楽天FXの評判は?メリット・デメリットを解説

楽天FX公式サイト

 

大手ネット証券の楽天証券が運営する楽天FX。
こちらのページでは、楽天FXで口座開設をする前に知っておきたいメリットやデメリット、サービスの特徴などについて徹底解説していきます。

 

 

楽天FXのデメリット

楽天FXで口座開設をする前には、確認しておきたいデメリットがいくつかあります。
楽天FXが他のFX会社に劣るのはどのような点なのか?以下に解説していきます。

 

スプレッドが広がりやすい

楽天FXでは、朝方の4時〜7時頃にかけてや、重要経済指標の発表時にはスプレッドが大きく広がることがあるので注意が必要です。

 

相場が乱高下するタイミングや市場参加者が少なくなる時間帯には、楽天FXのスプレッドは通常時よりも大きく開くことがあります。

 

とは言え、早朝や重要経済指標の発表時には、楽天FXに限らず多くのFX会社のスプレッドは広がります。

 

早朝や重要経済指標発表のタイミングにトレードをするのはリスクが大きいので、初心者の方は取引を避けることをおすすめします。

 

 

過去にシステム障害あり

楽天FXを提供する楽天証券は、2005年〜2009年にかけて三度のシステム障害によるサーバーダウンを起こし、金融庁より行政処分を受けています。

※金融庁:楽天証券株式会社に対する行政処分について

 

システム管理体制が不十分なまま営業を行い、大規模なシステム障害を起こしたことで金融庁より業務改善命令と業務停止命令を受けました。

 

さらに2016年には、誤った為替レートを配信する事態も発生しています。

 

その際、楽天FXの米ドル円スプレッドは15円まで拡大し、多くのポジションがロスカットされる事態となりました。

 

以上の点から、楽天FXはシステムに不安が残る点がデメリットと言えます。

 

大切な資産を運用するFX会社を選ぶ際には、システムの管理体制や安全性も必ず比較したいポイントです。

 

厳選!
FX会社おすすめランキング ≫

 

 

短時間での連続した取引は禁止行為

楽天FXでは、取引規定において以下のような取引が禁止されています。

第21条 契約の解除

お客様が次の各号のいずれかに該当する場合、又は期限の利益の喪失事由に該当した場合、当社は楽天FXに係る全ての契約を解除することができるものとします。
(中略)
(16)取引の方法の如何にかかわらず、当社が、短時間における連続した取引、インターバンク市場の混乱を招く取引、当社のカバー取引に影響を及ぼす取引、または、過度な取引等不適切な取引であると判断したとき又はその虞があるとき

参照:楽天FX取引規定


上記の規定から、楽天FXでスキャルピングを行うと口座凍結や強制解約となる可能性も考えられます。

 

スキャルピングとは、数秒〜数分の短い時間で繰り返し売買を行い、少額の利益を積み重ねていく取引手法です。
ポジションを保有する時間が短いことから、為替変動リスクが比較的低いことで人気のある取引手法です。

 

スキャルピングや短時間での取引を行うのであれば、楽天FXの規定に抵触しないように注意が必要です。

 

 

 

約定時に滑ることがある

「滑る」とは、注文した価格から相場が動いて異なる価格で注文成立してしまうことを言い、スリッページとも言われます。

 

また、注文が殺到するタイミングなどになると、注文が成立せずに約定拒否となることもあります。

 

狭いスプレッドを謳っていても、いざ決済のタイミングで狙った価格で約定できないのであれば、スプレッドが広いのと同じです。

 

FXトレーダーの中には、スプレッドが狭いよりも約定力が強いFX会社を選ぶ人もたくさんいます。

 

 

 

タブレット専用の取引ツールがない

FX会社によっては、PC、タブレット、スマホそれぞれに、専用の取引ツールを提供しています。

 

楽天FXのタブレット取引ツールは、スマホより取引画面を大きくしただけのものになるので、スクリーンの大きさが活かされていません。

 

スキャルピングやデイトレードでは、取引ツールの選択一つで勝敗が決まることもあります。

 

主にタブレットでFXをするのであれば、タブレット専用ツールを提供しているFX会社をおすすめします。

 

 

 

楽天FXのメリットとは?

楽天FXには上記のような欠点がありますが、反対に楽天FXで口座をつくるメリットもあります。
楽天FXで口座開設する人はどのような点で選ぶのか、次は楽天FXの強みについて解説していきます。

 

楽天スーパーポイントが貯まる

 

楽天スーパーポイント

 

楽天FXでは、取引に応じて楽天スーパーポイントが貯まります。

 

ただし、ポイントの還元率はそれほど高くはなく、10万通貨ごとに1ポイント=1円となっています。

 

その点、YJFX!では1万通貨の取引につき1円〜6円相当のPayPayもしくは現金がキャッシュバックされます。

 

毎月の取引量や通貨ペアに応じて1万通貨あたり最大6円相当のPayPayがキャッシュバックされるので、還元率では楽天FXを大きく上回っています。

 

楽天FXのポイント還元についてはそれほど貯まりやすいとは言えないので、それほど評判が良いサービスとも言えません。

 

また、楽天FXのMT4で取引した分については楽天スーパーポイントの対象外となるので注意が必要です。

 

 

MT4が使える

 

メタトレーダー4のロゴ

 

FXは日本に限らず世界中の投資家たちが参入している市場になりますが、世界中で最も多く利用されているFX取引ツールはMT4です。

 

