セントラル短資FXの評判と特徴は?メリット・デメリットを解説

セントラル短資FX公式サイト

 

100年以上金融市場を支えてきたセントラル短資FX。FX会社としては老舗企業になります。
こちらのページでは、セントラル短資FXで口座開設をする前に知っておきたいメリットやデメリット、サービスの特徴などについて徹底解説していきます。

 

 

セントラル短資FXのデメリット

長くFX業界に貢献してきたセントラル短資FXですが、口座開設する前には確認しておきたいデメリットがいくつかあります。
セントラル短資FXが他社に劣る点について以下に解説していきます。

 

サポート時間が短い

セントラル短資FXのデメリットの一つに、電話問い合わせの応対時間が短いことが上げられます。

 

電話受付時間は平日の午前8時〜午後5時まで、それ以外の時間は対応時間外となっています。

 

FX初心者のうちは、注文方法やテクニカル指標の見方など、何かと利用することも多い電話サポートですが、セントラル短資FXはやや利用しづらい印象です。

 

 

広がりやすいスプレッド

スプレッドとは、買値と売値の差額であり、実質的にはFX会社に支払う手数料となります。

 

セントラル短資FXのスプレッドは原則固定されていますが、市場参加者が少なくなる早朝や、為替レートが激しく動く経済指標発表時においては、スプレッドが通常よりも広くなることがあります。

 

FX会社を選ぶにあたっては、固定スプレッドが狭いだけではなく、スプレッドが広がらずに安定しているかどうかもチェックすることが大切です。

 

特に、午前4時〜7時頃にかけては、多くのFX会社において大きくスプレッドが広がります。

 

とは言え、スプレッドが安定している時間帯においては、セントラル短資FXでは業界最狭水準のスプレッドでコストを最小限に抑えた取引ができます。

 


FX会社おすすめランキングはこちら

 

 

セントラル短資FXのメリットとは?

セントラル短資FXには上記のようなデメリットがありますが、反対にセントラル短資FX独自のメリットや強みもあります。
セントラル短資FXが選ばれる理由とは?次に、セントラル短資FXの強みについて解説していきます。

 

 

初心者でも使いやすいシンプルなツール

 

セントラル短資FXの取引画面

 

セントラル短資FXでは、PCで使える取引ツールだけで3種類を用意しており、FX経験値や取引スタイルに合わせて使い分けることができます。

 

それぞれの取引ツールには特徴があるので、色々と試しながら使いやすい取引ツールを選ぶことができます。

 

FX初心者向けの最もシンプルなツールでは、FXが初めての方でも直感的に操作することができます。

 

FX初心者の方だけでなく、シンプルで見やすいツールを好むトレーダーにもおすすめです。

 

 

操作性の良いスマホアプリ

 

セントラル短資FXのiPhoneチャート

 

セントラル短資FXではスマホ専用のアプリも提供していて、スマホだけでFX取引が可能です。

 

ゲームコントローラーのような見た目で視認性が良く、スピーディーな注文操作もスマホで十分に可能です。

 

14種類のテクニカル指標やトレンドライン機能も搭載しており、画面を4分割してチャートを複数並べることもできます。

 

 

未来の値動きを予測するみらいチャート

 

セントラル短資FXのみらいチャート

 

セントラル短資FXのみらいチャートは、現在のチャートを解析して、過去のチャートの形から似たものを抽出して表示してくれる機能です。

 

これから先どのようなチャートを描く可能性が高いのか、過去のデータをもとに予測して表示してくれます。

 

セントラル短資FXのみらいチャートは、テクニカル分析が苦手な初心者であっても簡単に利用することができます。

 

みらいチャートは必ずしも当たるわけではありませんが、テクニカル分析を学ぶための参考として利用してみるのも良いでしょう。

 

\今なら新規口座開設で最大50万円キャッシュバック/

セントラル短資FX公式サイトへ
無料で口座開設する

 

 

選ぶだけの自動売買ミラートレーダー

 

セントラル短資FXのミラートレーダー

 

セントラル短資FXでは、システムトレード(自動売買)のセントラルミラートレーダーを提供しています。

 

