JFXのMT4の特徴を解説!

JFXのMT4

 

ロシアのメタクオーツ社が開発・提供するMT4。世界中のFXトレーダーから絶大な人気を誇るFX取引・分析ツールです。

 

MT4が使えるFX会社には、YJFX!やFXトレード・フィナンシャルなど国内にも数社ありますが、そのうちの一社がJFXです。

 

JFXのMT4が他社と比較して優れているのはどのような点なのか?こちらのページでは、JFXのMT4の強みやメリットについて解説します。

 

 

JFXオリジナルインジケーターを使える!

MT4は、基本的にはどのFX会社で利用しても機能やデザインは同じになります。しかし、根本的な機能以外の「付加価値」は、各社のMT4でそれぞれに強みや特徴があります。

 

JFXのMT4に関して言えば、以下のオリジナルインジケーターを無料で提供しているのが最大のメリットです。

 

  • 東京時間
  • 小林芳彦Twitter
  • 10秒足チャート
  • タイムゾーンレンジ
  • GMMA
  • RCI
  • 70ティック足チャート
  • MACD
  • スパンモデル
  • スーパーボリンジャー
  • DMI
  • RVI
  • HLバンド
  • 乖離率

 

JFXのMT4では、上記のオリジナルインジケーターを無料でダウンロードして利用することができます。
上記のJFXオリジナルインジケーターの中でも、おすすめのインジケーターについて一部を詳しくご紹介します。

 

東京時間

MT4はロシアで開発された取引ツールのため、デフォルトではロシア時間でチャートが表示されます。

 

JFXのMT4であれば、JFXのオリジナルインジケーター「東京時間」を追加することで、日本時間に変更することが可能です。

 

時間表示のフォントサイズの変更などカスタマイズにも対応しています。

 

小林芳彦Twitter

JFXの代表取締役を務める小林芳彦氏は、元はプロの為替ディラーとして活躍していた人物です。

 

小林社長は自身でもFX取引を行なっていて、取引内容から今後の売買方針までTwitterで惜しみなく公開しています。

 

プロの為替ディーラーの取引は非常に参考になると、小林社長の解説動画を見るためにJFXで口座開設をするFXトレーダーもたくさんいます。

 

「小林芳彦Twitter」のインジケーターを使うと、小林社長のツイートがMT4に表示されます。

 

トレード戦略や売買方針が頻繁にツイートされるので、MT4チャートと照らし合わせながらトレード戦略を立てることができます。

 

10秒足チャート

JFXのMT4では、10秒足チャートの表示が可能です。
秒足チャートを表示できるチャート分析ツールは希少で、スキャルピングのような超短期売買にはおすすめの足種です。

 

インジケーターの名称は10秒足チャートですが、1秒足や5秒足、30秒足など様々なタイムスパンで表示することが可能です。

 

タイムゾーンレンジ

JFXのMT4チャートは、ニューヨークやロンドンなど市場によって時間帯を色分け表示できます。

 

 

JFXはツールのバージョンアップが多い

JFXでは、MT4を含む取引ツールのバージョンアップやアップデートを頻繁に行っています。

 

メールや問い合わせで顧客の要望を取り入れて、MT4をはじめとした取引ツールのバージョンアップに反映させています。

 

取引ツールのバージョンアップが毎月ペースで行われるJFXなので、今後も新たなインジケーターが提供される期待感があります。

 

 

MT4初心者にも安心のサポート

JFXは公式にMT4を提供しているFX会社で、日本語での電話サポートも受けられるため、MT4を初めて使う初心者の方にも評判です。

 

MT4の使い方マニュアルや活用術などのコンテンツも豊富なので、MT4がはじめての方でも安心です。

 

\今なら新規口座開設で最大10万円キャッシュバック/

JFX公式サイトへ
無料で口座開設する

 

 

JFXのMT4のデメリット

JFXのMT4には、他のFX会社が提供しているMT4と比較して劣る点もいくつかあります。
JFXで口座開設する前に、知っておきたいデメリットについて解説します。

 

JFXのMT4は注文機能に非対応

JFXのMT4はチャート分析専用ツールとなっており、実際に発注することはできません。

 

従って、MT4ではチャート分析のみを行い、発注やポジション管理はJFXの取引ツールを使うことになります。

 

注文はできないので当然ながらEA(自動売買)にも対応していません。

 

とは言え、MT4の注文機能は使いにくいとの口コミも多く、MT4ではチャート機能しか利用しないトレーダーも多くいます。

 

JFXの取引ツール「MATRIX TRADER」には、複数の画面パネルを開いても後ろに隠れることがない「最前面表示機能」があります。

 

MT4とMATRIX TRADERを同時に開いて、最前面表示機能を活用することで、MT4で注文しているような環境を構築することができます。

 

JFXのMT4とマトリックストレーダーの併用例

 

JFXのMATRIX TRADERは、約定スピードが早く連打注文も可能です。
素早い注文が行いやすいように考えられた取引ツールなのでスキャルピングにもおすすめです。

 

 

スマホアプリがない

JFXのMT4はPC専用の取引ツールとなっていて、iPhone及びAndroidスマートフォンでは利用できません。
また、MacやiPadでもMT4は利用不可となっています。

 

 

デモトレードができない

JFXのMT4ではデモ口座がありません。JFXのMT4を利用するためにはJFXで口座開設が必要となります。
なお、JFXのスタンダードな取引ツール「MATRIX TRADER」ではデモトレードが利用可能です。

 

 

スキャルピングOKのJFX

 

JFX公式サイト

 

特徴と評価ポイント
  • スキャルピング公認
  • 業界屈指の約定力
  • 高機能カスタマイズの取引ツール
  • 現役トレーダー社長が売買方針配信
  • 毎月キャンペーン開催

 

JFXサービス概要
米ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円
0.2銭 0.4銭 1.0銭 0.6銭
手数料 取引単位 通貨ペア キャンペーン
無料 1,000通貨 26通貨 口座開設で最大10万円キャッシュバック

※スプレッドは原則固定・例外あり(ユーロ円を除く)

 

ページの先頭へ戻る