楽天FXの評判は?メリット・デメリットを解説

楽天FX公式サイト

 

大手ネット証券の楽天証券が運営する楽天FX。ネット証券としては非常に人気がありますが、楽天FXのサービスにはどのような特徴があるのでしょうか。

 

こちらのページでは、楽天FXで口座開設をする前に知っておきたいメリットやデメリット、注意点などについて徹底解説していきます。

 

楽天FXの概要と取引ルール
口座開設手数料 無料
取引手数料 無料
取扱通貨ペア 28種類
最低取引単位 1,000通貨
注文上限 1注文あたり200万通貨
レバレッジ 最大25倍
自動売買 楽天MT4は可
デモトレード

 

この記事の監修者

監修者の水上紀行


水上 紀行
バーニャ マーケット フォーカスト代表
1978年三和銀行(現、三菱UFJ銀行)入行。1983年よりロンドン、東京、ニューヨークで為替ディーラーとして活躍。 東京外国為替市場で「三和の水上」の名を轟かす。1995年より在日外銀において為替ディーラー及び外国為替部長として要職を経て、現在、外国為替ストラテジストとして広く活躍中。長年の経験と知識に基づく精度の高い相場予測には定評がある。著書はこちら
Twitter:@mizukamistaff
ブログ:Banya Market Forecast オフィシャルサイト
メルマガ:水上紀行FXマーケットフォーカスト

 

 

楽天FXのデメリットと注意点

楽天FXで口座開設をする前には、確認しておきたいデメリットがいくつかあります。
楽天FXが他のFX会社に劣るのはどのような点なのか?以下に解説していきます。

 

スプレッドが広がることがある

楽天FXでは、朝方の4時〜7時頃にかけてや、重要経済指標の発表時に、スプレッドが通常時よりも広がることがあります。

 

相場が乱高下するタイミングや市場参加者が少なくなる時間帯には、楽天FXのスプレッドは通常時よりも開くことがあるので注意が必要です。

 

とは言え、早朝や重要経済指標の発表時には、楽天FXに限らずほとんどのFX会社のスプレッドは広がります。

 

早朝や重要経済指標発表のタイミングにトレードをするのはリスクが大きいので、初心者の方は取引を避けることをおすすめします。

 

 

過去にシステム障害あり

楽天FXを提供する楽天証券は、2005年〜2009年にかけて三度のシステム障害により金融庁より行政処分を受けています。

※金融庁:楽天証券株式会社に対する行政処分について

 

システム管理体制が不十分なまま営業を行い、大規模なシステム障害を起こしたことで金融庁より業務改善命令と業務停止命令を受けました。

 

さらに2016年には、米ドル円において、通常のレートから大きく乖離した異常レートが配信される事態が発生しました。

 

その際、楽天FXの米ドル円スプレッドは15円まで拡大し、多くのポジションがロスカットされる事態となりました。

 

こちらについては、正常レートと異常レートの差額分が、調整金として補填されるなどの対応が取られました。

 

それ以降は、システムの管理体制や安全性が見直しされ、安定した運営が行われています。

 

厳選!
FX会社おすすめランキング ≫

 

 

短時間での連続した取引は禁止行為

楽天FXでは、取引規定において以下のような取引が禁止されています。

第21条 契約の解除

お客様が次の各号のいずれかに該当する場合、又は期限の利益の喪失事由に該当した場合、当社は楽天FXに係る全ての契約を解除することができるものとします。
(中略)
(16)取引の方法の如何にかかわらず、当社が、短時間における連続した取引、インターバンク市場の混乱を招く取引、当社のカバー取引に影響を及ぼす取引、または、過度な取引等不適切な取引であると判断したとき又はその虞があるとき

参照:楽天FX取引規定


上記の規定から、楽天FXでスキャルピングを行うと口座凍結や強制解約となる可能性も考えられます。

 

スキャルピングとは、数秒〜数分の短い時間で繰り返し売買を行い、少額の利益を積み重ねていく取引手法です。
ポジションを保有する時間が短いことから、為替変動リスクが比較的低いことで人気のある取引手法です。

 