システムトレードが利用できるFX会社はいくつかありますが、セントラル短資FXのシステムトレードはストラテジ(売買プログラム)を選ぶだけ。あとは自動的に売買が繰り返されるので、初心者でも簡単に利用することができます。

 

世界中のプロトレーダーやプログラマーがつくったストラテジは過去の損益が公開されているので、現在の相場に合った好調なストラテジを選ぶだけで、手軽に高度な自動売買を始めることができます。

 

ストラテジは過去の損益や勝率で検索できるので、ストラテジを選びやすいのもセントラル短資FXの自動売買のメリットです。

 

セントラル短資FXのミラートレーダーでどの程度の収益をあげられるのか、まずは少額から試してみるのも良いでしょう。

 

 

取引成績をビジュアル化!パーソナルレコード

 

セントラル短資FXのパーソナルレコード

 

セントラル短資FXのパーソナルレコードは、過去に行った取引を自動的にグラフ化してくれる便利な機能です。

 

勝率や平均建玉保有時間なども自動で計算されるので、過去の取引分析に役立ちます。

 

セントラル短資FXのパーソナルレコードを使って取引の傾向やクセを把握することで、取引手法の改善に役立てることができます。

 

スマホにも完全対応しているので、ちょっとした時間に手軽に過去の取引分析を行うことができます。

 

 

全国20万ヶ所の会員優待サービス

 

セントラル短資FXのクラブオフ

 

セントラル短資FXで口座を開設すると、会員限定の優待サービスを受けることができます。

 

国内・海外宿泊施設、レジャー、ショッピング、グルメ、スポーツなど、全国20万ヶ所の優待特典を、最大90%OFFで利用することができます。

 

映画館のチケットや、ガストやバーミヤンのようなファミレスなど、普段使える割引特典も豊富に取り揃えています。

 

他のFX会社にはないセントラル短資FX独自のメリットなので、サブのFX口座として持っておくのも良いでしょう。

 

 

お得な外貨両替サービス

FX取引以外でのメリットも多いセントラル短資FXですが、外貨両替サービスもその内の一つです。

 

海外旅行や海外出張の際には、銀行や空港の両替所で外貨両替をするのが一般的ですが、手数料は割高になります。

 

セントラル短資FXに口座を持っていると、管理画面上で外貨両替が可能で、外貨のまま出金することができます。

 

ただし、セントラル短資FXで外貨両替ができるのは、米ドル・ユーロ・ポンド・スイスフラン・豪ドル・NZドル・カナダドルに限られます。

 

また、セントラル短資FXに口座を持っていると、国内最大手の両替所トラべレックスにて、優遇レートで両替できるサービスもあります。

 

海外旅行や出張に行くことが多い方であれば、両替目的でセントラル短資FXに口座を持っておくのも良いでしょう。

 

\今なら新規口座開設で最大50万円キャッシュバック/

セントラル短資FX公式サイトへ
無料で口座開設する

 

 

セントラル短資FXの口コミ・評判

 

口コミ

 

クラウドソーシングを利用して、セントラル短資FXに関するレビューを募集しました。
セントラル短資FXを実際に利用してみた感想について回答を頂きました。
※口コミの募集はクラウドソーシングサービスのランサーズを利用しています。

スプレッドは狭い反面、スワップポイントは低水準…。デイトレ、スキャルには良いが、中長期・スイングトレードには向かないです。スキャルは禁止している会社でやると口座凍結となることがありますが、セントラル短資FXは寛容なので安心です。(30代|FX歴7年)

取引ツールはお粗末なデザインのようで、案外使ってみると使いやすい。スプレッドは狭く安定しているので、狭い値幅を狙って取引をする人には良いだろう。取引分析ができるパーソナルレコードは、癖を見つけたり自己分析ができるので、ここで取引をするなら活用すると良いだろう。(40代|FX歴4年)

以前はトルコリラをはじめとしてスワップポイントが高いFX会社として知られていましたが、方向転換して現在はそれほど高いスワップは得られません。長期間ポジションを保有する方、売りポジションを持つ機会が多い方は他社を検討してみることをおすすめします。(50代|FX歴10年)

