トラッキングトレードってどんな自動売買?基礎から評判まで解説!

FXブロードネット公式サイト

本記事はFXサプリ編集部が独自に制作しています。各FX業者や証券会社はコンテンツ制作に一切関与していません。【PR】本記事は広告を含みます。

 

FXブロードネットが取り扱う自動売買サービス「トラッキングトレード」。
トラッキングトレードってどんなサービス?本当に儲かるの?どうやって使うの?
色々な疑問をお持ちの方がいらっしゃることでしょう。

 

ここでは、トラッキングトレードの基本的な知識から、口コミ・評判に至るまで、トラッキングトレードについて徹底的に解説していきます。

 

この記事の監修者

監修者の水上紀行


水上 紀行
バーニャ マーケット フォーカスト代表
1978年三和銀行(現、三菱UFJ銀行)入行。1983年よりロンドン、東京、ニューヨークで為替ディーラーとして活躍。 東京外国為替市場で「三和の水上」の名を轟かす。1995年より在日外銀において為替ディーラー及び外国為替部長として要職を経て、現在、外国為替ストラテジストとして広く活躍中。長年の経験と知識に基づく精度の高い相場予測には定評がある。著書はこちら
Twitter:@mizukamistaff
ブログ:Banya Market Forecast オフィシャルサイト
メルマガ:水上紀行FXマーケットフォーカスト

 

 

 

トラッキングトレードとは?

 

トラッキングトレード

 

トラッキングトレードとは、株式会社FXブロードネットが提供しているFXの自動売買サービスです。

 

自動売買とは、設定されたルールに従ってシステムが機械的に取引を繰り返してくれる注文方法で、最初の設定を終えるとあとは自動的に売買を繰り返してくれます。

 

トラッキングトレードは、あらかじめ買う値段と売る値段を決めておき、「安く買って高く売る」繰り返してくれる自動売買です。

 

トラッキングトレードは何度も注文を繰り返すことから「リピート系自動売買」とも言われています。

 

トラッキングトレード

 

トラッキングトレードのサービス概要
ツール名称 タイプ 米ドル円
トラッキングトレード リピート型 0.2銭
通貨ペア 最低取引 手数料
24種類 1,000通貨 40円

※手数料は1,000通貨(南アランド円は1万通貨)あたりの往復分(新規・決済)です。

 

\今なら新規口座開設で最大2万円キャッシュバック/

トラッキングトレード公式サイトへ
無料で口座開設する

 

 

トラッキングトレードの仕組み

トラッキングトレードは、通貨ペアと売買方向(買いまたは売り)、注文間隔、想定変動幅を設定することで、その条件に従って自動的に取引を繰り返してくれます。

注文間隔とは?

いくらの値動きで注文を出して利益を狙っていくのかを決めるポジションの間隔です。

 

トラッキングトレードの注文間隔

想定変動幅とは?

想定変動幅は、今後何円〜何円の間を行き来するのか、為替レートを「幅」で予測します。5円の値動きがあると予想するなら想定変動幅は500pipsとなります。

 

想定変動幅

トラッキングトレードは、為替レートが同じ価格帯を波打つ様に上下しているような相場では、注文を繰り返すことで何度も利益を得ることができます。

 

「安く買って高く売る」のリピート注文を、値動きの起こりそうな範囲に仕掛けておくことで、広範囲で利益を狙うことができます。

 

トラッキングトレード

 

また、設定した売買方向の通りに相場が動くと、細かい売買を繰り返しながら大きく利益を上げてくれる可能性があります。

 

 

 

トラッキングトレードは相場の動きをトラッキング(自動追尾)

トラッキングトレードの最大の特徴とも言えるのは、サービス名称にもなっているトラッキング機能です。

 

従来のリピート型自動売買では、為替レートが注文を仕掛けるレンジ幅を外れてしまうと注文されないため、取引機会の損失となっていました。

 

従来のリピート注文

 

トラッキングトレードでは、為替レートがレンジを外れた場合であっても、値動きに合わせてレンジを自動的にスライドさせます。

 

為替レートを追従してどんどん利益を積み上げてくれるのが、トラッキングトレードの最大の特徴です。

 

トラッキングトレードの自動追尾

 

 

トラッキングトレードで稼ぐコツ

自動で取引を行ってくれるトラッキングトレードで稼ぐためには、どのようなことに気を付ければ良いのでしょうか?
トラッキングトレードで稼ぐコツについて解説していきます。

 

重要なのは稼働停止のタイミング

トラッキングトレードで稼ぐことができるかどうかは、トラッキングトレードを停止させて、設定を見直すタイミングによると言えます。

 