スキャルピングや短時間での取引を行うのであれば、楽天FXの規定に抵触しないように注意が必要です。

 

 

 

タブレット専用の取引ツールがない

FX会社によっては、PC、タブレット、スマホそれぞれに、専用の取引ツールを提供しています。

 

楽天FXのタブレット取引ツールは、スマホより取引画面を大きくしただけのものになるので、スクリーンの大きさが活かされていません。

 

スキャルピングやデイトレードでは、取引ツールの選択一つで勝敗が決まることもあります。

 

主にタブレットでFXをするのであれば、タブレット専用ツールを提供しているFX会社をおすすめします。

 

 

 

楽天FXのメリットと特徴

楽天FXには上記のような欠点がありますが、反対に楽天FXで口座をつくるメリットもあります。
楽天FXで口座開設する人はどのような点で選ぶのか、次は楽天FXの強みについて解説していきます。

 

ハイセンスで高機能な取引ツール

 

楽天FXの取引ツール

 

楽天FXでは、高機能チャートと注文ツールを利用することができます。

 

チャートには40種類以上のテクニカル指標を搭載。
1つのチャートに2つの通貨ペアを重ねて表示させる比較チャートは、通貨ペアの相関関係を見るのに便利な機能です。

 

カスタマイズ性も高く、自身の取引スタイルに合わせて、画面に表示させる情報を選択することができます。

 

また、かなり前のことにはなりますが、2012年にはグッドデザイン賞を受賞しています。
機能性だけではなく、デザイン面でも評価されています。

 

 

楽天証券独自のチャートの形状

楽天FXでは、オリジナルのチャート分析補助ツール「チャートの形状」を利用することができます。

 

「チャートの形状」は、各通貨ペア・足種のチャート形状を25種類のトレンドに分類し、一覧でトレンドを確認できる機能です。

 

楽天FXのチャートの形状

 

楽天FXの「チャートの形状」を使えば、通貨ペアごとの今のトレンドを一目で判断することができます。

 

他社では利用できない楽天証券のオリジナルツールなので、楽天FXの強みの一つと言えます。

 

 

MT4が使える

 

メタトレーダー4のロゴ

 

FXは日本に限らず世界中の投資家たちが参入している市場になりますが、世界中で最も多く利用されているFX取引ツールはMT4です。

 

MT4はロシアのメタクオーツ・ソフトウェア社が開発したFX取引ツールです。

 

最大の特徴は豊富なテクニカル指標で、高度なテクニカル分析を行うトレーダーにとっては手放せないツールとなっています。

 

カスタマイズの自由度も高く、外部サイトからテクニカル指標を入手して表示させることもできます。

 

自動売買のプログラムを作ることも可能で、多くのプロトレーダーがMT4を愛用しています。

 

日本のFX会社でMT4が使えるところは限られますが、楽天証券はそのうちの一社となっています。

 

ただし、楽天証券のMT4を使いこなすにはある程度の知識や経験が必要になるので、初心者のうちは楽天証券のオリジナル取引ツールを使うことをおすすめします。

 

 

 

レバレッジを選択できる

楽天FXでは、レバレッジを1倍・2倍・5倍・10倍・25倍から選択することができます。

 

初心者のうちは資金管理がうまくいかず、高いレバレッジで取引をして大きな損失を出してしまう可能性があります。

 

楽天FXでは、ハイリスクな取引を避ける手段の一つとして、レバレッジを選択することができます。

 

レバレッジ1倍コースであれば、限りなく低いリスクでのFX取引が可能になります。

 

さらに、ロスカット水準も変更することができるので、リスク管理がしやすいFX口座と言えます。

ロスカットとは?