派手なCMや広告を打ち出している会社ではないのであまり知られていませんが、日本に3つしない短資会社のうちの1社です。安定性・透明性を重視して選びたい方には良い選択です。スプレッドやスワップポイントが収益に及ぼす影響は微々たるものです。特に、スワップポイントを長い期間かけてコツコツ積み上げたものの、為替差益によって一瞬にして吹き飛んでしまったなんていうのはよくある話。目に見える数字だけではなく、取引する会社が信頼できるかどうかも判断することが大切です。提供しているツールやサービス、サポート面に関しては可もなく不可もなくと言ったところです。(40代|FX歴5年)

 

セントラル短資FXのスプレッド

以下の表はセントラル短資FXのスプレッド、及び15社中に占めるセントラル短資FXの順位を示したものになります。
調査対象のFX会社はメジャーなFX会社と評判が良いFX会社を選出して15社としました。

 

セントラル短資FXは以前はスプレッドが広いFX会社として知られていましたが、2018年頃からほとんどの通貨ペアのスプレッドを大幅縮小、現在ではスプレッドの狭いFX会社として評判です。

 

通貨ペア スプレッド 順位
米ドル円
米ドル円
0.1銭 1位
ユーロ円
ユーロ円
0.4銭 2位
ポンド円
ポンド円
0.8銭 3位
豪ドル円
豪ドル円
0.4銭 1位
ユーロドル
ユーロドル
0.3pips 2位
南アフリカランド円
南アランド円
0.9銭 4位
トルコリラ円
トルコリラ円
原則固定の適用対象外 -
メキシコペソ円
メキシコペソ円
0.2銭 1位

※スプレッド調査日:2021/7/22

※現在コロナウイルスの感染拡大に伴い、スプレッドが不安定な状態が続いております。正確なスプレッドに関してはセントラル短資FX公式サイトにてご確認ください。

 

 

 

 

FX会社のスプレッドを比較する上では、各FX会社のホームページで公開されている固定スプレッドだけでなく、「スプレッドが広がる確率」と「約定力」も必ずチェックしておきましょう。

 

重要経済指標の発表時など為替相場が大きく乱れる時には、スプレッドが通常よりも広くなることがあります。

 

ホームページ上では狭いスプレッドを謳っていても、頻繁にスプレッドが大きく広がるFX会社では手数料が余分にかかります。

 

ホームページ上の固定スプレッドだけではなく、スプレッドの安定性を加味してFX会社を選択しましょう。

 

また、インターネットを介して取引を行うFXでは、クリック注文した価格から為替レートが動いて異なる価格で注文成立してしまうことがあります。

 

狙った価格で約定できなくては、いくらスプレッドが狭くても意味がありません。
FX会社の手数料を比較する上では、提示スプレッド+安定性+約定力の3点を比較することが大切です。

 

 

 

セントラル短資FXのスワップポイント

以下の表はセントラル短資FXのスワップポイント、及び18社中に占めるセントラル短資FXの順位を示したものになります。

 

通貨ペア スワップ 順位
米ドル円
米ドル円
3円 9位
ユーロ円
ユーロ円
-10円 1位
ポンド円
ポンド円
9円 1位
豪ドル円
豪ドル円
-5円 16位
南アランド円
南アランド円
80円 5位
トルコリラ円
トルコリラ円
10円 12位
メキシコペソ円
メキシコペソ円
70円 4位

※スワップポイント調査日:2021年7月22日

 


セントラル短資FX公式サイトはこちら

 

 

セントラル短資FX会社概要

セントラル短資は2001年に、名古屋短資、日本短資、山根短資の3社が合併して誕生しました。
その内の一社である山根短資は明治42年の創業、100年以上金融市場を牽引してきた老舗企業です。

 

個人向けの外国為替取引サービスを開始したのは2002年からで、他のFX会社へのシステム提供も行っています。

 

口座数 196,211(2020.12時点)
通貨ペア 25通貨ペア
最低取引通貨単位 1,000通貨単位
ロスカット 証拠金維持率100%未満
クイック入金 12行
自動売買
信託保全
自己資本規制比率 970.9%

 


FX会社おすすめランキングはこちら

ページの先頭へ戻る