インヴァスト証券〜4つのFX口座の違いと特徴

インヴァスト証券公式サイト

 

インヴァスト証券では、全部で4種類のFX口座を提供しています。
インヴァスト証券でFX口座を開設する前には、4つのFX口座の違いと特徴をしっかりと理解しておきましょう。

 

 

インヴァスト証券シストレ24

インヴァスト証券が提供するシストレ24とは、名前の通りシステムトレード(自動売買)を基本とするFX口座です。

 

インヴァスト証券が評価されているのは、完全自動売買のシストレ24と、ある程度自分で設定できるタイプの自動売買トライオートFXの2つのFX口座です。

 

インヴァスト証券なら自動売買のシストレ24とトライオートFXと言うほど、インヴァスト証券は自動売買が評判のFX会社です。

 

シストレ24では、ストラテジー(プログラム)を選択するだけで、あとはプログラムに従って自動的に売買が繰り返されます。

 

ストラテジーの過去の取引成績が公開されていて、収益率の高いストラテジーをランキング表示することも可能です。

 

完全に放ったらかしで売買を繰り返してくれるので、FX初心者や仕事が忙しいサラリーマンにもおすすめのFX口座です。

 

インヴァスト証券シストレ24公式サイト

詳細ページへ

 

 

 

インヴァスト証券トライオートFX

トライオートFXは、シストレ24と並んでインヴァスト証券で人気の高いFX口座です。

 

シストレ24は完全自動売買でストラテジーを選ぶだけなのに対して、トライオートFXは通貨ペアやレンジ幅など、ある程度自分でも設定できるタイプの自動売買となります。

 

設定が難しいと感じるFX初心者の方であれば、インヴァスト証券が設定したものを選ぶだけでも自動売買を開始できます。

 

自分自身で自動売買の設定を行う場合には、為替相場を予測したり、チャート分析する技術が必要になります。

 

そのためFX初心者よりも中上級者におすすめのFX口座とも言えるでしょう。

 

インヴァスト証券トライオートFX公式サイト

詳細ページへ

 

 

 

インヴァスト証券FX24

シストレ24とトライオートFXはどちらも自動売買に特化したFX口座であるのに対して、FX24は通常の手動トレード(マニュアル取引)のためのFX口座です。

 

しかし、FX24のスプレッドは変動制であることや取り扱い通貨ペアが少ないことから、評判としてはそれほど良いとは言えません。

 

マニュアル取引をするならインヴァスト証券ではなく、他のFX会社の方が条件が良いとも言えます。

 

インヴァスト証券のユーザーの多くは自動売買を利用していて、やはりインヴァスト証券を使うなら自動売買に絞るべきとも言えるでしょう。

 

しかしその一方で、テクニカルチャートは50種類以上、レバレッジを選択できるなど、FX24ならではのメリットもあります。

 

インヴァスト証券FX24公式サイト

詳細ページへ

 

 

 

インヴァスト証券くりっく365

インヴァスト証券では、くりっく365のFX口座を開設することもできます。

 

くりっく365とは、東京金融取引所が取り扱っているFXのことで、インヴァスト証券はあくまでも注文を取り繋ぐだけとなります。

 

取引方法としてはFX24と同じく手動取引が基本となります。

 

インヴァスト証券の手動取引なら、FX24とくりっく365のどちらが良いのか、メリットとデメリットを比較してみましょう。

 

インヴァスト証券くりっく365公式サイト

詳細ページへ

 

 

 

シストレ24とトライオートFXの違い

シストレ24とトライオートFXはどちらも自動売買を基本とするFX口座なので、違いが分かりにくいとの声もあります。
シストレ24とトライオートFXにはどのような違いがあり、どう使い分けるべきなのか、以下に解説していきます。

 

設定型と選ぶだけの完全自動売買

シストレ24とトライオートFXの大きな違いは、シストレ24が完全自動売買なのに対して、トライオートFXは設定型という点です。

 