ポジション(通貨を購入して保有している状態)の損失がある程度のレベルに達した時点で、更なる損失の拡大を防ぐことを目的として、強制的に反対売買により決済される仕組み。

楽天FX公式サイトへ
無料で口座開設する

 

 

楽天スーパーポイントが貯まる

楽天FXでは、10万通貨の取引ごとに1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まります。

 

貯まった楽天スーパーポイントは、楽天市場や楽天トラベルでも利用することができます。

 

なお、楽天スーパーポイントを獲得するには、あらかじめ「マネーブリッジ」へのお申込みと、「ハッピープログラム」へのエントリーが必要です。

 

また、楽天証券には「楽天FX」と「楽天MT4」の2種類のFX口座がありますが、楽天MT4はポイントプログラムの対象外となっています。

 

 

楽天銀行にリアルタイム出金

楽天FXは楽天証券が提供するFX取引サービスなので、当然ながら他の楽天系サービスとの相性は抜群です。

 

楽天銀行の口座をお持ちであれば、楽天FXからリアルタイムで出金することが可能です。

 

FX口座にリアルタイムで入金できるのは一般的ですが、出金までリアルタイムにできるFX口座は多くはありません。

 

また、楽天銀行の口座をお持ちであれば、楽天FXの口座開設の手続きが早いのもメリットの一つです。

 

 

楽天銀行との連携で優遇金利

 

マネーブリッジ

 

楽天証券を利用するなら、楽天証券と楽天銀行の口座連携サービス「マネーブリッジ」を利用することをおすすめします。

 

楽天証券と楽天銀行の両口座を保有している方は、マネーブリッジの申し込みをするだけで普通預金に年0.10%(税引後0.079%)の金利が適用されます。

 

大手ネット銀行や都市銀行と比較して金利が高いのでおすすめです。

 

※年0.10%(税引前)の優遇金利が適用される残高には上限があります。

 

楽天FX公式サイトへ
無料で口座開設する

 

 

安心の大手ネット証券

楽天FXは大手ネット証券の楽天証券が提供するFXサービスです。

 

楽天証券は2021年に700万口座を突破。SBI証券や野村證券を抑えて、多くの方に利用されている証券会社となりました。

楽天証券の口座数推移

※各社ホームページ上での公開情報により、楽天証券にて集計。SBI証券は単独口座数非開示のため2021年3月末時点の口座数、野村証券および大和証券は残あり顧客口座数、SMBC日興証券は総合口座数

 

格安の手数料や顧客サポート、便利なツールにより多くの投資家に利用されています。

 

また、FXの取扱いを始めたのは2003年と、FX業界の中ではかなり早い方になります。

 

 

高評価のカスタマーサポート

大手ネット証券の楽天証券は、カスタマーサポートにも期待できます。

 

楽天証券のカスタマーサポートは、外部調査機関「HDI-Japan」による格付け調査において、最高評価となる三ツ星を3年連続で獲得しています。

 

FXが初めての方であれば、カスタマーサポートが充実しているのは大きなメリットと言えるでしょう。

 

 

投資信託や株取引もできる

楽天FXを提供する楽天証券では、株や投資信託など様々な金融商品を取り扱っています。

 

低コストで取引ができることや、金融商品の種類が豊富なことから、非常に人気のある証券会社です。

 

FXだけではなく、他の金融商品にも幅広く投資したいということなら、楽天証券で一元管理できるので便利です。

 

楽天FX公式サイトへ
無料で口座開設する

 

 

楽天FXの口コミ・評判

 

口コミ

 

クラウドソーシングを利用して、楽天FXに関するレビューを募集しました。
楽天FXを実際に利用してみた感想について回答を頂きました。

 

※口コミの募集にはクラウドソーシングサービスのランサーズを利用しています。

※ご紹介している口コミは、口コミを提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスについていかなる保証をするものでもありません。

大手ネット証券でMT4が使えることから楽天証券を利用しています。国内のネット証券でMT4が使えるのは楽天だけなので、それ以外の理由は特にはありません。反対に言うと、MT4が使えるだけで十分。FXで本気で稼ぐならMT4を使うことをおすすめします。(30代|FX歴7年)

証券会社をあまり利用したことがないので、とりあえず名前だけでも安心な楽天証券を選びました。スプレッドはFXを専門に取り扱っている業者と同程度だし、少額から取引もできるのでこれと言って不満もありません。FXは元本割れの可能性がある投資なので、信頼できる業者を利用するのが良いと思います。(40代|FX歴2年)

