のみとなっているため、地方銀行にしか口座を持っていない方は新たに銀行口座を開設する必要があります。

 

マネーパートナーズ以外のFX会社を見てみると、350行以上に対応しているFX会社はたくさんあります。

 

メガバンクやネット銀行に口座をお持ちでない方であれば、マネーパートナーズ以外のFX会社を検討してみても良いかもしれません。

 

 

やや広がりやすいスプレッド

マネーパートナーズのスプレッドは、早朝の時間帯や為替相場が激しく動く指標発表時には若干広がりやすいと言えます。

 

多くのFX会社では原則固定のスプレッドを公開していますが、公開されているのは固定時のスプレッドであり、早朝の時間帯などはほとんどのFX会社においてスプレッドが広くなります。

 

FX会社を選択する上では、固定スプレッドを見るだけではなく、スプレッドがどの程度広がりやすいのかも見極めることが大切です。

 

マネーパートナーズに限らずどのFX会社であっても、早朝や指標発表時のトレードには注意が必要です。

 

反対に、早朝4時〜7時頃にかけての時間帯と、相場が激しく乱高下する指標発表時にトレードをしない方であればそれほど問題のないデメリットとも言えます。

 


FX会社おすすめランキングはこちら

 

 

マネーパートナーズのメリットと特徴

メリット

マネーパートナーズには上記のようにいくつかのデメリットがありますが、反対にマネーパートナーズ独自のメリットや強みもあります。
マネーパートナーズが選ばれる理由とは?次はマネーパートナーズの強みについて解説していきます。

 

業界最狭水準のスプレッド

マネーパートナーズの「パートナーズFXnano」では、業界最狭水準のスプレッドで取引ができます。

 

米ドル円であれば、1回あたりの注文数量1万通貨までは、スプレッド0.0銭で取引ができます。

 

米ドル円以外の主要通貨ペアについても、1回あたりの注文数量に同様の制限があるものの、かなり狭いスプレッドでの取引が可能です。

 

昨今は多くのFX会社でスプレッドが縮小されていますが、マネーパートナーズではさらに狭いスプレッドで取引ができます。

 

FX会社の選択において、取引コストを重視する方にはマネーパートナーズがおすすめです。

 

 

100通貨単位からFXを始められる

マネーパートナーズには、「パートナーズFX」と「パートナーズFXnano」の2種類のFX口座があります。

 

「パートナーズFXnano」では100通貨単位からFX取引できるので、少ない資金でFXを始めることができます。

 

取引通貨単位が少ないとリターンは当然小さくなりますが、リスクも限りなく抑えることができるので、FX初心者の方にとっては大きなメリットと言えます。

 

最少取引単位が1万通貨のFX口座で取引をする場合、資金を少なくとも30万円ほどは用意しておくのが一般的です。

 

一方で、最少取引単位が100通貨のマネーパートナーズであれば、1/100の3千円程度の資金でFXを始めることができます。

 

また、マネーパートナーズでは初回最低入金額の制限もないので、資金に合わせて無理なくFXを始めることができます。

 

 

約定力が強いFX会社

インターネットを介して取引を行うFXでは、クリック注文した価格から為替レートが動いて異なる価格で注文成立してしまうことがありますが、これをスリッページと言います。

 

また、注文が殺到するタイミングなどになると、注文が成立せずに約定拒否となることもあります。

 

このようにスリッページや約定拒否が発生せずに、トレーダーの意図する価格とタイミングで注文成立する強さを約定力と言います。

 

FX会社に支払う手数料を考える上では、スプレッドだけではなく約定力も比較してみることが大切です。

 

狭いスプレッドを謳っていても、いざ決済のタイミングで狙った価格で約定できないのであれば、スプレッドが広いのと同じです。

 

マネーパートナーズのFX口座の一つ「パートナーズFX」では、約定力が強いことがメリットとしてあげられます。

 

 

マネーパートナーズはトラブル無しの優良企業

FX会社には大切な資産を預けて運用することになるので、システムやセキュリティに信頼のおけるFX会社を選ぶことは何よりも大切です。

 

ところが多くのFX会社においては、過去に以下のようなトラブルを起こしています。

 

  • サーバーダウンにより一時的に取引画面へのログインができなくなった。
  • 相場が乱高下したことによりロスカットが大幅に遅れ、利用者が大きな損失を被ることになった。
  • 実際とは異なる為替レートを誤配信した。
  • 口座開設者の個人情報が流出した。

 

上記のようなトラブルが起こらないようにするために、金融庁はFX会社が健全なシステムを維持しているかを常に監視しています。

 

国民の大切な資産を守るため、金融庁の管理は非常に厳しいもので、過去に多くのFX会社が金融庁から業務改善命令や業務停止命令を受けています。

 

