外為オンラインの評判と特徴は?メリット・デメリットを解説

外為オンライン公式サイト

 

話題のリピート系自動売買「iサイクル2取引」で人気の外為オンライン。
こちらのページでは、外為オンラインのメリットやデメリット、iサイクル2取引をはじめとしたサービスの特徴などについて徹底解説していきます。

 

 

外為オンラインのデメリット

FX会社としては老舗にあたる外為オンラインですが、利用する前に知っておくべきデメリットがいくつかあります。
外為オンラインのデメリットや欠点について、以下に解説していきます。

 

スプレッドが広い

外為オンラインのデメリットとしてまず知っておきたいのが、他社と比較してスプレッドが広いことです。

 

例えばドル円の場合、多くのFX会社では0.2〜0.3銭としていますが、外為オンラインでは1.0銭になります。

 

中長期のトレードが主体であればスプレッドはそれほど大きなデメリットにはなりませんが、注文回数の多いデイトレーダーにとっては痛いデメリットとなります。

 

 

サポート時間が短い

外為オンラインのデメリットの一つに、電話サポートの対応時間が短いことが上げられます。

 

電話受付時間は平日の9時〜17時まで、それ以外の時間は対応時間外となっています。

 

また、外為オンラインの問い合わせ方法は電話とメールのみ、他のFX会社と比較すると選択肢は限られます。

 

多くのFX会社では電話とメールに加えて、チャットで問い合わせることも可能となっています。

 

また、DMM FXのように、最近ではLINEで24時間問い合わせることができるFX会社もあります。

 

FX初心者のうちは、注文方法やテクニカル指標の見方など、何かと利用することも多い電話サポートですが、外為オンラインの電話サポートはやや利用しづらい印象です。

 


FX会社おすすめランキングはこちら

 

 

外為オンラインのメリットとは?

外為オンラインには上記のような欠点がありますが、反対に外為オンラインで口座をもつメリットもあります。
外為オンラインで口座開設する人はどのような点で選ぶのか、次は外為オンラインの強みについて解説していきます。

 

 

全国で開催されるセミナー

 

外為オンラインのセミナー

 

外為オンラインでは無料のWEBセミナーが非常に豊富で、取引方法などを教える初心者向けのセミナーから、FX上級者を対象にした為替分析セミナーまで頻繁に開催しています。

 

これらのセミナーを無料で受講できるというだけでも、外為オンラインで口座開設しておく価値は十分にあります。

 

外為オンラインのセミナーは東京や大阪だけではなく、札幌、仙台、福岡などでも開催されます。(現在は新型コロナ感染拡大のため、会場でのセミナーは中止しています。)

 

FXのスキルアップを目指すのであれば、外為オンラインはおすすめのFX会社と言えるでしょう。

 

 

 

 

自動で売買を繰り返すiサイクル2取引

 

外為オンラインのiサイクル2取引

 

外為オンラインのiサイクル2取引とは、設定した範囲内で安く買って高く売るを繰り返す「リピート型自動注文」の一種です。

 

一回の取引の利益は小さくなりますが、何度も売買を繰り返すことで利益を積み上げていく手法です。

 

一定の価格帯の中で上げ下げを繰り返すようなレンジ相場に強い自動注文となります。

 

iサイクル2取引を利用するには、はじめに3つの設定をする必要があります。

 

売買が発生する価格帯と、投入する資産、買いor売りの3点です。
あとは外為オンラインのシステムが自動計算して、最適な注文を表示してくれます。

 

iサイクル2取引の設定

 

注文の設定が一旦完了すると、システムがトレンドを自動で見極めてくれるので、自動的に売買の転換点を判断して変更してくれます。

 

また、外為オンラインによるシュミレーションで、高い利益を出している注文内容をランキング形式でリスト表示してくれます。

 

iサイクル2取引のストラテジー

 

それらを選択するだけでもiサイクル2取引を始められるので、初心者にも利用しやすい自動売買となっています。

 

