トライオートFXを利用する前に知っておくべき欠点とは?

トライオートFX公式サイト

 

設定型の自動売買により、自由度の高いシステムトレードを提供するトライオートFX。

 

独自のサービスが評判を呼んでいるトライオートFXですが、トライオートFXでは口座を開設しないFXトレーダーもいます。

 

トライオートFXが選ばれない理由とは?

 

 

低水準のスワップポイント

トライオートFXのスワップポイントは、他のFX会社と比較しても決して良い条件とは言えません。

 

しかしながら、トライオートFXは自動売買がメインのFX口座であり、主に短期間での売買を行います。

 

スワップポイントの受取りや支払い機会は少なく、トライオートFXの大きなデメリットとは言えません。

 

 

自動売買に手数料がかかる

トライオートFXでは、自動売買の利用に手数料がかかります。

 

1万通貨未満 1,000通貨あたり片道20円
1万通貨以上10万通貨未満 1,000通貨あたり片道10円
10万通貨以上50万通貨未満 1,000通貨あたり片道5円
50万通貨以上 無料


自動売買に手数料がかかるのは珍しいことではありませんが、FX会社によっては無料で利用できる自動売買もあります。

 

トライオートFXでは自動売買に手数料がかかる替わりに、スプレッドは業界最狭水準の設定となっています。

 

なお、同じくインヴァスト証券が提供する自動売買専用のFX口座「シストレ24」では自動売買の手数料は無料となっています。

 

 

 

デモトレードができない

トライオートFXでは、他の多くのFX会社のようにデモトレードができません。

 

デモトレードでは実際に取引ツールを使って練習ができるので、初めて使うFX会社ではデモトレードを利用したいところです。

 

トライオートFXと同じくインヴァスト証券が運営するシストレ24であればデモトレードの提供があります。

 

 

取引時間が短い

トライオートFXで取引可能な時間帯は以下の通りです。

 

夏時間(3月〜11月)※サマータイム 月曜日AM7:00〜土曜日AM:5:00
冬時間(11月〜3月) 月曜日AM7:00〜土曜日AM6:00


多くのFX会社では、週末のクローズ時間が土曜日AM6:50(サマータイム適用時はAM5:50)となっているので、トライオートFXで取引できる時間は少し短いということになります。

 

さらに、トライオートFXでは火曜日から金曜日にかけて毎日システムメンテナンスを行うため、以下の時間帯には取引ができません。

 

夏時間(3月〜11月)※サマータイム AM5:40〜AM6:10
冬時間(11月〜3月) AM6:40〜AM7:10


システムメンテナンスの時間を設けているFX会社はたくさんありますが、30分間は他のFX会社と比較して長めの設定となっています。

 

朝の通勤時などにトレードを行う人からは、システムメンテナンスが長いことで評価を落としがちとなっています。

 

また、上記時間帯はオセアニア市場となっていて、オーストラリアドルやニュージーランドドルの取引が活発になります。

 

オーストラリアドルやニュージーランドドルを主に取引する方にも、トライオートFXのシステムメンテナンスはデメリットと言えます。

 

 

初心者には難しい設定型自動売買

トライオートFXのような設定型自動売買では、どのタイミングでどのような自動売買を設定するのかが非常に重要です。

 

放置していれば勝手に儲かるわけではなく、自動売買の設定や稼働のタイミングが勝敗を決めます。

 

トライオートFXでは自分自身で自動売買の設定を行うため、為替相場を予測したり、チャート分析をする技術が必要になります。

 

そのため初心者にはやや難しいツールとなっています。

 

FXは全くの初心者ということであれば、あらかじめ決められた自動売買設定を(ストラテジー)を選ぶだけのシストレ24の方がおすすめです。

 

 

 

 

トライオートFXの強みとは?

FXトレーダーの中には、トライオートFXをメインに取引している方もいます。

 

トライオートFXには、他のFX会社には無い強みや特徴があります。

 

続いて、トライオートFXが他の自動売買に優るメリットについて解説していきます。

 

 

幅広い取引スタイルに対応するトライオートFX

トライオートFXの自動売買は、自分でカスタムできるため自由度が高いのが強みの一つです。

 

テクニカルや経済指標を分析した上で、為替予測を自動売買に落とし込むことができます。

 

トライオートFXのビルダー

チャートを見ながら自動売買を作成

トライオートFXのシミュレーション

作った設定を事前にシミュレーション

 

反対に、自動売買を設定するのが苦手な初心者〜初級者であれば、あらかじめインヴァスト証券が設定したものを選択することもできます。

 

ただし、あらかじめ設定された自動売買も、どのタイミングで稼働させるのかが重要になります。

 

また、トライオートFXは手動取引(裁量取引)にも対応しているので、幅広い取引スタイルに対応できるFX口座となっています。

 

 

 

ポイント還元で積立資金が貯まる

 

シストレ24のマネーハッチへの積み立てポイント還元

 

インヴァスト証券には、自動積立の「マネーハッチ」というサービスがあります。

 

トライオートFXで1万通貨単位取引するたびに、1円がマネーハッチの積立資金としてキャッシュバックされます。

 

1万通貨単位あたり1円と還元率は決して高いとは言えませんが、ポイント還元のないFX会社が大半を占めることを考えると、トライオートFXの強みの一つと言えるでしょう。

 

トライオートFXを運営するインヴァスト証券以外に、ポイント還元のあるFX会社には、DMM FXYJFX!などがあります。

 

 

 

 

トライオートFXの取引ツール

トライオートFXの取引ツールには、PC用の取引ツールとスマホアプリの2種類があります。

 

PC用取引ツール

 

トライオートFXの取引ツール

 

トライオートFXのPC用取引ツールは、PCにソフトをインストールして使うタイプではなく、ブラウザでログインして使うタイプのツールになっています。

 

選択した自動売買のバックテストが可能で、シミュレーション結果を表示することができます。

 

 

スマホアプリ

 

トライオートFXのスマホアプリ

 

トライオートFXのスマホアプリはiPhoneとAndroidに対応しています。

 

ただし、スマホアプリでは表示されない情報や、設定できない内容もあります。

 

ほとんどの操作はスマホアプリでも可能ですが、詳細な操作を行う場合にはPC用取引ツールを使うことになります。

 

 

 

トライオートFXに関するQ&A

取引時間は何時から何時までですか?

サマータイム適用時の夏時間(3月〜11月)は月曜日AM7:00〜土曜日AM:5:00、冬時間(11月〜3月)は月曜日AM7:00〜土曜日AM6:00となります。

 

最低運用資金はいくらからですか?

トライオートFXで取引できる最低金額は1,000通貨単位となっていて、少額で自動売買を始めることができます。

 

通貨ペア 17通貨ペア
最低取引通貨単位 1,000通貨単位
ロスカット 有効比率100%以下
クイック入金 7行
シストレ
デモトレード ×
信託保全
自己資本規制比率 586.9%



FX会社おすすめランキングはこちら

 

 

ページの先頭へ戻る