トラッキングトレードは稼働中の設定変更ができないため、設定内容を変更するには一度停止させる必要があります。

 

トラッキングトレードは稼働開始時の設定はそれほど難しいものではありませんが、稼働を停止させるタイミングが非常に重要なポイントとなってきます。

 

トラッキングトレードを停止する目安となるのは以下の二つのケースです。

 

トラッキングトレード停止の目安
  • 想定変動幅を外れた時
  • トレンドが転換した時

 

トラッキングトレードでは、設定の際に想定する為替変動幅を入力します。今後為替レートが何円〜何円までの間で動くのかを予測します。

 

為替レートが当初の想定変動幅を外れた際には、停止・設定変更のサインと言えます。

 

また、為替レートの上昇や下落の方向性が変わった際には、できるだけ早くトラッキングトレードを停止させましょう。

 

トレンドの方向性が変わったのにそのままにしておくと、損失がどんどん膨らんでいく可能性があります。

 

トラッキングトレードは自動売買とは言え、定期的に相場状況を確認しておくことが大切です。

 

 

通貨ペアの選択

 

通貨ペアの選択

 

トラッキングトレードで稼げるかどうかは、通貨ペアの選択にも左右されます。

 

値動きが比較的安定している通貨ペアの方が、トラッキングトレードとの相性が良いと言えます。

 

また、トラッキングトレードは取引回数が多くなる傾向にあるので、スプレッドが狭い通貨ペアを選ぶことも大切です。

 

値動きが激しくスプレッドが広いマイナー通貨ペアよりも、ドル円やユーロ円のような主要通貨ペアがおすすめです。

 

 

相場の大局を掴む

 

トレンドとレンジ

 

トラッキングトレードは非常に高い実績を残している自動売買ですが、その秘訣は為替相場の約7割〜8割を占めるレンジ相場に強いことが考えられます。

 

また、設定した売買方向と同じ方向性のトレンドが発生すると、大きく稼ぐことも可能です。

 

一方で、売買方向の設定とは反対のトレンドが続いてしまうと、トラッキングトレードで稼ぐことはできません。

 

トラッキングトレードでは複雑すぎる相場予測は必要ありませんが、トレンドとは反対方向の設定をしてしまわないように注意が必要です。

 

相場の大まかな流れさえ掴むことができれば、トラッキングトレードでコツコツと収益を上げることができるでしょう。

 

 

トラッキングトレードの失敗例

自動で売買を繰り返し、コツコツと利益を積み上げてくれるトラッキングトレードですが、当然ながら設定を誤ると損失を出すリスクもあります。

 

トラッキングトレードによる失敗は、設定した売買方向とは逆の方向に為替レートが進み続けた場合です。

 

トラッキングトレードでは、売買方向とは逆の方向に為替レートが動くと、ポジションを一定間隔で買い足していきます。

 

為替レートが反発すると、積み上げたポジションによる利益が発生して、大きく稼ぐことも可能です。

 

しかし、為替レートがどんどん損失方向に進んでいった場合には、想定変動幅まで動いたところで一番遠いレートにあるポジションが損切りされます。

 

トラッキングトレードの損切例

 

為替レートが想定変動幅に達するタイミングでは、トラッキングトレードを停止させる判断も必要です。

 

なお、トラッキングトレードを停止させても含み損のあるポジションは残るので、相場が回復するまで待つか、手動で決済をして損失を確定させることになります。

 

 

高すぎる?トラッキングトレードの手数料

自動売買ツールの中には何十万円で販売されているものもたくさんありますが、トラッキングトレードはツールやシステムを購入する必要はありません。

 

ただし、トラッキングトレードでは取引の度に手数料がかかります。
また、手数料に加えてスプレッドもコストとして計算しておくようにしましょう。

 

例として、トラッキングトレードで1,000通貨を取引した場合、一回の売買にかかる手数料とスプレッドコスト、及び合計コストは以下のようになります。

 

通貨ペア スプレッド 手数料 TOTAL
米ドル円
米ドル円
2円 40円 42円
ユーロ円
ユーロ円
5円 40円 45円
ポンド円
ポンド円
10円 40円 50円
豪ドル円
豪ドル円
6円 40円 46円
ユーロドル
ユーロドル
3円 40円 43円

 

トラッキングトレードのメリットと特徴

メリット

FXブロードネットのユーザーの多くがトラッキングトレードを利用していますが、トラッキングトレードにはどのようなメリットや強みがあるのでしょうか?
トラッキングトレードの実績も交えながら、トラッキングトレードの特徴をご紹介します。

 