同価格帯で上げ下げを繰り返すレンジ相場に強い注文方法なので、レンジ相場対策として外為オンラインで口座を持っておくのも良いでしょう。

 

ただし、iサイクル2取引を利用するには、1万通貨あたり片道200円の手数料がかかります。

 

定期的に手数料の割引キャンペーンをやっているので、キャンペーン期間中に試してみるのも良いでしょう。

 

 

初心者でも使いやすいシンプルな取引ツール

 

外為オンラインの取引ツール

 

外為オンラインの取引ツールはシンプルな見た目で、直感的に使いやすいのが特徴です。

 

FX会社によっては取引ツールが複雑で難しく感じることもありますが、外為オンラインの取引ツールはFX初心者でも簡単に使うことができるでしょう。

 

スマホアプリやiPadアプリも提供しており、デバイスに合わせた最適なツールを選択できるのも外為オンラインの特徴です。

 

 

独自の機能を持つユニークなチャートツール

 

外為オンラインのハイブリッドチャート

外為オンラインのハイブリッドチャート

 

外為オンラインでは、シンプルな取引ツールに加えて高機能チャートも提供しています。

 

26種類のテクニカル指標に15種類の描画ツールを搭載しており、高度なテクニカル分析にも対応できます。

 

また、複数枚のチャートパネルを同時に並べて表示させたり、2種類の通貨ペアのチャートを1枚のパネルに重ねて表示することも可能です。

 

さらに、外為オンラインのチャートツールは「ハイブリッドチャート」と呼ばれるユニークな機能も搭載しています。

 

一つのチャートパネルに、月足〜日足、8時間〜1時間足、30分〜1分足をエリアごとに分けて表示し、過去の大きなマーケット推移を分析することができます。

 

過去の大きな流れから直近の細かい流れを見るにはいくつかのチャートを表示して見比べるのが一般的ですが、外為オンラインのハイブリッドチャートならひとつの画面でOKです。

 

\今なら新規口座開設で最大15万円キャッシュバック/

外為オンライン公式サイトへ
無料で口座開設する

 

 

外為オンラインの口コミ・評判

 

口コミ

 

クラウドソーシングを利用して、外為オンラインに関するレビューを募集しました。
外為オンラインを実際に利用してみた感想について回答を頂きました。
※口コミの募集はクラウドソーシングサービスのランサーズを利用しています。

FX専業業者の中でも老舗の企業で、安心感があります。スプレッドは若干高いですが、最早スプレッド競争は僅差を争っているような状況なので許容範囲内です。サポートが手厚く、セミナーや情報提供も充実しているので、その対価といったところでしょう。ただし、一日に何十回と取引をするのであれば僅かなスプレッドの差も馬鹿にならないので、トレードスタイルとの相性は考える方がいいですね。(40代|FX歴7年)

外為オンラインの自動売買のiサイクル2取引が素晴らしいです。通常のFX取引と比べて軍資金は必要になりますが、為替分析に時間が割けない人や、取引のタイミングが分からない人にはうってつけのサービスです。同じような自動売買サービスは他社でも提供がありますが、外為オンラインは為替変動の価格帯を自動追尾したり、トレンド転換を自動で判断するなど、自身で判断する場面が少ないのが強みです。資金を準備できる人にはオススメです。スプレッドは高いですが、自動売買の利用手数料と考えたら想定内です。(30代|FX歴3年)

スマホアプリが分かりやすいので機械オンチなわたしでも簡単に使うことができました。FX初心者の方に最適の口座だと思います。無料で参加できるFXセミナーが全国各地で開催されていて、オンラインセミナーもあります。FXについて一から勉強する環境が整っています。(40代|FX歴4年)

最安スプレッドのFX会社と比べると、スプレッドは好条件とは言えません。しかしその分滑りが少ないので、見せかけのスプレッドが狭いだけで滑ってばかりのFX会社よりは良いでしょう。また、外為オンラインならiサイクル2注文は使いやすいのでおすすめです。稼げるかどうかは設定内容にもよりますが、自動売買にしてはシンプルなので分かりやすくていいです。あとはiPadでも取引がしやすいです。(30代|FX歴6年)