楽天証券に限らずSBI証券やマネックス証券でもそうですが、大手ネット証券の取引画面はごちゃごちゃしていて複雑なものが多い。慣れてしまえばどうってことはないが、はじめのうちは見たい情報を探すだけで苦労することも。。ネット証券はFXだけではなく株式や投信も取引できるので、その辺は仕方ないのかもしれません。チャートや発注機能は必要十分で満足しています。(40代|FX歴5年)

楽天銀行を持っていると入出金がリアルタイムで可能です。マネーブリッジに登録すると楽天銀行の金利が優遇されるなど、楽天ユーザーには何かとお得です。楽天ポイントが貯まるキャンペーンなどもあるので、楽天に依存しているわたしとしては楽天FXが何かと有利です。スマホアプリも使いやすくて気に入っています。情報提供だけが唯一乏しいので、そこを強化してもらえるとありがたい。(50代|FX歴3年)

 

スプレッドとスワップポイント

FX口座をどこで開設するのかを選ぶ際には、スプレッドとスワップポイントは非常に重要なポイントとなります。

 

短期間のトレードであればスプレッドは収益に大きく影響してきますし、長期間のトレードならスワップポイントはもちろん重要です。

 

楽天FXのスプレッドは、全通貨ペアにおいて狭い設定となっています。

 

なお、スプレッドを比べる際には、ホームページで公開されている固定スプレッドだけではなく、スプレッドがどの程度安定しているのかも考えておくことが大切です。

 

各FX会社のスプレッドを比較する上では、提示スプレッド+スプレッドが広がる確率+約定力の3点を比較することが大切です。

 

楽天FX公式サイトへ
無料で口座開設する

 

 

楽天FXと比較!おすすめFX会社5選

楽天FXは他の人気FX会社と比較して、どのような点が優れているのでしょうか?またどのような点が劣っているのでしょうか?
おすすめFX会社5選と、楽天FXを比較してみましょう。

 

外為どっとコム

 

外為どっとコム公式サイト

 

楽天FXよりココがおすすめ
  • 業界最狭水準のスプレッド
  • スマホアプリが高機能
  • 未来予測チャート
  • 1回の取引で2,000円キャッシュバック

 

楽天FXでは狭いスプレッドで取引ができますが、外為どっとコムのスプレッドはさらに狭い設定となっています。
取引回数が多い方であれば、楽天FXよりも外為どっとコムの方がコストを抑えることができます。

 

また、外為どっとコムはスマホアプリの機能性が高いのもメリットの一つです。
テクニカル指標は20種類以上が利用可能で、描画ツールも他社と比較して豊富です。

 

主にスマホでトレードやチャート分析をする方であれば、楽天FXよりも外為どっとコムの方が適しているかもしれません。

 

また、外為どっとコムでは、今後の為替チャートを自動予測してくれるツール「みらい予測チャート」を利用することができます。

 

みらい予測チャートは、過去のデータから現在のチャートと同じような値動きを自動で見つけ出し、それを元に未来のチャートを予測する機能です。
さらに、チャートを自動分析して買い時や売り時をアイコン表示してくれます。

 

今なら、新規口座開設後に1万通貨の取引を1回するだけで2,000円のキャッシュバックがもらえるので、試しに利用してみるのも良いでしょう。

 


FXサプリ編集部

 

スプレッドに関しては外為どっとコムが有利ですが、楽天FXには楽天銀行の優遇金利や楽天ポイント付与など、外為どっとコムにはない魅力があります。


 

外為どっとコムサービス概要
米ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円
0.4銭 0.7銭 0.5銭
手数料 取引単位 通貨ペア キャンペーン
無料 1,000通貨〜 30通貨 口座開設で最大30.2万円

※スプレッドは原則固定(例外あり) キャンペーンスプレッドです。(対象期間:2022年6月6日(月)午前9時〜2022年7月2日(土)午前3時、提示時間帯:午前9時〜翌午前3時) スプレッド調査日:2022/5/10

※キャッシュバックキャンペーン適用期間:口座開設月から翌々月末まで

※ロシアルーブル/円のみ10,000通貨

 

 

LINE FX

 

LINE FXのLINE通知

 

楽天FXよりココがおすすめ
  • 初心者におすすめのFX口座
  • 直感的に操作できるスマホアプリ
  • 取引機会をLINEで通知
  • 株主には野村ホールディングス

