DMMでFX口座を開設する前に知っておくべき欠点とは?

DMM FX公式サイト


数あるFX会社の中でも、口座開設者数No.1に君臨するのがDMM FX、誕生から数年で確固たる地位を築いた証券会社です。
口座開設者数から見れば日本一とも言えるDMM FXですが、中には否定的な口コミや評判もあります。

※2019年1月末時点。ファイナンスマグネイト社調べ。(2019年1月口座数調査報告書)


DMM FXでの取引は1万通貨単位から

1万通貨単位とは、米ドルで考えるなら1万ドルから取引が可能ということです。
それ以下の金額では取引ができないDMM FXでは、最低でも4万円は投資資金が必要となります。

最近では少ない資金でもFX取引ができるようにと、1,000通貨単位から取引可能なFX会社もあります。
DMM FXで少ない資金でFXを始めたいということであれば、南アフリカランドでFXを始めてみるのも一つの方法です。

南アフリカランドはドルやユーロに比べて貨幣価値が低いため、5千円程度あれば1万通貨単位の取引ができます。

つまり南アフリカランドであれば、5千円程度の資金でもFXを始めることができます。
FX初心者で少額からFXを始めたいということであれば、試しに5千円入金して南アフリカランドで練習してみるのもよいでしょう。



口座開設者数は断トツNo.1!だけど取引高は2番手

国内に数あるFX会社の中で、口座開設者が最も多いのはDMM FXです。
ところが実際の取引高となると、No.1はDMM FXではなくGMOクリック証券です。

GMOクリック証券はDMM FXと並んで非常に人気のあるFX会社で、取引高では世界一を誇るFX会社です。(ファイナンス・マグネイト社調べ2012年1月〜2018年12月)

口座開設者数では一躍トップに躍り出たDMM FXですが、プロを含めたアクティブなトレーダーに支持されているのはGMOクリック証券です。

これからFXを始めるFX初心者にはDMM FX、長年FXを続けているベテラントレーダーにはGMOクリック証券が人気があります。


≫DMM FX公式サイトはこちら




DMM FXの強みとは?

今や日本を代表するFX会社となったDMM FX、多くのFXトレーダーがDMM FXで口座を開設する理由とは!?


全てのデバイスに対応した豊富な取引ツール


DMM FXの取引ツール


DMM FXのPC取引ツールでは、取引画面に表示させる機能を自由に選べて、オリジナルの取引ツールにカスタマイズできます。

不要な機能を省いてシンプルな取引画面にカスタマイズすることで、致命的なミスを減らして素早い取引判断ができます。

DMM FXのテクニカル指標はスーパーボリンジャーを含む29種類、チャート上にトレンドラインを引くことも可能です。

また、チャート上部には経済指標に関する情報がスクロール表示されていて、指標発表時の値動きが掴みやすくなっています。

タイムスパンなどが異なるチャートを1画面に複数表示することもできて、最大で画面を5分割表示できます。

さらに、過去の取引結果をグラフ化して自己分析できる「取引通信簿」では、得意な取引時間帯や通貨ペアなど、取引戦略の緻密な分析を行うことができます。

DMM FXのチャートと取引通信簿


スマートフォンやガラケー専用の取引ツールもあるので、外出先や移動中でも取引環境が整っています。

超大手IT企業の子会社が運営するFX会社だけあって、どの取引ツールも動作が軽くサクサク動くのも良いところです。

スペックの低いPCでFX取引をしていると、動作の重い取引ツールではフラストレーションが溜まり、決定的なチャンスを逃すこともあります。

ご家庭のPCがそれほどスペックが高いものでなければ、DMM FXのように動作が軽い取引ツールを使うことをおすすめします。



安定の約定力

DMM FXはシステムが非常に安定していて、約定力が強く滑りにくいのが特徴です。

DMM FXを使っているトレーダーの口コミには、過去に滑ったことが一度もないという口コミも多く見られます。

為替レートが激しく動く時間帯に取引をする人であれば、FX会社の約定力は必ずチェックしておきたいポイントです。

今のFX会社の約定力に不満があるなら、DMM FXを試してみると良いでしょう。



広がりにくい最狭スプレッド


DMM FXスプレッド


DMM FXはただスプレッドが狭いだけではなく、早朝や指標発表時においても、他社に比べてスプレッドが広がりにくくなっています。

FX会社がホームページ上で公開しているスプレッドは固定時のスプレッドであり、早朝や経済指標の発表時においては、公開されているスプレッドよりも大きく開くことがあります。

