じぶん銀行の評判は?メリット・デメリットを解説

じぶん銀行FX公式サイト

 

革新的なサービスで顧客を集めるじぶん銀行では、FX取引サービスの「じぶん銀行FX」も提供しています。

 

こちらのページでは、じぶん銀行でFXを始める前に知っておきたいメリットやデメリット、サービスの特徴などについて徹底解説!
さらに、独自に募集したじぶん銀行FXに関する口コミや評判についても紹介していきます。

 

この記事の監修者

監修者の水上紀行


水上 紀行
バーニャ マーケット フォーカスト代表
1978年三和銀行(現、三菱UFJ銀行)入行。1983年よりロンドン、東京、ニューヨークで為替ディーラーとして活躍。 東京外国為替市場で「三和の水上」の名を轟かす。1995年より在日外銀において為替ディーラー及び外国為替部長として要職を経て、現在、外国為替ストラテジストとして広く活躍中。長年の経験と知識に基づく精度の高い相場予測には定評がある。著書はこちら
Twitter:@mizukamistaff
ブログ:Banya Market Forecast オフィシャルサイト
メルマガ:水上紀行FXマーケットフォーカスト

 

 

じぶん銀行FXのデメリットと注意点

大手インターネット銀行のじぶん銀行ですが、FXをするならじぶん銀行は選ばないというトレーダーもいます。

 

じぶん銀行を選択しないFXトレーダーはなぜそう判断するのか、じぶん銀行FXのデメリットについて以下に解説していきます。

 

 

スプレッドが広い

スプレッドとは買値と売値の差異のことです。じぶん銀行は他の証券会社やFX会社と比較して、スプレッドがかなり広くなっています。

 

例として、じぶん銀行の米ドル円のスプレッドは2銭程度(通常コースの場合)となっていますが、スプレッドが狭いFX会社では0.2銭と、10分の1程度のコストとなっています。

 

スプレッドはFXにおける実質的な手数料です。全く同じトレードをしていても、スプレッドは狭ければ狭い方がトレーダーにとっては有利です。

 

また、相場が激しく乱高下する時間帯や、取引参加者が少なくなる早朝には、じぶん銀行のスプレッドは平常時よりもさらに広くなります。

 

FXの手数料を少しでも安く抑えたい方は、じぶん銀行以外のFX会社を検討してみることをおすすめします。

 

 

 

スワップポイントは非公開

スワップポイントとは、2種類の通貨間の金利差のことを言います。

 

日本円のような低金利通貨を売って、高金利通貨を買った場合には、金利の差額を毎日受け取ることができます。

 

新生銀行のスワップポイントとは

 

 

反対に低金利通貨を買って高金利通貨を売った場合には、金利の差額を毎日支払うことになります。

 

じぶん銀行では、スワップポイントの受け取り額よりも支払い額の方が高く設定されているため、トレーダーよりも銀行の方が有利になっています。

 

一方で、DMM FXのように売りスワップと買いスワップが同程度の水準に設定されているフェアなFX会社もあります。

 

中長期の取引がメインとなるなら、支払いのスワップポイントが大きな負担となるじぶん銀行はおすすめできません。

 

また、じぶん銀行FXのスワップポイントは公式サイト上では非公開となっていて、FX口座を開設するまでは確認できません。

 

スワップポイントの条件が良いFX会社では、例外なく公式サイト上でスワップポイントを公開しています。
この点に関して、じぶん銀行FXは透明性に欠けているとも言えるでしょう。

 

スワップポイントはFX取引に関する重要な条件なので、非公開については改善を期待したいところです。

 

 

 

取り扱い通貨ペアが少ない

じぶん銀行FXで取引できる通貨ペアは13種類、各FX会社や証券会社と比較すると極めて少ないと言えます。

 

ほとんどのFX会社では、20〜30種類の通貨ペアを提供しています。

 

通貨ペアの種類は多ければ多いほど、取引チャンスに遭遇する機会も増えます。

 

 

低評価のスマホアプリ

じぶん銀行を含む各FX会社では、スマートフォンで取引できるスマホアプリを提供しています。

 

外出先で口座確認や注文をする機会が多い方には、スマホアプリの使い勝手や機能性は重要なポイントと言えますが、じぶん銀行FXのスマホアプリの口コミは決して良いとは言えません。

 