そのような行政処分を受けたFX会社の中には、外為どっとコムや楽天FX、SBI証券などの人気FX会社の名前もあります。(参照:金融庁 行政処分事例集)

 

特に楽天FXで過去に起こったシステム障害は深刻で、システムが全く利用できなくなり、多くのトレーダーが被害を被りました。

 

多くのFX会社が行政処分を受ける中で、マネーパートナーズにおいては一度もそのような処分を受けていません。

 

過去にマネーパートナーズが起こしたトラブルも特には無く、安心できる優良企業と言えるでしょう。

 

FXではインターネットを介して為替取引を行うので、システムが強く信頼のおける企業を選択することは非常に重要と言えます。

 

\今なら新規口座開設で1,000円キャッシュバック/

マネーパートナーズ公式サイトへ
無料で口座開設する

 

 

手数料無料の自動売買とリピート系注文

マネーパートナーズでは「HyperSpeed NEXT」を使った自動売買と、リピート系注文の「連続予約注文」に注目です。

 

マネーパートナーズの「連続予約注文」とは、「〇〇円で買って〇〇円で売る」といった予約注文を最大20回まで繰り返すことができる注文システムで、いわゆるリピート系注文と呼ばれるものです。

 

自動売買やリピート系注文では手数料がかかったり、スプレッドが広く設定されているのが一般的です。

 

仕事中や寝ている間にも自動的に取引を繰り返してくれますが、取引をすればするほど手数料やスプレッドコストがかかることになります。

 

その点、マネーパートナーズの自動売買とリピート系注文は、どちらも手数料が0円となっていて、スプレッドも通常の裁量取引と同じ条件です。

 

また、他社のリピート系注文は1,000通貨単位でしか取引できないこともありますが、マネーパートナーズでは100通貨からリピート系注文が可能です。

 

自動売買にかかるコストを抑えて少額で取引したい方には、マネーパートナーズはおすすめのFX口座と言えます。

 

 

売買チャンスをシグナルで表示!

 

マネーパートナーズのチャート予測ツール

 

マネーパートナーズでは、チャートの自動予測ツール「かんたんトレナビ」を利用することができます。

 

マネーパートナーズの「かんたんトレナビ」は、現在のチャートを自動解析して、過去のチャートの形から似たものを抽出し、未来のチャートの形状を予測してくれます。

 

過去のチャートではどのような値動きになることが多かったのか、3パターンの予測チャートを描画してくれます。

 

また、テクニカル指標を自動分析して、これから先の相場は買いか売りかをシグナルで表示してくれます。

 

売買タイミングの判断材料にしたり、テクニカル分析を学ぶ参考にしてみるのも良いでしょう。

 

 

夜間も電話サポートOK

マネーパートナーズでは、コールセンターが夜の23時まで対応しています。(現在は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、平日9:00〜18:30までに短縮しています。)

 

コールセンターの受付は17時までとなっているFX会社も多いですが、為替市場の動きが活発になる夜間に取引したい方や、仕事終わりにトレードを始めたい方にとって、夜間に電話で問い合わせができないFX会社は不安が残るところです。

 

また、マネーパートナーズではチャットによる問い合わせにも対応しており、オペレーターが直接回答しています。

 

AIチャットに質問ができるFX会社はいくつかありますが、AIでは満足な回答が得られないこともあります。

 

マネーパートナーズのチャートはオペレーターが対応しているので、手軽に質問ができて便利なサービスです。

タイアップ企画開催中!

ただいまマネーパートナーズでは、FXサプリとのタイアップ企画を開催中!
FXサプリ内のリンクからマネーパートナーズの公式サイトへ遷移し、口座開設+1万通貨の取引で1,000円のキャッシュバック!

※付与条件:口座開設月の翌月末までにパートナーズFXで初回取引、またはパートナーズFXnanoにて新規1万通貨以上のお取引

\今なら新規口座開設で1,000円キャッシュバック/

マネーパートナーズ公式サイトへ
無料で口座開設する

 

 

マネーパートナーズの口コミ・評判

 

口コミ

 

クラウドソーシングを利用して、マネーパートナーズに関するレビューを募集しました。
マネーパートナーズを実際に利用してみた感想について回答を頂きました。

 

※口コミの募集にはクラウドソーシングサービスのランサーズを利用しています。

※ご紹介している口コミは、口コミを提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスについていかなる保証をするものでもありません。

マネーパートナーズの最大の魅力は100通貨単位で取引ができることでしょう。多くのFX会社は1,000通貨単位からとしていますが、マネーパートナーズは10分の1の資金でOKです。私のように遊び程度に取引したい方にはぴったりのFX会社です。100通貨で取引ができるにも関わらず、スプレッドも狭く、キャンペーンの際には米ドル円スプレッド0銭もあります。とにかくコストを抑えたい人にも良いでしょう。ただし、指標発表時などは当然の如くスプレッドは広がるのでご注意を。指標発表時などは取引を避ける方なら特に問題はないでしょう。(50代|FX歴8年)

