インヴァスト証券〜2つのFX口座の違いと特徴

トライオートFX公式サイト

 

インヴァスト証券では、「トライオートFX」と「くりっく365」の2種類のFX口座を提供しています。
インヴァスト証券でFX口座を開設する前には、2つのFX口座の違いと特徴をしっかりと理解しておきましょう。

 

※シストレ24は2021年3月21日を持ってサービス終了となりました。

 

トライオートFX

トライオートFXでは、手動で取引を行う裁量取引に加えて、プログラムを選択するだけで稼働できる自動売買も利用できます。

 

プログラムは収益率でランキング表示されているので、初心者の方でもプログラムを選びやすいのが特徴です。

 

過去にどのプログラムがどのくらいの損益だったのか、取引画面から確認できる透明性の高さがトライオートFXの魅力です。

 

プログラムを選択すればあとは取引量を決めるだけで自動売買を始めることができます。

 

プログラムがランキング表示されていることでFXに関する知識を必要としないため、FX初心者でも上級者でも同じ条件でプログラムを選択することができます。

 

プログラムの中には収益率160%を超えるものもあり、FXの知識やトレードスキルに自信がない初心者の方であっても、インヴァスト証券の自動売買では高い収益率に期待できます。

 

 

 

 

くりっく365

インヴァスト証券では、くりっく365のFX口座を開設することもできます。

 

くりっく365とは、東京金融取引所が取り扱っているFXのことで、インヴァスト証券はあくまでも注文を取り繋ぐだけとなります。

 

取引方法としては手動で取引を行う裁量取引となります。

 

インヴァスト証券の手動取引なら、トライオートFXとくりっく365のどちらが良いのか、メリットとデメリットを比較してみましょう。

 

 

 

 

シストレ24とトライオートFXの違い

 

シストレ24は、2021年3月21日を持ってサービス終了となりました。

 

インヴァスト証券では、過去にシストレ24という自動売買専用のFX口座も提供していました。
シストレ24とトライオートFXはどちらも自動売買を基本とするFX口座なので、違いが分かりにくいとの声もあります。
シストレ24とトライオートFXにはどのような違いがあるのか、以下に解説していきます。

 

設定型と選ぶだけの完全自動売買

シストレ24とトライオートFXの大きな違いは、シストレ24が完全自動売買なのに対して、トライオートFXはリピート型という点です。

 

トライオートFXは、主にレンジ相場で効果を発揮するリピート系の自動売買です。

 

為替相場の約7割はレンジ相場と言われていますが、インヴァスト証券のトライオートFXはレンジ相場との相性が良い自動売買です。

 

 

ストラテジーのロジックの違い

シストレ24とトライオートFXの違いとして、ストラテジーのロジック、つまりプログラム内容の違いもあげられます。

 

トライオートFXはシンプルなロジックのストラテジーがほとんどで、ロジックの内容も利用者に公開されています。

 

ある程度為替予測ができる方であれば、トライオートFXでは為替相場に合うロジックを選択することができます。

 

対してシストレ24のストラテジーには、緻密で高度なロジックで構成されているものが多く、ロジックの内容は非公開となっています。

 

例えロジックを公開されたとしても、プロの為替トレーダーや物理学者が作成したロジックは、非常に難解で理解するのは難しいでしょう。

 

シストレ24ではどのようなロジックで動くのかは分からないので、過去の取引実績や結果から、どのような相場に強くどの程度の利益幅を狙うストラテジーなのか予測することになります。

 

 

スプレッドの違い

トライオートFXのスプレッドは業界最安水準となっていて、全ての通貨ペアにおいて狭い設定となっています。

 

それに対してシストレ24のスプレッドは固定制ではなく変動するため、○○銭という数値がありません。

 

シストレ24は非常に高度なストラテジーを用いているため、利用料が間接的にスプレッドに加算されているといったところです。

 

ただし、トライオートFXは0.3銭と狭いスプレッドである代わりに、自動売買の利用に手数料がかかります。

 

取引数量 新規 決済 1,000通貨あたり
1万通貨未満 2.0pips 2.0pips 片道20円
1万通貨以上10万通貨未満 1.0pips 1.0pips 片道10円
10万通貨以上50万通貨未満 0.5pips 0.5pips 片道5円
50万通貨以上 無料 無料 無料



5,000通貨単位でトライオートFXの自動売買を利用した場合、往復で4pipsの手数料がかかります。

 

つまり、トライオートFXでドル円を5,000通貨単位取引した場合の実質的な手数料は以下のようになります。

 

スプレッド0.3銭+手数料4銭=4.3銭

 