App StoreやGoogle playのレビューには低評価のコメントも多く、アプリが使いにくいという口コミだけでなく、取引条件に関するレビューも多く見られます。

 

 

 

サポートの対応時間が短い

じぶん銀行のデメリットとして、サポートの対応時間が短いことも上げられます。

 

サポートの受付時間は平日の9時〜17時まで、夜間にトラブルが起こった場合には、「よくある質問」などを参照して自力で解決することになります。

 

FX初心者にとっては、取引ツールの使い方や為替分析など、何かと利用することが多い電話サポートです。

 

これからFXを始める方には、24時間サポートのFX会社をおすすめします。

 

 

PCではデモトレードができない

ほとんどのFX会社では、バーチャルでFXトレードを体験できるデモトレード口座を提供しています。

 

実際に自己資金でFXを始める前に、FX取引を体験したり練習することができます。

 

じぶん銀行はスマホアプリのみデモトレードに対応しており、PCではデモトレードができません。

 

じぶん銀行のPC取引ツールを体験するためには、口座開設をして資金を入金する必要があります。

 

じぶん銀行でFXを始めるにしても、他のFX会社の無料デモ口座を利用して注文方法などに慣れておくのも良いでしょう。

 

厳選!
FX会社おすすめランキング ≫

 

 

じぶん銀行FXのメリットと特徴

じぶん銀行FXには、他のFX会社には無い強みや特徴もあります。

 

次に、じぶん銀行FXが他社に優るメリットについて解説していきます。

 

 

AI外貨予測

 

じぶん銀行FXのAI外貨予測

 

じぶん銀行FXの最大の特徴とも言えるのが、過去の為替相場からこれからの為替変動をAIが分析する「AI外貨予測」です。

 

1時間後、1営業日後、5営業日後の為替レートが上がるのか下がるのか、AIが予測して表示してくれます。

 

為替が上がると予測した場合には緑、下がると予測した場合には赤と、非常にシンプルでFX初心者にも馴染みやすいツールです。

 

とは言え、AI外貨予測の情報だけを元に取引を行うのは非常に危険な行為で、到底おすすめはできません。

 

他社でも同様のツールが提供されていることがありますが、予測ツールはあくまでも参考程度に利用することをおすすめします。

 

 

じぶん銀行FXの口コミ・評判

 

口コミ

 

クラウドソーシングを利用して、じぶん銀行FXに関するレビューを募集しました。
じぶん銀行FXを実際に利用してみた感想について回答を頂きました。

 

※口コミの募集にはクラウドソーシングサービスのランサーズを利用しています。

※ご紹介している口コミは、口コミを提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスについていかなる保証をするものでもありません。

FXトレードをする上では買値と売値の差異であるスプレッドが非常に重要になりますが、じぶん銀行は比較的広いので、コストは高いと考えておく方が良いです。銀行系は簡単に利用できて始めやすい分、コストは高いところが多いです。その他の条件や取引プラットフォームについては概ね問題ありません。(40代|FX歴5年)

サイトがシンプルで分かりやすかったです。取扱のある通貨ペアは12種類と控えめなので、ビギナーさん向けのサービスと言えます。AIが為替動向を予測してくれるツールが使えるので、FXがはじめての方はじぶん銀行で腕を磨くのも良いです。(40代|FX歴3年)

ネット銀行の中ではやや知名度で劣るかも知れませんが、三菱UFJ銀行の系列なので信頼度は十分です。少額取引のミニコースでは、数万円の資金でも十分にFXを楽しめるので、練習にはちょうど良いです。スプレッドが広いという欠点もありますが、証券会社はハードルが高いと感じる方には始めやすいです。(30代|FX歴2年)

 

じぶん銀行FXの取引コース

じぶん銀行FXには、ミニ、通常、大口と3つのコースがあり、利用者はコースを選択した上で取引をします。
それぞれのコースの主な違いは取引単位です。

 

取引単位
ミニ 1,000
通常 1万
大口 10万(110万通貨以上)


 

新規注文1回あたりの上限
ミニ 9,000通貨まで
通常 100万通貨まで
大口 300万通貨まで

※ランド円のみ別条件となります。

 

 

ミニコースは1,000通貨単位から取引できるので、少額資金でFXを始めたい方に適しています。

 