 

外為オンラインのスプレッド

以下の表は外為オンラインのスプレッド、及び17社中に占める外為オンラインの順位を示したものになります。
調査対象のFX会社はメジャーなFX会社と評判が良いFX会社を選出して17社としました。

 

外為オンラインのデメリットでも解説したように、スプレッドは全体的に広めの設定となっています。
スイングトレードであれば許容範囲内と言えますが、デイトレードやスキャルピングには不向きなFX会社と言えます。

 

通貨ペア スプレッド 順位
米ドル円
米ドル円
1.0銭 17位
ユーロ円
ユーロ円
2.0銭 17位
ポンド円
ポンド円
4.0銭 17位
豪ドル円
豪ドル円
3.0銭 17位
ユーロドル
ユーロドル
1.0pips 17位
南アフリカランド円
南アランド円
15.0銭 16位
トルコリラ円
トルコリラ円
6.0銭 9位
メキシコペソ円
メキシコペソ円
1.0銭 13位

※スプレッド調査日:2021/9/8

※現在コロナウイルスの感染拡大に伴い、スプレッドが不安定な状態が続いております。正確なスプレッドに関しては外為オンライン公式サイトにてご確認ください。

 

 

 

外為オンラインのスワップポイント

以下の表は外為オンラインのスワップポイント、及び19社中に占める外為オンラインの順位を示したものになります。

 

通貨ペア スワップ 順位
米ドル円
米ドル円
0円 19位
ユーロ円
ユーロ円
-45円 14位
ポンド円
ポンド円
0円 18位
豪ドル円
豪ドル円
0円 11位
南アランド円
南アランド円
50円 16位
トルコリラ円
トルコリラ円
45円 5位
メキシコペソ円
メキシコペソ円
100円 1位

※スワップポイント調査日:2021年9月15日

 


外為オンライン公式サイトはこちら

 

 

外為オンラインの口座開設の流れ

外為オンラインでFX取引を始めるには、まずは外為オンラインで口座開設を済ませましょう。
口座開設の申込みはオンラインで可能で、手数料や口座維持費なども無料となっています。

 

STEP1

お申込フォーム入力

外為オンラインで口座開設をするには、まず初めに外為オンライン公式サイトの口座開設フォームへ進み、必要事項を入力します。

 

 

STEP2

必要書類の提出

マイナンバー書類と本人確認書類を提出します。提出方法はWEBアップロード、郵送、メール、FAXから選択できます。
必要書類の提出をもって、口座開設の申し込みは完了となり審査に入ります。

 

 

STEP3

ログインIDの受け取り

外為オンラインの審査が完了すると、ログインIDが簡易書留郵便で届きます。パスワードをメールで取得し、取引口座にログインします。

 

 

STEP4

入金後お取引開始

外為オンラインのお取引口座に入金すると、いよいよFX取引がスタートとなります。

 

 

外為オンラインの会社概要

株式会社外為オンラインの設立は2003年、創業当初は株式会社新日本通商という商号でした。

 

親会社のISホールディングスは、外為オンライン以外にもひまわり証券も運営しています。

 

投資信託のひふみ投信を運営するのもISホールディングスで、金融関連の企業としては有名です。

 

通貨ペア 26通貨ペア
最低取引通貨単位 1,000通貨単位
クイック入金 11行
決済前のスワップ引出し
自動売買
スキャルピング
デモトレード
信託保全
自己資本規制比率 1077.8%

 

 

外為オンラインの総評

外為オンラインは欠点もそれなりにあるFX会社ですが、iサイクル2取引はFX初心者にも使いやすく、評判も良い自動取引ツールとなっています。

 

セミナーに力を入れていて、オンラインとオフラインの両方でセミナーが開催されるので、サブ口座として口座開設しておく価値はあるでしょう。

 


FX会社おすすめランキングはこちら

ページの先頭へ戻る