トライオートFXでは、通貨ペアや「買い」or「売り」などを選択した上で、プログラムを当てはめていきます。

 

それに対してシストレ24では、ストラテジーが通貨ペアや売買の方向、エントリーのタイミングまで全て決めていきます。

 

FX初心者で為替予測が全くできない方は、シストレ24のストラテジーに丸投げしてみるのも良いでしょう。

 

反対にトライオートFXでは、通貨ペアやポジションの方向、それに合わせるストラテジーを選択できるので、自分の分析も加味しながら自動売買プログラムを組むことができます。

 

 

ストラテジーのロジックの違い

シストレ24とトライオートFXの違いとして、ストラテジーのロジック、つまりプログラム内容の違いもあげられます。

 

トライオートFXはシンプルなロジックのストラテジーがほとんどで、ロジックの内容も利用者に公開されています。

 

ある程度為替予測ができる方であれば、これから上昇トレンドに入ると予測すれば、上昇トレンドに強いロジックのストラテジーを選ぶことができます。

 

対してシストレ24のストラテジーには、緻密で高度なロジックで構成されているものが多く、ロジックの内容は非公開となっています。

 

例えロジックを公開されたとしても、プロの為替トレーダーや物理学者が作成したロジックは、非常に難解で理解するのは難しいでしょう。

 

シストレ24ではどのようなロジックで動くのかは分からないので、過去の取引実績や結果から、どのような相場に強くどの程度の利益幅を狙うストラテジーなのか予測することになります。

 

 

スプレッドの違い

トライオートFXのスプレッドは業界最安水準となっていて、ドル円で0.3銭と狭い設定になっています。

 

それに対してシストレ24のスプレッドは固定制ではなく変動するため、○○銭という数値がありません。

 

実際にシストレ24のレートを見ている限りでは、おおよそ4銭程度となっていて、トライオートFXの10倍以上となっています。

 

シストレ24は非常に高度なストラテジーを用いているため、利用料が間接的にスプレッドに加算されているといったところです。

 

ただし、トライオートFXは0.3銭と狭いスプレッドである代わりに、自動売買の利用に手数料がかかります。

 

取引数量 新規 決済 1,000通貨あたり
1万通貨未満 2.0pips 2.0pips 片道20円
1万通貨以上10万通貨未満 1.0pips 1.0pips 片道10円
10万通貨以上50万通貨未満 0.5pips 0.5pips 片道5円
50万通貨以上 無料 無料 無料



5,000通貨単位でトライオートFXの自動売買を利用した場合、往復で4pipsの手数料がかかります。

 

つまり、トライオートFXでドル円を5,000通貨単位取引した場合の実質的な手数料は以下のようになります。

 

スプレッド0.3銭+手数料4銭=4.3銭

 

ドル円の取引量が1万通貨単位の場合には、手数料は以下のようになります。

 

スプレッド0.3銭+手数料2銭=2.3銭

 

少額取引の場合には、シストレ24の方が手数料が若干安い可能性があります。

 

しかし1万通貨単位以上の取引においては、トライオートFXの方が手数料は安くなります。

 

シストレ24のストラテジーは非常に高度なものが多いため、自動売買の利用料と考えるのが良いでしょう。

 

 

最低取引通貨単位の違い

シストレ24は最低取引通貨単位が5,000通貨単位、それ以上は1,000通貨単位刻みで選択することができます。

 

対してトライオートFXは最低取引通貨単位が1,000通貨単位なので、ローリスクローリターンの取引が可能です。

 

この点に関しては、トライオートFXの方が初心者にやさしいFX口座と言えそうです。

 

 

マニュアル注文の可否

ストラテジーが自動的に売買を繰り返すのがシステムトレード、それに対して人間が手動で取引を行うのがマニュアル注文です。

 