トラッキングトレードのメリット
  • 利益実績84.8%の自動売買
  • 高度なテクニカル分析は不要
  • スマホだけで自動売買
  • 業界最狭水準のスプレッド
  • 「ガチンコバトル!」が参考になる

 

利益実績84.8%の自動売買

 

トラッキングトレードの実績グラフ

 

トラッキングトレードを利用するかどうかを決める上で最も気になる点は、実際に稼げるのかということでしょう。

 

トラッキングトレードの設定毎の利益実績は8割超となっており、最も気になる利益実績において優秀な実績を残しています。

 

※2014年10月15日から2021年3月31日までに設定されたトラッキングトレードの設定毎の利益実績(利益になった設定数÷利益になった設定数と損失になった設定数の合計)

 

 

高度なテクニカル分析は不要

 

為替分析

 

一般的なFXトレードでは、値下がりしたところで買い、値上がりしたタイミングで売ることにより利益を狙います。

 

言葉にすると簡単ですが、実際にタイミング良く売買を繰り返すのはFX上級者であっても難しいものです。

 

一方、トラッキングトレードでは為替レートが往来しそうなエリアを大まかに予想します。

 

為替レートをピンポイントで予測することに比べると、相場の大まかな流れを予想するのはそれほど難しくはないかも知れません。

 

 

スマホだけで自動売買

トラッキングトレードは、スマホアプリだけで設定から成績チェックまで行うことができます。

 

PCを持っていないという理由でFXを諦めていた方でも、トラッキングトレードならスマホさえあればすぐに始めることができます。

 

外出先や仕事の休憩時間にも、スマホで手軽に運用成績をチェックすることができます。

 

 

業界最狭水準のスプレッド

トラッキングトレードを提供するFXブロードネットは、主要通貨ペアを中心にスプレッドが狭いのが強みです。

 

スプレッドが狭いことで、自動売買の実質的な手数料を抑えることができます。

 

また、自動売買に限らず、通常のFX取引(裁量取引)であっても狭いスプレッドで取引が可能です。

 

 

「ガチンコバトル!」が参考になる

 

トラッキングトレードのガチンコバトル

 

FXブロードネットでは、4人のトレーダーがトラッキングトレードによる収益を競う「ガチンコバトル!」をコンテンツとして公開しています。

 

4人のトレーダーのリアルな損益だけでなく、トラッキングトレードの設定内容まで詳しく見ることができます。
どのような設定であればどのような結果になるのか、非常に参考になるコンテンツです。

 

また、FXブロードネットのホームページでは、トラッキングトレードの操作方法から設定のコツまで、役立つコンテンツが豊富に公開されています。

 

 

トラッキングトレードのデメリット

デメリット

トラッキングトレードには様々なメリットが存在しますが、反対に利用する前に知っておきたいデメリットも存在します。
トラッキングトレードのデメリットや注意点について以下に解説していきます。

 

トラッキングトレードのデメリット
  • 軍資金の用意が必要
  • 短期間では結果がでづらい
  • 完全放置では稼げない

 

軍資金の用意が必要

トラッキングトレードは、細かく売買を繰り返しながら利益をコツコツと積み上げるタイプの自動売買です。
複数のポジションを同時に保有する場面も多いので、ある程度資金が必要になります。

ポジションとは?

通貨を買っている状態、または売っている状態を「ポジションを持つ」「ポジションを保有する」といいます。

トラッキングトレードの設定内容によっては少額で始めることもできますが、できれば10万円以上は用意しておくことをおすすめします。

 

 

短期間では結果がでづらい

トラッキングトレードに限らずリピート系の自動売買は、コツコツと小さな利益を積み上げて、長期間で大きな利益を狙う運用スタイルです。

 

短期間で大きく稼ぐハイリスクハイリターンの取引を考えている方には、トラッキングトレードの自動売買は向かないでしょう。

 

 

完全放置では稼げない

トラッキングトレードでは、相場に合わせて定期的に設定を見直す必要があります。

 

トレンドが変わった際や、為替相場に影響を及ぼすニュースが入った際には、トラッキングトレードを停止させて、相場に合わせた設定に最適化するようにしましょう。

 

また、為替レートが急変動するようなイベント(米大統領選挙など)がある前には、リスク管理としてあらかじめトラッキングトレードを停止させておくのも一つの方法です。

トラッキングトレードとiサイクル2取引の違い

FXブロードネットの「トラッキングトレード」は、外為オンラインの自動売買システム「iサイクル2取引」と、基本的には同じシステムの自動売買です。

 

FXブロードネットは外為オンラインによりライセンス供与を受けているため、本家となるのは外為オンラインの「iサイクル2取引」です。

 