ドル円の取引量が1万通貨単位の場合には、手数料は以下のようになります。

 

スプレッド0.3銭+手数料2銭=2.3銭

 

少額取引の場合には、シストレ24の方が手数料が若干安い可能性があります。

 

しかし1万通貨単位以上の取引においては、トライオートFXの方が手数料は安くなります。

 

シストレ24のストラテジーは非常に高度なものが多いため、自動売買の利用料と考えるのが良いでしょう。

 

 

最低取引通貨単位の違い

シストレ24は最低取引通貨単位が5,000通貨単位、それ以上は1,000通貨単位刻みで選択することができます。

 

対してトライオートFXは最低取引通貨単位が1,000通貨単位なので、ローリスクローリターンの取引が可能です。

 

この点に関しては、トライオートFXの方が初心者にやさしいFX口座と言えそうです。

 

 

裁量取引の可否

ストラテジーが自動的に売買を繰り返すのがシステムトレード、それに対して人間が手動で取引を行うのが裁量取引です。

 

シストレ24は自動売買専門のFX口座ですが、トライオートFXは自動売買に加えて裁量取引も可能です。

 

トライオートFXであれば幅広い取引に対応できます。

 

シストレ24 トライオートFX くりっく365

サービス名

シストレ24 トライオートFX くりっく365

最小単位

5,000通貨 1,000通貨 10,000通貨

スプレッド

変動制 原則固定 変動制

自動売買

×

通貨ペア数

27

17

25

公式HP

公式HPへ

公式HPへ

公式HPへ

 

シストレ24は、2021年3月21日を持ってサービス終了となりました。
上記のシストレ24に関する情報はあくまでも過去の情報となりますのでご注意ください。
インヴァスト証券の自動売買であれば、2020年7月にリニューアルしたトライオートFXをご検討ください。

 

 

インヴァスト証券でFX口座を開設する前に知っておくべき欠点とは?

インヴァスト証券と言えばトライオートFXと言うほど自動売買では評判のFX会社ですが、インヴァスト証券では口座開設をしないというFXトレーダーもたくさんいます。
インヴァスト証券が選ばれない理由とは?

 

 

デモトレードができない

インヴァスト証券では2種類のFX口座が用意されていますが、どちらのFX口座でもデモトレードを利用することはできません。

 

デモトレードでは実際に取引ツールを使って練習ができるので、初めて使うFX会社ではデモトレードを利用したいところです。

 

インヴァスト証券を試してみるなら、まずは1,000通貨単位から取引ができるトライオートFXで少額から取引してみると良いでしょう。

 

 

電話応対時間が短い

インヴァスト証券の電話によるサポート対応時間は、土日を除く午前9時〜午後5時までとなっています。

 

それに対して、最近では多くのFX会社が24時間電話サポートに対応しています。

 

取引が活発になるニューヨーク時間にトレードしたい人や、日中は仕事をしている人にとっては、インヴァスト証券の電話サポートは不便に感じるかもしれません。

 

とは言え、インヴァスト証券の顧客対応に関する口コミ評判に関してはそれほど悪くはありません。

 

 

 

インヴァスト証券は手数料が高い?

インヴァスト証券の「トライオートFX」は人気が高く評判の良いFX口座ですが、欠点としては取引手数料がかかります。

 

とは言え、自動売買に手数料がかかるのはインヴァスト証券だけではないので、インヴァスト証券の大きなデメリットとまでは言えないところです。

 

また、インヴァスト証券では自動売買であっても業界最狭水準のスプレッドで取引ができるので、実質的なコストはそれほど高くはありません。

 

\今なら新規口座開設で最大5万円キャッシュバック/

インヴァスト証券公式サイトへ
無料で口座開設する

 

 

インヴァスト証券の強みとは?

FXトレーダーの中には、インヴァスト証券をメインのFX口座として利用している方もいます。
インヴァスト証券には、他のFX会社には無い強みや特徴があります。
続いてインヴァスト証券が他社に優るメリットについて解説していきます。

 

 

収益率160%超えの自動売買

インヴァスト証券の自動売買口座トライオートFXでは、あらかじめ設定されたプログラムを選択するだけで自動売買を始めることができます。

 

自動売買プログラムはランキングでリスト表示されているので、収益率の高いプログラムを選択しやすいのが特徴です。

 

自動売買プログラムの中でも評判の良い【コアレンジャー_スイスフラン/円】では、2018年1月〜2020年6月30日におけるシミュレーションで160%を超える収益率を達成しています。

 

FXの知識やトレードスキルに自信がない初心者の方であっても、インヴァスト証券の自動売買では高い収益率に期待できます。

 