ただし、新規注文1回あたりの上限が9,000通貨までとなっているので、ある程度FXに慣れてくると上限が煩わしく感じるでしょう。

 

一方で、多くのFX会社では取引コースの区別はなく、1回の注文で1,000通貨単位〜100万通貨単位程度まで自由に取引できるようになっています。

 

コースによって下限や上限が決められているのは、やや使い勝手が悪いとも言えます。また、スプレッドもコースによって異なるので注意が必要です。

 

 

じぶん銀行FXの取引ツール

じぶん銀行のFX取引は、パソコンまたはスマートフォンで行います。
PC用のFX取引ツール2種類に加えて、スマホアプリが1種類提供されています。

 

 

ウェブブラウザ版取引ツール

 

じぶん銀行FXのブラウザ版取引プラットフォーム

 

じぶん銀行のインターネットバンキングにログインして、FXのメニューから起動する取引ツールです。
次に紹介するインストール版よりも比較的シンプルな取引ツールなので、FX初心者の方におすすめとも言えます。
WindowsだけでなくMacにも対応しています。

 

PCアプリ

 

じぶん銀行FXのインストール版取引プラットフォーム

 

パソコンにソフトをインストールして使うタイプの取引ツールです。
画面に表示する機能を自由にカスタマイズできるので、ある程度FXに慣れている中級者以上におすすめです。
ただし、Macには非対応となっています。

 

 

スマホアプリ

 

じぶん銀行FXのスマホアプリ

 

スマートフォン向けの取引アプリで、iPhoneとAndroidに対応しています。
じぶん銀行FXのデメリットで前述した通り、評判としてはそれほど良くはなく、チャートの機能性が低いというネガティブな口コミが見られます。

 

 

じぶん銀行FXの口座開設の流れ

 

口座開設の流れ

 

STEP1

口座開設フォーム入力

じぶん銀行FXで口座開設をするには、まず初めにじぶん銀行FXの口座申し込みフォームに必要事項を入力します。

 

 

STEP2

必要書類の提出

スマホアプリもしくはパソコンを使ってマイナンバーをアップロードします。(郵送も可)必要書類の提出をもって、口座開設の申し込みは完了となります。

 

 

STEP3

口座開設通知の受取

じぶん銀行にてマイナンバー書類が確認されると、ご登録のメールアドレスに通知が届き口座開設完了となります。

 

 

STEP4

入金後取引開始

じぶん銀行の普通預金口座からFX口座へ振替入金をすると、いよいよお取引スタートとなります。

 

じぶん銀行のFX口座を開設するには、まずはじめにじぶん銀行の普通預金口座を開設しておく必要があります。
普通預金口座をお持ちでない方は、まず初めにじぶん銀行の普通預金口座の開設をお願いします。

 

 

じぶん銀行FXに関するQ&A

取引時間は何時から何時までですか?

月曜日AM7:00〜土曜日AM6:50となります。
サマータイム適用時の夏時間は、月曜日AM7:00〜土曜日AM5:50です。
また、以下の時間帯にはシステムメンテナンスが実施されるため注文を受け付けていません。
火曜日〜金曜日AM6:50〜AM7:10(サマータイム期間はAM5:50〜AM6:10)

最低取引金額はいくらからですか?

選択するコースによって異なりますが、最も少額資金向けのミニコースの場合1,000通貨単位からお取引ができます。

取引手数料はかかりますか?

取引に必要となる手数料はありません。スプレッドが実質的にじぶん銀行に支払う取引手数料ということになります。

 

 

じぶん銀行の会社概要

じぶん銀行は、KDDIと三菱UFJ銀行が共同で出資して設立されたインターネット専業銀行です。
実店舗を持たず、インターネット上のみで銀行業務を行っています。

 

通貨ペア 13通貨ペア
最低取引通貨単位 1,000通貨単位〜
デモトレード
信託保全

 

じぶん銀行FXの総評

じぶん銀行は、ネット銀行としては多くの革新的なサービスを提供していますが、FXをお取引するにはおすすめはできません。

 

FXのコストにあたるスプレッドが広く、取引ツールの使い勝手や機能性についてもネガティブな口コミが見られます。

 

FX会社を選ぶ上での重要なポイントにおいて他社よりも劣っているので、他のFX会社や証券会社も再度検討してみることをおすすめします。

 


FX会社おすすめランキングはこちら

ページの先頭へ戻る