FXTFで口座を開設する前に知っておくべき欠点とは?

FXトレード・フィナンシャル公式サイト

 

著名トレーダーに紹介されることも多いFXTF、しかしFXTFには知っておくべき欠点もあります。
FXTFでFX口座を開設をする前に確認しておきたいデメリットについて以下に解説していきます。

 

スキャルピングは要注意

スキャルピングとは、数秒〜数分ごとに売買を繰り返して、小さな利益を積み重ねる超短期トレードのことです。

 

FXTFではスキャルピングを規制していて、1分未満の短い時間で売買を繰り返していると警告メールが届きます。

 

警告メールを無視していると口座を凍結されたり、取引制限となる可能性があるので注意が必要です。

 

FXTFでは秒単位のスキャルピングは禁止されているので、スキャルピングを主体に取引をする方であれば、FXTFではなくスキャルピング公認のFX会社を選択することをおすすめします。

 

 

 

約定力は課題ありか

FXTFの弱点や課題をあげるなら約定力でしょう。

 

約定力が弱いと、注文を出しても滑ってしまったり、約定拒否となることもあります。

 

インターネットを介して取引を行うFXでは、クリック注文した価格から為替レートが動いて異なる価格で注文成立してしまうことがあります。

 

また、注文が殺到するタイミングなどになると、注文が成立せずに約定拒否となることもあります。

 

このようにスリッページや約定拒否が発生せずに、トレーダーの意図する価格とタイミングで注文成立する強さを約定力と言います。

 

FX会社に支払う手数料を考える上では、スプレッドだけではなく約定力も比較してみることが大切です。

 

狭いスプレッドを謳っていても、いざ決済のタイミングで狙った価格で約定できないのであれば、スプレッドが広いのと同じです。

 


FX会社おすすめランキングはこちら

 

 

 

FXTFのメリットとは?

FXTFには上記のようにいくつかのデメリットがありますが、反対にFXTF独自のメリットや強みもあります。
FXTFが選ばれるのはナゼなのか、次はFXTFの強みについて解説していきます。

 

 

国内最狭スプレッド

スプレッド競争が止まらない国内のFX会社ですが、その中でもFXTFはスプレッドの最安値を常に維持する姿勢を見せています。

 

「日本No.1の最狭スプレッド」を目指し、他社がFXTFよりも狭いスプレッドを提示した場合、FXTFも追随して同等以下のスプレッドに縮小しています。

 

現時点においては、ドル円0.1銭、ユーロ円0.3銭と、国内最狭水準のスプレッドを提供しています。

 

スプレッドは実質的にFX会社に支払う手数料となるので、FXTFは常に低コストで取引できるFX会社と言えます。

 

※スプレッドは原則固定(例外あり)です。

 

 

未来の値動きを予測する未来チャート

 

FXトレード・フィナンシャルの未来チャート

 

FXTFの未来チャート機能は、現在のチャートを解析して、過去のチャートの形から似たものを抽出し、未来のチャートの形状を予測します。

 

過去のチャートではどのような値動きになることが多かったか、3パターンの予測チャートを描画してくれます。

 

また、FXTFの未来チャートでは売買すべきタイミングがチャート上に表示されるので、テクニカル分析が苦手な初心者であっても簡単に利用することができます。

 

未来チャートの売買シグナルは必ずしも当たるわけではありませんが、チャート分析を学ぶ参考にしてみるのも良いでしょう。

 

 

 

世界中で利用されているMT4が使える

 

FXトレードフィナンシャルのPC版MT4

FXトレードフィナンシャルのiPhone版MT4

 

FXは日本に限らず世界中の投資家たちが参入している市場になりますが、世界中で最も多く利用されているFX取引ツールはMT4です。

 

MT4はロシアのメタクオーツ・ソフトウェア社が開発したFX取引ツールです。

 

最大の特徴は30種類のテクニカル指標で、高度なテクニカル分析を行うトレーダーにとっては手放せないツールとなっています。

 

カスタマイズの自由度も高く、外部サイトからテクニカル指標を入手して表示させることもできるので、多くのプロトレーダーがMT4を愛用しています。

 

日本のFX会社でMT4が使えるところは限られますが、FXTFはそのうちの一社となっています。

 

ただし、MT4を使いこなすにはある程度の知識やFX経験が必要で、初心者のうちはMT4を使うには難しく感じるでしょう。

 

 

 

24時間手軽にLINEで問い合わせ

FXTFでは電話とメールに加えて、LINEによる問い合わせにも対応しています。

 

メールで問い合わせるのは何かと面倒なものですが、LINEであれば手軽に短文で質問ができるの便利です。

 

また、電話が苦手な方や、電話の待ち時間が嫌いな方にとっても、FXTFのLINEサポートは便利なサービスとなるでしょう。

 

\今なら新規口座開設で1万円キャッシュバック/

FXTF公式サイトへ
無料で口座開設する

 

 

 

FXTFのスプレッド

以下の表はFXTFのスプレッド、及び16社中に占めるFXTFの順位を示したものになります。
調査対象のFX会社はメジャーなFX会社と評判が良いFX会社を選出して16社としました。

 

通貨ペア スプレッド 順位
米ドル円
米ドル円
0.1銭 1位
ユーロ円
ユーロ円
0.3銭 1位
ポンド円
ポンド円
0.6銭 1位
豪ドル円
豪ドル円
0.4銭 1位
ユーロドル
ユーロドル
0.2pips 1位
南アフリカランド円
南アランド円
0.9銭 4位
トルコリラ円
トルコリラ円
15.0銭 8位
メキシコペソ円
メキシコペソ円
0.3銭 3位

※スプレッドは原則固定(例外あり)、スプレッド調査日:2021/4/7
※現在コロナウイルスの感染拡大に伴い、スプレッドが不安定な状態が続いております。正確なスプレッドに関してはFXTF公式サイトにてご確認ください。

 

 

 

 

FXTFのスワップポイント

以下の表はFXTFのスワップポイント、及び18社中に占めるFXTFの順位を示したものになります。

 

通貨ペア スワップ 順位
米ドル円
米ドル円
5円 11位
ユーロ円
ユーロ円
-30円 11位
ポンド円
ポンド円
5円 11位
豪ドル円
豪ドル円
1円 2位
南アランド円
南アランド円
80円 11位
トルコリラ円
トルコリラ円
55円 1位
メキシコペソ円
メキシコペソ円
60円 5位

※2021年4月7日時点の最新のスワップポイント

 


FXTF公式サイトはこちら

 

 

 

FXTF運営会社概要

FXTFの設立は2006年、当初は「エフエックスフォー・ジャパン株式会社」という社名で設立されましたが、2008年にFXTFに商号変更しました。

 

2018年12月には、実質的な経営権が香港の金融グループ会社である「ゴールデンウェイ・インベストメント・ホールディングス・リミテッド」に異動となり、社名も「ゴールデンウェイ・ジャパン株式会社」に変更となりました。

 

通貨ペア 30通貨ペア
最低取引通貨単位 1,000通貨単位
ロスカット 15:30〜15:45は証拠金維持率100%以下

上記以外の時間帯は50%以下

クイック入金 9行
決済前のスワップ引出し ×
自動売買 ×
スキャルピング ×
デモトレード
信託保全
自己資本規制比率 478.1%

 


FX会社おすすめランキングはこちら

 

ページの先頭へ戻る