 

FX初心者の方や経験が浅い方であれば、シンプルで使いやすいLINE FXを利用してみると良いでしょう。

 

インターフェースはキャッチーなデザインで使い心地が良く、若い世代からも人気を集めています。

 

スマホアプリは馴染みやすいデザインで、ゲームのような感覚で直感的に操作することができます。

 

また、為替レートの急変動や、設定したレートへの到達などをLINEメッセージで通知してくれます。
経済指標発表前には予告通知を、発表後には結果をLINEで通知してくれます。

 

普段からLINEを利用している方であれば、取引機会の損失防止につながるのでおすすめです。

 

スマホだけでシンプルに取引ができて、取引コストも安いので初心者の方にはLINE FXがおすすめです。

 

なお、LINE FXは、LINE Financialと野村ホールディングスが共同開発したサービスです。

 

野村ホールディングスのグループには、大手証券会社の野村證券があります。安心感においては、楽天証券と比較しても引けを取りません。

 


FXサプリ編集部

 

スマホよりもPCで取引をする機会が多い方には楽天FXがおすすめです。楽天FXのPCツールは高機能で、40種類以上のテクニカル指標を搭載しています。


 

LINE FXサービス概要
米ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円
0.2銭 0.3銭 0.5銭 0.3銭
手数料 取引単位 通貨ペア キャンペーン
無料 1,000通貨 23通貨 口座開設+1取引で最大5000円キャッシュバック

※スプレッドは原則固定(例外あり)

※通貨ペア・スプレッド一覧はこちらを参照

 

 

みんなのFX

 

みんなのFX公式サイト

 

楽天FXよりココがおすすめ
  • スプレッドで選ぶならみんなのFX
  • 自動売買やコピートレードができる
  • AI為替予想ツールが使える
  • マンツーマンセミナーが受講できる

 

FX会社を選ぶ際には、取引スタイルに適したサービスを提供している業者を選択することが大切です。

 

デイトレードや短時間での売買をするのであれば、スプレッドが狭いみんなのFXがおすすめです。多くの通貨ペアにおいては、楽天FXよりもみんなのFXの方がスプレッドが狭くなっています。

 

また、みんなのFXでは、用意されたプログラムを選ぶだけで、24時間自動的に取引を行ってくれる自動売買が利用可能です。

 

自動売買のプログラムは過去の収益や勝率からランキング表示されているので、専門的な知識が無くても選びやすくなっています。

 

さらに、みんなのFXで稼いでいるリアルトレーダーと同じ取引が自動的に行えるコピートレードも利用可能です。
稼いでいるトレーダーと同じタイミングで同じ注文が出せる画期的なサービスです。

 

自動売買の他にも、ニュースをもとにAIが為替予測をするツールや、講師がマンツーマンで指導するオンラインセミナー(受講に条件あり)など、魅力の多いFX会社の一つです。

 


FXサプリ編集部

 

AI為替予測や選ぶだけの自動売買など、みんなのFXは初心者の方におすすめです。本格的なチャートを使いたい経験者の方には楽天FXがおすすめです。


 

みんなのFXサービス概要
米ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円
0.2銭 0.4銭 0.8銭 0.6銭
手数料 取引単位 通貨ペア キャンペーン
無料 1,000通貨 29通貨 口座開設で最大5万円キャッシュバック

※スプレッドは原則固定(例外あり)

 

 

 

ヒロセ通商

 

ヒロセ通商公式サイト

 

楽天FXよりココがおすすめ
  • 各デバイス専用の取引ツール
  • 約定力が強い
  • 24時間サポート
  • 高金利通貨ペアが高スワップ

 

ヒロセ通商では、WindowsやMac、スマホやタブレットなど、各デバイスに専用の取引ツールを用意しています。

 

各デバイスの特徴に合わせて開発されているので、使いやすさや機能性に期待できます。
また、過去の取引結果を自動的にデータ表示してくれる分析ツールも提供しています。

 

楽天FXはツールの種類が多くはないので、ツールの選択肢の多さはヒロセ通商のメリットと言えます。

 