シストレ24は自動売買専門のFX口座ですが、トライオートFXは自動売買に加えてマニュアル注文も可能です。

 

トライオートFXであれば幅広い取引に対応できます。

 

 

初心者向けと中級者向け

トライオートFXのような設定型自動売買では、どのタイミングでどのようにストラテジーを設定するのかが非常に重要です。

 

放置していれば勝手に儲かるわけではなく、ストラテジーの設定や稼働のタイミングが勝敗を決めます。

 

多くの人が使っているストラテジーを真似るだけでは、自動売買で収益を上げることはできません。

 

その点シストレ24ではストラテジーを選ぶだけで、後は全てストラテジーが行います。

 

とは言っても、シストレ24でもやはり必ず儲かるというわけではありません。

 

全てストラテジー任せは不安ならトライオートFX、為替は全くの初心者と言うことならシストレ24というのも一つの選び方です。

 

シストレ24 トライオートFX FX24 くりっく365

サービス名

シストレ24 トライオートFX FX24 くりっく365

最小単位

5,000通貨 1,000通貨 10,000通貨 10,000通貨

スプレッド

変動制 原則固定 変動制 変動制

自動売買

× ×

通貨ペア数

27

17

12

25

 

インヴァスト証券公式サイトはこちら

 

 

 

インヴァスト証券でFX口座を開設する前に知っておくべき欠点とは?

インヴァスト証券と言えばシストレ24と言うほど、自動売買で評判のFX会社ですが、インヴァスト証券では口座開設をしないというFXトレーダーもたくさんいます。
インヴァスト証券が選ばれない理由とは?

 

 

デモトレードはシストレ24だけ

インヴァスト証券では4種類のFX口座が用意されていますが、デモトレードを利用できるのはその中でもシストレ24のみとなっています。

 

シストレ24のデモトレードに関しても、スマホやタブレットには対応していないため、パソコンのみ利用可能となっています。

 

インヴァスト証券の使い勝手を試してみるには、ある程度条件が絞られることになります。

 

 

 

裁量トレードなら再検討

システムトレードが評判のインヴァスト証券ですが、通常の手動トレードをするのであれば、それほど条件の良いFX会社とは言えません。

 

インヴァスト証券の手動取引専用のFX口座は、FX24とくりっく365になりますが、スプレッドなど様々な点において他のFX会社よりも評価は劣ります。

 

自動売買ではなく手動取引を主とするFXトレーダーであれば、インヴァスト証券以外のFX会社も再検討してみることをおすすめします。

 

 

 

電話応対時間が短い

インヴァスト証券の電話によるサポート対応時間は、土日を除く午前9時〜午後5時までとなっています。

 

それに対して、最近では多くのFX会社が24時間電話サポートに対応しています。

 

取引が活発になるニューヨーク時間にトレードしたい人や、日中は仕事をしている人にとっては、インヴァスト証券の電話サポートは不便に感じるかもしれません。

 

とは言え、顧客対応に関する口コミ評判に関してはそれほど悪くはありません。

 

 

 

インヴァスト証券は手数料が高い?

完全自動売買の「シストレ24」と、裁量取引の「FX24」「くりっく365」では基本的に取引手数料がかかりません。

 

ただし、「トライオートFX」の自動売買に関しては取引手数料がかかります。

 

とは言え、自動売買に手数料がかかるのはインヴァスト証券だけではないので、インヴァスト証券のデメリットとまでは言えないところです。

 

なお、銀行振込によるFX口座への入金の場合は、振込手数料はお客様負担となっていますが、クイック入金と出金手数料に関しては無料となっています。

 

インヴァスト証券公式サイトはこちら

 

 

 

インヴァスト証券の強みとは?

