野村證券で口座開設する前に知っておくべき欠点とは?

証券会社としては国内最大手となる野村證券ですが、FXなら野村證券は選ばないというトレーダーもいます。

 

野村證券を選択しないFXトレーダーはなぜそう判断するのか、野村證券のデメリットについて以下に解説していきます。

 

 

スプレッドが広い

 

スプレッド

 

スプレッドとは買値と売値の差異のことで、FXにおける実質的な手数料となっています。

 

野村證券の最大のデメリットはスプレッドが広いこと、つまりは実質的な手数料が高いことです。

 

スプレッドは狭ければ狭いほうが買値と売値の価格差が少ないため、トレーダーにとっては有利になります。

 

野村證券のスプレッドは、スプレッドが狭いFX業者と比較して、米ドル円にしておおよそ10倍程度となっています。

 

また、経済指標の発表時など相場が荒れるタイミングでは、さらにスプレッドが大きく広がる可能性があります。

 

野村證券のFXに関するネガティブな口コミでも、スプレッドの広さが最も目立ちます。

 

 

 

取り扱い通貨ペアが少ない

野村證券のFXで取引できる通貨ペアは12種類、ほとんどのFX業者では20〜30種類の通貨ペアを提供していることを考えると、野村證券の通貨ペアはかなり少ないと言えます。

 

通貨ペアの数は多ければ多いほど、取引チャンスに遭遇する機会は増えます。

 

また、高金利通貨ペアとして人気の高いトルコリラやメキシコペソの取り扱いがない点も野村證券の欠点と言えます。

 

 

 

1,000通貨単位から取引できるのは4通貨ペアのみ

多くのFX会社では、少ない資金でもFXを始められるように、最少取引通貨単位を1,000通貨単位としています。

 

一方で、野村證券のFXで1,000通貨単位から取引ができるのは、米ドル円、ユーロ円、英ポンド円、豪ドル円の4通貨ペアに限られています。

 

その他大半の通貨ペアに関しては、最少取引単位が1万通貨単位となっています。

 

FX初心者の方や少額資金で取引したい方には、全通貨ペアを1,000通貨単位から取引できるFX会社をおすすめします。

 

 

 

コールセンターの受付時間が短い

野村證券ではFXに関する問い合わせは、FX専用ダイヤルにて受け付けています。

 

FX専用ダイヤルは一般の問い合わせよりも受付時間が短くなっており、土日祝を除く平日8:40〜17:10までとなっています。

 

しかしながら、FXは24時間取引が可能で、夜間であっても為替レートは常に変動しています。

 

夕方以降は電話がつながらないのは、野村證券のFXを利用する上での不安要素と言えます。

 

一方で、多くのFX業者においては、24時間対応のコールセンターを設けています。

 

 

 

野村證券は大口取引には適さない

ほとんどのFX会社では、一度に発注できる上限額が定められています。

 

野村證券の一回の注文上限額は、通貨ペアによっては50万通貨までとなっています。

 

多額の資金を投じる大口トレーダーには、野村證券のFXはやや不便に感じるかもしれません。

 

 

 

 

野村證券のメリット

野村證券には他社と比較して様々な欠点が存在しますが、反対に他のFX会社には無い強みや特徴もあります。

 

次に、野村證券が他社に優るメリットについて解説していきます。

 

 

大手証券会社の安心感

野村證券は言わずと知れた国内最大手の証券会社、多くの投資家や顧客からの信頼を勝ち取っています。

 

FXに関する決定的な強みとも言えませんが、野村證券の名前に安心を感じる方もいらっしゃるでしょう。

 

しかしその一方で、野村證券の自己資本規制比率は、他のFX業者や証券会社と比較してかなり低い数値となっています。

 

自己資本規制比率とは、証券会社の財務状況の健全性を測る指標の一つです。

 

数値が高ければ高いほど、企業の経営状況が健全であると判断されます。

 

 

 

売買シグナルチャート

 

野村證券の売買シグナルチャート

 

野村證券の売買シグナルチャートは、現在のチャートの形を自動分析して、過去のチャートの形から似たものを抽出して表示してくれます。

 

これから先どのようなチャートを描く可能性が高いのか、過去のデータをもとに予測して表示してくれます。

 

とは言え、売買シグナルチャートのようなツールは野村證券に限らず、多くのFX会社で提供されています。

 

売買シグナルチャートを利用したいということなら、取引条件も良いヒロセ通商FXTFも検討してみると良いでしょう。

 

 

 

野村證券に関するQ&A

取引時間は何時から何時までですか?

月曜日AM7:20〜土曜日AM6:55となります。
サマータイム適用時の夏時間は、月曜日AM7:20〜土曜日AM5:55です。
また、以下の時間帯にはシステムメンテナンスが実施されます。
火曜日〜金曜日AM6:55〜AM7:10(サマータイム期間はAM5:55〜AM6:10)

 

取引手数料はかかりますか?

取引に必要となる手数料はありません。スプレッドが実質的に野村證券に支払う取引手数料ということになります。

 

 

 

野村證券のFXの総評

野村證券のFXの最大のデメリットは、やはり何と言っても実質的な手数料が高いことです。

 

反対に、他のFX専業業者や証券会社に比べて、野村證券のFXには突出したメリットは見当たりません。

 

野村證券は総合的な資産運用にはおすすめですが、FXであればやはりFXサービスに特化した専業業者の方が、環境や条件は優れていると言えます。

 


FX会社おすすめランキングはこちら

 

 

ページの先頭へ戻る