また、ヒロセ通商は約定力を強みとしているFX会社としても知られています。

 

約定力とは、トレーダーが注文した価格で注文成立する強さのことです。
FXでは、トレーダーが注文したレートと、実際に注文成立するレートに乖離が生じることがありますが、約定力が強いFX会社ほど乖離は少なくなります。

 

狙い通りの価格で取引ができることで、不要な損失を抑えることができます。

 

一方で、高金利通貨ペアのスワップポイントが高いので、スワップ収益を狙って取引をする人にも適しています。

 

また、コールセンターは平日24時間営業しており、顧客サポートにも期待できます。

 

土日はコールセンターが休みになるFX会社が多いですが、ヒロセ通商では土曜日も17時まで電話を受け付けています。

 


FXサプリ編集部

 

ヒロセ通商は高水準のサービスを提供していますが、会社の規模や知名度ではやはり楽天証券に軍配が上がります。楽天証券ではFX以外にも様々な金融商品を取引できます。


 

ヒロセ通商サービス概要
米ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円
0.2銭 0.4銭 1.0銭 0.6銭
手数料 取引単位 通貨ペア キャンペーン
無料 1,000通貨 51通貨 口座開設で最大5万円キャッシュバック

※スプレッドは原則固定・例外あり(米ドル円、ユーロ円は除く)

 

 

 

SBI FXトレード

 

SBIFX公式サイト

 

楽天FXよりココがおすすめ
  • 1ドルから取引OK
  • スプレッドが狭い
  • コツコツ貯める積立FX
  • オリコン顧客満足度第1位

 

SBI FXトレードの最大の魅力は、1通貨から取引ができることです。
米ドル円を取引する場合であれば、たった10円の資金でも取引を始めることができます。

 

楽天FXの最低取引単位は1,000通貨なので、試しに少額で取引を始めてみたい方にはSBI FXトレードがおすすめです。

 

また、SBI FXトレードでは、少額取引であれば業界最狭水準のスプレッドで取引ができます。

 

さらに、SBI FXトレードでは積立タイプのFXを用意しています。
積立FXとは、毎日、毎週、毎月など予め設定した期間度に、定期的に外貨を積み立て購入できるサービスです。

 

積み立てする金額やレバレッジを指定できるので、リスクを抑えて外貨を積み立てることができます。

 

これらの他社には無い魅力により、SBI FXトレードはオリコン顧客満足度FX取引初心者部門第1位を獲得しています。

 


FXサプリ編集部

 

高機能チャートやMT4など、ツールにこだわる方なら楽天FXがおすすめです。楽天FXでは、チャート分析補助ツール「チャートの形状」も利用可能です。


 

SBI FXトレードサービス概要
米ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円
0.09銭 0.3銭 0.69銭 0.38〜0.4銭
手数料 取引単位 通貨ペア キャンペーン
無料 1通貨 34通貨 口座開設+取引で最大5万円キャッシュバック

※スプレッドは1〜1,000通貨を取引した場合

 

 

 

楽天FXを始めるには

楽天証券でFX取引を行うには、「FX専用口座を開設する」「楽天証券総合口座を開設する」の二つの方法があります。

 

FX専用口座とは、FXをメインで行う方のための取引口座です。
国内株式等の取引も検討している場合は、楽天証券総合口座を申込みましょう。

 

ただし、FX専用口座の開設後でも、総合口座を開設することが可能です。

 

FX専用口座を開設するには、スマートフォン(iPad/タブレット含む)を利用して「iSPEED FX」からマイナンバーを提出する必要があります。
スマートフォンをお待ちでない方は、楽天証券総合口座の開設となります。

 

また、既に楽天証券総合口座をお持ちの方は、スマホサイトにログイン後、「マイメニュー」→「お客様情報の設定・変更」→「申込が必要なお取引」よりFX口座を申し込むことができます。

 

 

楽天FXの利用方法とFXのやり方

FXでは、異なる国の通貨を交換(取引)することで、為替レートの変動による利益を目指します。

 

FX取引の流れとしては、「新規注文」→「決済注文」で一つの取引となります。

 

