セントラル短資FXで口座を開設する前に知っておくべき欠点とは?

セントラル短資FX公式サイト

 

100年以上金融市場を支えてきたセントラル短資FX、FX会社としては老舗企業になります。
しかしながら、セントラル短資FXには口座開設の前に確認しておきたい以下のようなデメリットがあります。

 

 

サポート時間が短い

セントラル短資FXのデメリットの一つに、電話問い合わせの応対時間が短いことが上げられます。

 

電話受付時間は平日の午前8時〜午後5時まで、それ以外の時間は対応時間外となっています。

 

FX初心者のうちは、注文方法やテクニカル指標の見方など、何かと利用することも多い電話サポートですが、セントラル短資FXはやや利用しづらい印象です。

 

 

 

広がりやすいスプレッド

スプレッドとは、買値と売値の差額であり、実質的にはFX会社に支払う手数料となります。

 

スプレッドは原則固定されていますが、相場が激しく動く時間帯などにおいては、スプレッドが通常よりも広くなることがあります。

 

FX会社を選ぶにあたっては、固定スプレッドが狭いだけではなく、スプレッドが広がらずに安定しているかどうかをチェックすることも大切です。

 

セントラル短資FXにおいては、他のFX会社と比較してスプレッドが広がりやすくなっています。

 

特に午前4時〜7時頃にかけては、大きくスプレッドが広がっていることもあります。

 

また、相場が暴落したタイミングでも、セントラル短資FXはスプレッドが長い時間帯広がったとの報告も多くあります。

 

スプレッドの広がりやすさは体感であり正確なデータは存在しませんが、少なくともセントラル短資FXはスプレッドが安定しているとは言えないでしょう。

 

ただし、セントラル短資FXの固定スプレッドは、他のFX会社と比べて狭い設定となっています。

 

セントラル短資FXの固定スプレッドは広いとの口コミを見ることもありますが、スプレッドが広かったのは数年前のことです。

 

セントラル短資FXでは2018年に固定スプレッドを大幅に縮小、今ではスプレッドの狭いFX会社の代表とも言えます。

 


FX会社おすすめランキングはこちら

 

 

 

セントラル短資FXのメリットとは?

セントラル短資FXには上記のようなデメリットがありますが、反対にセントラル短資FX独自のメリットや強みもあります。
セントラル短資FXが選ばれるのはナゼなのか、次はセントラル短資FXの強みについて解説していきます。

 

 

初心者でも使いやすいシンプルなツール

 

セントラル短資FXの取引画面

 

セントラル短資FXのiPhoneチャート

 

セントラル短資FXの取引画面やチャートは非常にシンプルなものになっていて、直感的に操作がしやすく、初心者でも使いやすいと評判です。

 

FX会社が提供しているツールは実に様々で、緻密なテクニカル分析を行うトレーダーに向けた難解なツールも存在します。

 

FX会社が提供するツールにはそれぞれメリットとデメリットがありますが、セントラル短資FXのツールは初心者にやさしいツールと言えます。

 

FX初心者の方だけでなく、シンプルで見やすいツールを好むトレーダーにもおすすめです。

 

 

 

未来の値動きを予測するみらいチャート

 

セントラル短資FXのみらいチャート

 

セントラル短資FXのみらいチャートは、現在のチャートを解析して、過去のチャートの形から似たものを抽出して表示してくれる機能です。

 

これから先どのようなチャートを描く可能性が高いのか、過去のデータをもとに予測して表示してくれます。

 

セントラル短資FXのみらいチャートは、テクニカル分析が苦手な初心者であっても簡単に利用することができます。

 

みらいチャートは必ずしも当たるわけではありませんが、テクニカル分析を学ぶための参考として利用してみるのも良いでしょう。

 

 

 

システムトレード(自動売買)が使える

セントラル短資FXでは、プログラムが自動で売買を繰り返すシステムトレードも提供しています。

 

国内のFX会社でシステムトレードが使えるFX会社はいくつかありますが、セントラル短資FXのシステムトレードは比較的シンプルで初心者も使いやすいと評判です。

 

セントラル短資FXのシストレはあらかじめ用意されたストラテジー(プログラム)を選ぶだけで、後は自動で取引が行われます。

 

裁量取引(手動取引)よりもスプレッドは広くなるため手数料がかかることになりますが、FXに使える時間が少ないサラリーマンの方に人気があります。

 

 

 

全国20万ヶ所の会員優待サービス

 

セントラル短資FXのクラブオフ

セントラル短資FXのクラブオフのサービス例

 

セントラル短資FXで口座を開設すると、会員限定の優待サービスを受けることができます。

 

国内・海外宿泊施設、レジャー、ショッピング、グルメ、スポーツなど、全国20万ヶ所の優待特典を、最大90%OFFで利用することができます。

 

映画館のチケットや、ガストやバーミヤンのようなファミレスなど、普段使える割引特典も豊富に取り揃えています。

 

他のFX会社にはないセントラル短資FX独自のメリットなので、サブのFX口座として持っておくのも良いでしょう。

 

 

 