プログラムはカスタマイズすることも可能で、実際に稼働させる前にシミュレーションで試すことができます。

 

 

自動売買でも最狭水準スプレッド

インヴァスト証券のトライオートFXでは、マニュアルでも自動売買でも業界最狭水準のスプレッドで取引ができます。

 

通貨ペア スプレッド
米ドル円
米ドル円
0.3銭
ユーロ円
ユーロ円
0.5銭
ポンド円
ポンド円
1.0銭
豪ドル円
豪ドル円
0.6銭
ユーロドル
ユーロドル
0.3pips
南アフリカランド円
南アランド円
1.8銭
トルコリラ円
トルコリラ円
1.5銭

※スプレッド調査日:2021/6/1

※現在コロナウイルスの感染拡大に伴い、スプレッドが不安定な状態が続いております。正確なスプレッドに関してはトライオートFX公式サイトにてご確認ください。


全社スプレッド一覧はこちら

 

自動売買ではスプレッドを広く設定しているFX会社もありますが、トライオートFXでは上記のスプレッドが自動売買にも適用されます。

 

インヴァスト証券では裁量取引でも自動売買でもコストを抑えた取引ができます。

 

 

安心の上場企業

インヴァスト証券はJASDAQ上場の大手企業です。

 

GMOクリック証券などと比較すると知名度が劣る印象もありますが、自動売買のFX口座としては評判が良く、自動売買の口座数では国内でトップを争う人気FX会社です。

 

 

ポイント還元で積立資金が貯まる

インヴァスト証券には、自動積立の「マネーハッチ」というサービスがあります。

 

インヴァスト証券のFX口座で1万通貨単位取引するたびに、1円がマネーハッチの積立資金としてキャッシュバックされます。(最低取引単位が10万通貨の通貨ペアは10万通貨あたり1円)

 

インヴァスト証券のマネーハッチの流れ

 

1万通貨単位あたり1円と還元率は決して高いとは言えませんが、ポイント還元のないFX会社が大半を占めることを考えると、インヴァスト証券の強みの一つと言えるでしょう。

 

インヴァスト証券以外にポイント還元のあるFX会社にはDMM FXYJFX!などがあります。

 

\今なら新規口座開設で最大5万円キャッシュバック/

インヴァスト証券公式サイトへ
無料で口座開設する

 

 

インヴァスト証券のFX口座開設の流れ

インヴァスト証券口座開設の流れ

 

STEP1

お申込と必要書類の提出

インヴァスト証券でFXを始めるには、まず初めにインヴァスト証券公式サイトの口座開設お申込みページへ進み、必要事項を入力します。
お申込み後、インヴァスト証券にマイナンバー書類と本人確認書類を提出します。Webアップロード・メール添付・郵送・FAXのいずれかの方法で必要書類を提出します。

 

 

STEP2

口座開設通知の受け取り

インヴァスト証券の口座開設審査に通ると、お申し込み時に入力した住所にログインIDとパスワードが記載された書類が送られてきます。

 

 

STEP3

入金後取引開始

インヴァスト証券指定の銀行口座に振込、またはクイック入金にてFX口座に入金すると、いよいよインヴァスト証券でのFX取引がスタートとなります。

 

 

インヴァスト証券に関するQ&A

手数料はかかりますか?

トライオートFXの自動売買のみ、所定の手数料がかかります。くりっく365では取引手数料は無料となっています。また、全てのFX口座において、口座維持や口座開設に必要となる手数料はありません。FX口座に銀行振込で入金する際には振込手数料が必要となりますが、クイック入金を利用すれば振込手数料も無料となります。

FX取引はいくらからできますか?

インヴァスト証券の最低取引金額は、トライオートFXは1,000通貨単位、くりっく365は10,000通貨単位となります。

未成年でも口座開設できますか?

インヴァスト証券の口座開設可能年齢は、満20歳以上80歳以下となっています。未成年の方はインヴァスト証券で口座開設することはできません。

取引時間は何時から何時までですか?

インヴァスト証券の取引時間は、各FX口座によって異なります。詳しくは、口座開設を検討しているFX口座の詳細解説ページをご参照ください。

 

インヴァスト証券の会社概要

インヴァスト証券は1960年に設立された老舗の証券会社です。

 

神戸淡路大震災の後には、社名をKOBE証券に変更したことで話題を呼びました。

 

FX取引で還元されたポイントをNPO団体に寄付できるサービスを提供するなど、社会貢献に積極的な点にも好感のもてるFX会社です。

 


FX会社おすすめランキングはこちら

ページの先頭へ戻る