MT4はロシアのメタクオーツ・ソフトウェア社が開発したFX取引ツールです。

 

最大の特徴は豊富なテクニカル指標で、高度なテクニカル分析を行うトレーダーにとっては手放せないツールとなっています。

 

カスタマイズの自由度も高く、外部サイトからテクニカル指標を入手して表示させることもできます。

 

自動売買のプログラムを作ることも可能で、多くのプロトレーダーがMT4を愛用しています。

 

日本のFX会社でMT4が使えるところは限られますが、楽天FXはそのうちの一社となっています。

 

ただし、楽天FXのMT4を使いこなすにはある程度の知識やFXの経験が必要で、初心者のうちはMT4を使うには難しく感じるでしょう。

 

また、MT4は提供しているFX会社によってサービス内容が異なりますが、MT4の評判が良いFX会社にはFXTFがあります。

 

 

楽天銀行にリアルタイム出金

楽天FXは楽天証券が提供するFX取引サービスなので、当然ながら他の楽天系サービスとの相性は抜群です。

 

楽天銀行の口座をお持ちであれば、楽天FXからリアルタイムで出金することが可能です。

 

FX口座にリアルタイムで入金できるのは一般的ですが、出金までリアルタイムにできるFX口座は多くはありません。

 

また、楽天銀行の口座をお持ちであれば、楽天FXの口座開設の手続きが早いのもメリットの一つです。

 

 

投資信託や株取引ができる

楽天FXを提供する楽天証券では、株や投資信託からゴールドに至るまで、様々な金融商品を取り扱っています。

 

FXだけではなく、他の金融商品にも幅広く投資したいということなら、楽天証券で一元管理できるので便利です。

 

楽天FX公式サイトへ
無料で口座開設する

 

 

楽天FXの口コミ・評判

 

口コミ

 

クラウドソーシングを利用して、楽天FXに関するレビューを募集しました。
楽天FXを実際に利用してみた感想について回答を頂きました。
※口コミの募集はクラウドソーシングサービスのランサーズを利用しています。

大手ネット証券でMT4が使えることから楽天証券を利用しています。国内のネット証券でMT4が使えるのは楽天だけなので、それ以外の理由は特にはありません。反対に言うと、MT4が使えるだけで十分。FXで本気で稼ぐならMT4を使うことをおすすめします。(30代|FX歴7年)

証券会社をあまり利用したことがないので、とりあえず名前だけでも安心な楽天証券を選びました。スプレッドはFXを専門に取り扱っている業者と同程度だし、少額から取引もできるのでこれと言って不満もありません。FXは元本割れの可能性がある投資なので、信頼できる業者を利用するのが良いと思います。(40代|FX歴2年)

楽天証券に限らずSBI証券やマネックス証券でもそうですが、大手ネット証券の取引画面はごちゃごちゃしていて複雑なものが多い。慣れてしまえばどうってことはないが、はじめのうちは見たい情報を探すだけで苦労することも。。ネット証券はFXだけではなく株式や投信も取引できるので、その辺は仕方ないのかもしれません。チャートや発注機能は必要十分で満足しています。(40代|FX歴5年)

楽天銀行を持っていると入出金がリアルタイムで可能です。マネーブリッジに登録すると楽天銀行の金利が優遇されるなど、楽天ユーザーには何かとお得です。楽天ポイントが貯まるキャンペーンなどもあるので、楽天に依存しているわたしとしては楽天FXが何かと有利です。スマホアプリも使いやすくて気に入っています。情報提供だけが唯一乏しいので、そこを強化してもらえるとありがたい。(50代|FX歴3年)

 

スプレッドとスワップポイント

FX口座をどこで開設するのかを選ぶ際には、スプレッドとスワップは非常に重要なポイントとなります。

 

短期間のトレードであればスプレッドは収益に大きく影響してきますし、長期間のトレードならスワップはもちろん重要です。

 

楽天FXのスプレッドは、全通貨ペアにおいてまずまずの設定となっています。

 

また、スプレッドを比べる際には、ホームページで公開されている固定スプレッドだけではなく、スプレッドがどの程度安定しているのかも考えておくことが大切です。

 

楽天FXのデメリットでも解説したように、楽天FXのスプレッドは時間帯によっては不安定に広がります。

 

各FX会社のスプレッドを比較する上では、提示スプレッド+スプレッドが広がる確率+約定力の3点を比較することが大切です。

 

 

楽天FXの会社概要

楽天FXは、楽天株式会社のグループ会社である楽天証券が運営する外国為替証拠金取引サービスです。

 

大手ネット証券の楽天証券では、株式や投資信託など、あらゆる投資商品を取り扱っています。

 

なお、楽天FXのサービスがスタートしたのは、2008年5月からとなっています。

 

通貨ペア 26通貨ペア
最低取引通貨単位 1,000通貨単位
クイック入金 13行
自動売買 MT4のみ可
デモトレード
信託保全
自己資本規制比率 301.9%

 

楽天FXの総評

楽天FXには、楽天スーパーポイントの加算や楽天銀行との連携など、他のFX会社には真似できないメリットがあります。

 

しかしその一方で、過去のシステム障害からシステムには不安が残るところです。

 

FX会社は国内だけでも数十社あるので、サービス内容が良くシステムが安定しているFX会社を選ぶことをおすすめします。

 


FX会社おすすめランキングはこちら

ページの先頭へ戻る