お得な外貨両替サービス

FX取引以外でのメリットが多いセントラル短資FXですが、外貨両替サービスもその内の一つです。

 

海外旅行や海外出張の際には、銀行や空港の両替所で外貨両替をするのが一般的ですが、手数料は割高になります。

 

セントラル短資FXに口座を持っていると、管理画面上で外貨両替が可能で、外貨のまま出金することができます。

 

ただし、セントラル短資FXで外貨両替ができるのは、米ドル・ユーロ・ポンド・スイスフラン・豪ドル・NZドル・カナダドルに限られます。

 

また、セントラル短資FXに口座を持っていると、国内最大手の両替所トラべレックスにて、優遇レートで両替できるサービスもあります。

 

海外旅行や出張に行くことが多い方であれば、両替目的でセントラル短資FXに口座を持っておくのも良いでしょう。

 

\今なら新規口座開設で最大50万円キャッシュバック/

セントラル短資FX公式サイトへ
無料で口座開設する

 

 

 

セントラル短資FXのスプレッド

以下の表はセントラル短資FXのスプレッド、及び18社中に占めるセントラル短資FXの順位を示したものになります。
調査対象のFX会社はメジャーなFX会社と評判が良いFX会社を選出して18社としました。

 

セントラル短資FXは以前はスプレッドが広いFX会社として知られていましたが、2018年頃からほとんどの通貨ペアのスプレッドを大幅縮小、現在ではスプレッドの狭いFX会社として評判です。

 

ただし、セントラル短資FXのデメリットでもあげたように、朝方や相場が激しく動く時間帯にはスプレッドが広がりやすい傾向にあるので注意が必要です。

 

通貨ペア スプレッド 順位
米ドル円
米ドル円
0.2銭 7位
ユーロ円
ユーロ円
0.4銭 7位
ポンド円
ポンド円
0.9銭 8位
豪ドル円
豪ドル円
0.5銭 6位
ユーロドル
ユーロドル
0.3pips 2位
南アフリカランド円
南アランド円
0.9銭 8位
トルコリラ円
トルコリラ円
1.7銭 6位
メキシコペソ円
メキシコペソ円
0.2銭 1位

※スプレッドは原則固定(例外あり)、2020年9月9日時点で提供しているスプレッド。
※メキシコペソ円のスプレッドは10/2までのキャンペーンの数値です。
※現在コロナウイルスの感染拡大に伴い、スプレッドが不安定な状態が続いております。正確なスプレッドに関してはセントラル短資FX公式サイトにてご確認ください。

 

 

 

 

FX会社のスプレッドを比較する上では、各FX会社のホームページで公開されている固定スプレッドだけでなく、以下の2点も必ずチェックしておきましょう。

 

  • スプレッドが広がる確率
  • 約定力

 

スプレッドは提示された数値よりも広がることがあります。

 

重要な経済指標が発表されたタイミングは為替相場が大きく乱れ、結果としてスプレッドが通常よりも広くなります。

 

ホームページ上では狭いスプレッドを謳っていても、頻繁にスプレッドが大きく広がるFX会社では手数料が余分にかかります。

 

ホームページ上の固定スプレッドだけではなく、スプレッドの安定感を加味してFX会社を選択しましょう。

 

また、為替相場が荒れているタイミングでは、注文を出した瞬間に価格が変動してしまい、自分が意図していない価格で約定してしまうことがあります。

 

狙った価格で約定できなくては、いくらスプレッドが狭くても意味がありません。

 

FX会社の手数料を比較する上では、提示スプレッド+乖離する確率+約定力の3点を比較することが大切です。

 

 

 

 

セントラル短資FXのスワップポイント

以下の表はセントラル短資FXのスワップポイント、及び18社中に占めるセントラル短資FXの順位を示したものになります。

 

通貨ペア スワップ 順位
米ドル円
米ドル円
10円 1位
ユーロ円
ユーロ円
-8円 3位
ポンド円
ポンド円
2円 7位
豪ドル円
豪ドル円
1円 11位
南アランド円
南アランド円
20円 17位
トルコリラ円
トルコリラ円
0円 13位
メキシコペソ円
メキシコペソ円
70円 4位

※2020年9月18日時点での最新スワップポイント

 


セントラル短資FX公式サイトはこちら

 

 

 

セントラル短資FX会社概要

セントラル短資は2001年に、名古屋短資、日本短資、山根短資の3社が合併して誕生しました。
その内の一社である山根短資は明治42年の創業、100年以上金融市場を牽引してきた老舗企業です。

 

個人向けの外国為替取引サービスを開始したのは2002年からで、他のFX会社へのシステム提供も行っています。
現在セントラル短資FXの代表取締役社長を務めるのは、日銀出身の松田邦夫氏です。

 

口座数 186,682 (2019.12時点)
通貨ペア 25通貨ペア
最低取引通貨単位 1,000通貨単位
ロスカット 証拠金維持率100%以下
クイック入金 11行
決済前のスワップ引出し
自動売買
スキャルピング
デモトレード システムトレードのみ
信託保全
自己資本規制比率 943.4%

 


FX会社おすすめランキングはこちら

 

ページの先頭へ戻る