STEP1.新規注文

FX取引ではまずはじめに新規注文を行います。
楽天FXでは様々な注文方法が利用可能ですが、ここでは例としてASストリーミング注文の画面をもとに解説します。

 

楽天FXの注文画面

 

ASストリーミング注文では、「通貨ペア」「数量」「スリッページ」を選択して注文します。
「買い」なら赤のボタン、「売り」なら青のボタンをタップします。

 

買いを選択した場合には値上がりにより利益を得ることができ、売りを選択した場合には値下がりにより利益を得ることができます。

 

反対に、買いを選択して値下がりした場合や、売りを選択して値上がりした場合には損失となります。

FXでは、通信やシステム処理に僅かな時間がかかるため、トレーダーが注文したレートと、実際に約定するレートに乖離が生じることがあり、この価格差をスリッページと言います。楽天FXでは、発注時にスリッページの許容幅を設定することが可能で、指定したスリッページ幅以内であれば注文が約定し、設定幅を超えるスリッページの場合は約定しません。約定を優先させる場合にはスリッページ幅を広く、反対に価格を優先させる場合にはスリッページ幅をゼロもしくは狭く設定します。

 

STEP2.決済注文

ある程度利益が出たタイミングや、一定の損失で抑えたいタイミングで、新規注文時とは反対の売買注文(決済注文)を出して取引を終了します。

 

新規注文で買いを選択した場合は売りの決済注文、新規注文で売りを選択した場合は買いの決済注文を出して取引を終了します。

MEMO

FXでは「買い」と「売り」の両方から取引を始められるので、為替相場の上昇局面、下落局面どちらでも利益を狙うことができます。

 

楽天FXで取引を始めるための必要資金

楽天FXでは、数千円の資金があれば取引を始めることができます。
主要通貨ペアを取引するのに必要な最低資金は以下の通りです。

 

通貨ペア 最低資金 為替レート
米ドル円 4,000円 1ドル=100円
ユーロ円 4,800円 1ユーロ=120円
ポンド円 5,600円 1ポンド=140円
豪ドル円 3,200円 1ドル=80円

※為替レートは参考値で、現在の為替レートを示すものではありません。

 

上記の最低必要資金は、表示の為替レートの場合の条件です。最低必要資金は為替レートによって変動します。

 

最低限の資金で取引を行うと、為替レートの変動によってはすぐにロスカットとなるため、ある程度余裕を持った資金を入金しておくことをおすすめします。

ロスカットとは?

ポジション(通貨を購入して保有している状態)の損失がある程度のレベルに達した時点で、更なる損失の拡大を防ぐことを目的として、強制的かつ自動的に反対売買により決済される仕組み。

楽天FX公式サイトへ
無料で口座開設する

 

 

楽天FXの会社概要

楽天FXは、楽天証券が運営する外国為替証拠金取引サービスです。

 

大手ネット証券の楽天証券では、株式や投資信託など、あらゆる投資商品を取り扱っています。

 

なお、楽天証券でFX取引サービスがスタートしたのは2003年で、FX取引サービスとしては歴史が長い方になります。

 

会社名 楽天証券株式会社
所在地 東京都港区南青山2-6-21
設立日 1999年3月24日
資本金 17,495百万円
自己資本規制比率 338.3%

 

楽天FXに関するQ&A

取引手数料はかかる?

取引手数料は無料です。

 

取引時間は何時から何時まで?

月曜AM7:00〜土曜AM6:55
(米国サマータイム適用時は土曜AM5:55まで)

 

楽天証券が倒産すると預入資金はどうなる?

顧客の資産は楽天証券の資産とは区別して保管されています。万一楽天証券が破綻した際でも顧客の資産は保全されます。

 

 

楽天FXの総評

楽天FXには、楽天スーパーポイントや楽天銀行との連携など、他のFX会社には真似できないメリットがあります。

 

取引条件も良く、大手証券会社の安心感もあるので、楽天FXでFX取引を始めてみるのも良いでしょう。

 

楽天FX以外にもFX会社は数十社あるので、他社のサービス内容も比較してみると良いでしょう。

 


FX会社おすすめランキングはこちら

ページの先頭へ戻る