FXトレーダーの中には、インヴァスト証券をメインのFX口座として利用している方もいます。
インヴァスト証券には、他のFX会社には無い強みや特徴があります。
続いてインヴァスト証券が他社に優るメリットについて解説していきます。

 

 

 

インヴァスト証券の自動売買は100%オートマチック

インヴァスト証券の自動売買「シストレ24」では、ストラテジー(プログラム)を選択するだけであとは自動的に売買を繰り返してくれます。

 

通貨ペアやレンジ幅を自分で設定する必要もなく、プロのFXトレーダーが設定したストラテジーをただ選択するだけなので、初心者でもFXに参入しやすくなっています。

 

さらに、直近で高い実績を上げているストラテジーへの切り替えも自動化できるので、完全に放ったらかしでFX取引を行うことができます。

 

インヴァスト証券のフルオート

 

 

 

ポイント還元で積立資金が貯まる

 

インヴァスト証券マネーハッチのポイント還元サービス

 

インヴァスト証券には、自動積立の「マネーハッチ」というサービスがあります。

 

インヴァスト証券のFX口座で1万通貨単位取引するたびに、1円がマネーハッチの積立資金としてキャッシュバックされます。

 

1万通貨単位あたり1円と還元率は決して高いとは言えませんが、ポイント還元のないFX会社が大半を占めることを考えると、インヴァスト証券の強みの一つと言えるでしょう。

 

インヴァスト証券以外にポイント還元のあるFX会社には、DMM FXYJFX!などがあります。

 

インヴァスト証券公式サイトはこちら

 

 

 

インヴァスト証券のFX口座開設の流れ

 

インヴァスト証券口座開設の流れ

 

 

STEP1

お申込フォーム入力

インヴァスト証券でFXを始めるには、まず初めにインヴァスト証券公式サイトの口座開設ボタンより、新規お申し込みページへ進みます。
お申し込みページではフォームに必要事項を入力していきます。所要時間は10分〜20分程度でしょう。

 

 

STEP2

必要書類の提出

インヴァスト証券の口座開設では、マイナンバーと本人確認書類の提出が必須となります。Webアップロード・メール添付・郵送・FAXなどで、マイナンバーと本人確認書類を提出しましょう。

 

 

STEP3

口座開設通知の受け取り

インヴァスト証券の口座開設審査に通ると、お申し込み時に入力した住所にログインIDとパスワードが記載された書類が送られてきます。

 

 

STEP4

入金後取引開始

インヴァスト証券指定の銀行口座に振込、またはクイック入金にてFX口座に入金すると、いよいよFX取引がスタートとなります。

 

インヴァスト証券公式サイトはこちら

 

 

 

インヴァスト証券に関するQ&A

手数料はかかりますか?

トライオートFXの自動売買のみ、所定の手数料がかかります。シストレ24、FX24、くりっく365では取引手数料は無料となっています。また、全てのFX口座において、口座維持や口座開設に必要となる手数料はありません。FX口座に銀行振込で入金する際には振込手数料が必要となりますが、クイック入金を利用すれば振込手数料も無料となります。

 

FX取引はいくらからできますか?

インヴァスト証券の最低取引金額は、各FX口座によって異なります。詳しくは、口座開設を検討しているFX口座の詳細解説ページをご参照ください。

 

未成年でも口座開設できますか?

インヴァスト証券の口座開設可能年齢は、満20歳以上80歳以下となっています。未成年の方はインヴァスト証券で口座開設することはできません。

 

取引時間は何時から何時までですか?

インヴァスト証券の取引時間は、各FX口座によって異なります。詳しくは、口座開設を検討しているFX口座の詳細解説ページをご参照ください。

 

 

 

インヴァスト証券の会社概要

インヴァスト証券は1960年に設立された老舗の証券会社です。

 

神戸淡路大震災の後には、社名をKOBE証券に変更したことで話題を呼びました。

 

FX取引で還元されたポイントをNPO団体に寄付できるサービスを提供するなど、社会貢献に積極的な点にも好感のもてるFX会社です。

 


FX会社おすすめランキングはこちら

 

 

ページの先頭へ戻る