大手企業が提供しているサービスだけあって、サポートがしっかりしている印象です。夜遅い時間までコールセンターは営業しているので、夜に取引が本格化する為替市場には便利です。ツールやチャートは初めのうちは少し難しく感じるかもしれませんが、慣れるとマネーパートナーズが一番使いやすいです。スワップに関しては残念ながら低水準が続いているので、短期売買の方には良いでしょう。反対に、スワップポイントの収益を狙うなら他社を選ぶ方が良いかもしれません。(30代|FX歴6年)

前社長の頃からシステムの安定性や滑らないことを全面アピールしていましたが、言うだけのことはあります。安定性・安全性を求めるならマネーパートナーズは良い選択です。スプレッドは業界最狭水準を謳っている企業と比べると物足りない感じもしますが、僅かな差なので特に気にはなりません。1日に何十回と取引をする方でなければ、0.1銭のスプレッドよりもシステムやサービス内容を重視することをおすすめします。(40代|FX歴4年)

超少額でも取引ができるので、新たなトレード手法の検証の際などに利用しています。資金が少ない方やFXの練習をしたい方には良いでしょう。テクニカル指標の数も多く、バックテスト機能が搭載されているなど、玄人トレーダーにとっても良いサービスです。スワップがもう少し高ければ言うことなし。(40代|FX歴10年)

 

マネーパートナーズのスプレッド

マネーパートナーズには、「パートナーズFX」と「パートナーズFXnano」の二種類のFX口座がありますが、スプレッドはそれぞれのFX口座で異なります。

 

どちらのFX口座でも狭いスプレッドとなっており、特に「パートナーズFXnano」では業界最狭水準のスプレッドとなっています。

 

FX会社のスプレッドを比較する上では、FX会社のホームページで公開されている広告スプレッドだけでなく、以下の2点も必ずチェックしておきましょう。

 

  • スプレッドが広がる確率
  • 約定力

 

スプレッドは提示された数値よりも広がることがあります。
重要な経済指標が発表されたタイミングでは為替相場が大きく乱れ、結果としてスプレッドが通常よりも広くなります。

 

ホームページ上では狭いスプレッドを謳っていても、頻繁にスプレッドが大きく広がるFX会社では手数料が余分にかかります。

 

ホームページ上の固定スプレッドだけではなく、スプレッドの安定感を加味してFX会社を選択しましょう。

 

また、約定力が弱いFX会社では、注文を出した瞬間に価格が変動してしまい、意図していない価格で約定してしまうことがあります。

 

狙った価格で約定できなくては、いくらスプレッドが狭くても意味がありません。

 

FX会社の手数料を比較する上では、提示スプレッド+スプレッドが広がる確率+約定力の3点を比較することが大切です。

 

 

 

マネーパートナーズのスワップポイント

以下の表はマネーパートナーズのスワップポイント、及び20社中に占めるマネーパートナーズの順位を示したものになります。

 

通貨ペア スワップ 順位
米ドル円
米ドル円
47円 19位
ユーロ円
ユーロ円
32円 16位
ポンド円
ポンド円
39円 19位
豪ドル円
豪ドル円
16円 20位
南アランド円
南アランド円
70円 17位
トルコリラ円
トルコリラ円
10円 15位
メキシコペソ円
メキシコペソ円
110円 15位

※上記はパートナーズFXnanoのスワップポイントです。

※スワップポイント調査日:2022年11月16日

 


マネーパートナーズ公式サイトはこちら

 

マネーパートナーズの口座開設の流れ

口座開設の流れ

 

STEP1

口座開設の申込

マネーパートナーズでFX口座を開設をするには、まず初めにマネーパートナーズ公式サイトのFX口座開設フォームへ進み、必要事項を入力します。

 

 

STEP2

必要書類の提出

マイナンバー書類と本人確認書類を提出します。スマホで撮影して送信することも可能です。
必要書類の提出をもって口座開設の申し込みは完了となり、マネーパートナーズの審査に入ります。

 

 

STEP3

口座開設通知の受取

マネーパートナーズの審査が完了すると、メールもしくは郵送にて口座開設完了の通知が届きます。

 

 

STEP4

入金後取引開始

マネーパートナーズのFX口座に入金すると、いよいよFX取引スタートとなります。

 

 

マネーパートナーズの会社概要

マネーパートナーズは2005年より、一般投資家向けに外国為替証拠金取引サービスを提供しています。

 

会社名 株式会社マネーパートナーズ
所在地 東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー33階
電話番号 0120-860-894
設立日 2008年5月9日
資本金 31億円
自己資本規制比率 725.4%

(2022年9月末時点)

 


FX会社おすすめランキングはこちら

ページの先頭へ戻る