FX会社の中には、固定時のスプレッドは狭いものの、実際には頻繁にスプレッドが広がるようなFX会社もあります。

FX会社のスプレッドを比較する上では、ホームページ上で公開されているスプレッドだけではなく、どの程度安定しているのかも考える必要があります。

その点安定してスプレッドが狭いDMM FXは、FXにかかる手数料を抑えるためにも必ず検討したいFX会社の一つです。


≫DMM FX公式サイトはこちら




ユーザーファーストのスワップポイント


DMM FXのスワップポイント


DMM FXのスワップポイントは、買いスワップと売りスワップで同じ数値に設定されています。

多くのFX会社においては、買いスワップよりも売りスワップの方が大きく設定されています。

例えば米ドル円の買いスワップが+50であれば、売りスワップは?65といったように、FX会社側が有利な設定になっているのが一般的です。

その点DMM FXでは買いスワップと売りスワップが同数値、ユーザー目線に立ったサービスと言えます。

売りポジションを長期に保有するような投資スタイルであれば、スワップポイントの支払いも積み重なります。

売りポジションから入ることが多いようであれば、DMM FXで口座開設しておくのもおすすめです。



約380行から選べるクイック入金

クイック入金とは、DMM FXの口座に24時間リアルタイムで資金を入金できるサービスです。

曜日や時間帯に関係なく、いつでも手数料無料で入金できる便利なサービスとなっています。

クイック入金はほとんどのFX会社で提供しているサービスですが、提携している銀行はFX会社により異なります。

多くのFX会社では、クイック入金で提携している銀行は10行程度となっていて、そのほとんどは大手都市銀行やネットバンクとなっています。

地方にお住いの方で地方銀行や信用金庫の口座しかお待ちでない場合は、クイック入金が利用できないことがほとんどです。

それに対してDMM FXでは、クイック入金が利用できる銀行は約380行、日本全国ほとんどの銀行をカバーしています。

急な相場変動による利益獲得のチャンスを逃さないためにも、クイック入金は必ず利用したいサービスです。

また、ほとんどのFX会社において、クイック入金ではなく通常の振込入金を利用すると、振込手数料は自己負担となっています。

FX取引における手数料を抑えるためにも、クイック入金は必要最低限のサービスと言えます。



24時間コールセンターやLINEなど豊富なサポート

電話とLINEサポート

DMM FXでは、FX業界初となるLINEによるサポートも受け付けています。
電話の待ち時間が嫌い、電話では初歩的なことを質問しづらい、そんな方にはDMM FXのLINEサポートは非常に便利に感じることでしょう。

もちろん電話やウェブメールによるサポートも受け付けていて、24時間体制で対応しています。



ポイントが貯まる!

DMMのポイント付与率


DMM FXでは1回の取引につき1〜3ポイントが還元され、ポイントは1P=1円として換金できます。

トレード回数が多いほど会員ランクは高くなり、ポイント付与率がより高くなっていきます。

取引に応じて現金でキャッシュバックがあるFX会社は非常に少なく、DMM FX以外ではマネーパートナーズくらいです。

デイトレードやスキャルピングをする人にはメリットが大きく、取引回数が多ければスワップポイント以上のリターンに期待できます。

短期売買を中心にFXをする人であれば、DMM FXのポイント制度は活かしたいところです。


≫DMM FX公式サイトはこちら




DMM FXのスプレッドとスワップポイントについて

FX会社を選ぶにあたって、多くの人が気にするのはスプレッドとスワップポイントでしょう。

スプレッドはFXにおける唯一とも言える手数料ですし、スワップポイントは長期トレーダーにとってはとても重要です。

以下の表は、DMM FXのスプレッドとスワップポイント、及び15社中に占めるDMM FXの順位を示したものになります。

調査対象のFX会社は、メジャーなFX会社と評判が良いFX会社を全て網羅して、以下の15社としました。

  • DMM FX
  • みんなのFX
  • YJFX!
  • SBI FX
  • 外為どっとコム
  • ヒロセ通商
  • 外為ジャパン
  • JFX
  • マネーパートナーズ
  • GMOクリック証券
  • 外為オンライン
  • FXプライムbyGMO
  • セントラル短資FX
  • ライブスター証券
  • FXブロードネット

通貨ペア スプレッド スワップポイント

米ドル日本円

米ドル円

0.2銭

(1位)

61円

(5位)

ユーロ日本円

ユーロ円

0.5銭

(5位)

-3円

(3位)

ポンド円

ポンド円

1.0銭

(5位)

34円

(3位)

豪米ドル円

豪ドル円

0.7銭

(6位)

22円

(5位)

ユーロ米ドル

ユーロドル

0.4pips

(6位)

-73円

(1位)

ランド円

ランド円

1.0銭

(6位)

110円

(5位)

トルコリラ日本円

トルコリラ円

取り扱い無し

取り扱い無し

メキシコペソ円

メキシコペソ円

取り扱い無し

取り扱い無し

※スワップポイントは2019年10月21日〜10月29日の間で、平均的な数値を抜粋しています。
※スプレッドは原則固定です。


DMM FXのドル円スプレッドは0.2銭、最も人気の通貨ペアであるドル円において、業界最狭のスプレッドを誇ります。
さらにDMM FXのスプレッドは狭いだけではなく、安定していて広がりにくいのが最大の強みです。

また、約定力も強く滑りにくいので、コストを抑えるには最適のバランスのFX会社と言えるでしょう。

さらに、スワップポイントに関しても全通貨ペアを通して高い水準で付与しています。

なお、FX会社のスプレッドを比較する上では、各FX会社のホームページで公開されている固定スプレッドだけでなく、以下の2点も必ずチェックしておきましょう。

  • スプレッドが広がる確率
  • 約定力

ホームページ上では狭いスプレッドを謳っていても、頻繁にスプレッドが大きく広がるFX会社では手数料が余分にかかります。
また、為替相場が荒れているタイミングでは、注文を出した瞬間に価格が変動してしまい、自分が意図していない価格で約定してしまうことがあります。

狙った価格で約定できなくては、いくらスプレッドが狭くても意味がありません。
FX会社の手数料を比較する上では、提示スプレッド+乖離する確率+約定力の3点を比較することが大切です。



DMM FXの会社概要


口座数 730,772 (2019.7時点)
通貨ペア 20通貨ペア
最低取引通貨単位 1万通貨単位
ロスカット 証拠金維持率50%以下
クイック入金 約380行
決済前のスワップ引出し
シストレ ×
デモトレード
信託保全
自己資本規制比率 480.1%


DMM FX公式サイトはこちら

FX会社おすすめランキングはこちら

ページの先頭へ戻る