ただし、FXブロードネットの「トラッキングトレード」と外為オンラインの「iサイクル2取引」には異なる点もあります。

 

トラッキングトレードとiサイクル2取引の大きな違いは、「スプレッド」と「設定方法」です。

 

 

違いその1:スプレッド

トラッキングトレードとiサイクル2取引は、取引手数料には違いがありません。(両社のキャンペーン期間を除く)

 

ただし、FXの実質的な手数料となっているスプレッドには大きな違いがあります。

 

主要通貨ペアにおける、トラッキングトレード(FXブロードネット)とiサイクル2取引(外為オンライン)のスプレッドを比較してみます。

 

通貨ペア FXブロードネットのロゴ

公式HPへ

外為オンラインのロゴ

公式HPへ

米ドル円
米ドル円
0.2 1.0
ユーロ円
ユーロ円
0.5 2.0
ポンド円
ポンド円
1.0 4.0
豪ドル円
豪ドル円
0.6 3.0
ユーロドル
ユーロドル
0.3pips 1.0pips
南アフリカランド円
南アランド円
16.4 15.0

※スプレッドは原則固定(例外あり)

※スプレッド調査日:2024/5/28

 

スプレッドに関してはiサイクル2取引よりもトラッキングトレードの方が狭いので、取引にかかるコストを安く抑えることができます。

 

より低コストで自動売買を利用したい方は、iサイクル2取引よりもトラッキングトレードを選ぶと良いでしょう。

 

 

違いその2:注文方法

トラッキングトレードの注文方法には、設定別の損益ランキングから選ぶだけの「ランキング注文」と、項目を一つづつ設定していく「手動注文」の2種類があります。

 

一方、iサイクル2取引には「ランキング注文」「手動注文」に加えて、「マトリクス方式」という注文方法が用意されています。

 

マトリクス方式は、注文間隔と想定変動幅の組み合わせから設定を選択する方法です。
他の注文方法に比べて、リスクコントロールをしやすいのが特徴です。

 

様々な注文方法を使い分けたい方や、リスクコントロールを徹底して自動売買を利用したい方には外為オンラインのiサイクル2取引がおすすめです。

MEMO

上記2つの違いの他にも、外為オンラインは全国でセミナーを開催するなど、顧客への投資教育に力を入れています。FX初心者の方でセミナーに参加してみたい方であれば、外為オンラインを検討してみるのも良いでしょう。

 

 

 

トラッキングトレードの口コミ・評判

 

口コミ

 

クラウドソーシングを利用して、トラッキングトレードに関するレビューを募集しました。
トラッキングトレードを実際に利用してみた感想について回答を頂きました。

 

※口コミの募集にはクラウドソーシングサービスのランサーズを利用しています。
※ご紹介している口コミは、口コミを提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスについていかなる保証をするものでもありません。

リピート注文のトラッキングトレードが便利で、初心者や忙しい人にもおすすめです。リピート注文が使えるのはFXブロードネットだけではありませんが、これだけ狭いスプレッドでリピート注文が使えるのはFXブロードネットの利点です。自動売買をやったことがなくても分かりやすいように動画解説などが掲載されているので、FX初心者にもおすすめのサービスです。(40代|FX歴5年)

FXは外貨預金と比べて少し複雑ですが、FXブロードネットはシンプルな取引ルールで使いやすかったです。サポートを何度か利用しましたが、丁寧で分かりやすい説明の方が多かったように思います。今のところ特に不満もなく利用しています。(50代|FX歴3年)

スプレッドは狭いですが、時間帯によっては広がることもあります。どのFX会社でも起こり得ることですが、裁量取引をするのであればFXブロードネットでなくとも良いかも知れません。やはりここの強みと言うか看板商品は自動売買のトラッキングトレードなので、口座を持つなら使い方を覚えて上手に活用してみることをおすすめします。(30代|FX歴4年)

 

 

トラッキングトレードの始め方

トラッキングトレードを利用するには、まずはFXブロードネットで口座開設をする必要があります。

 

FXブロードネットの口座開設は無料ででき、口座維持費なども必要ないので銀行口座のように手軽に開設することができます。
FXブロードネットの口座開設の流れについて以下に解説します。

 

口座開設の流れ

 

STEP1

お申込フォーム入力

FXブロードネットで口座開設をするには、まず初めにFXブロードネット公式サイトの口座開設フォームへ進み、必要事項を入力します。

 

 

STEP2

必要書類の提出

マイナンバー書類と本人確認書類を提出します。提出方法はWEBアップロード、郵送、メール、FAXから選択できます。
必要書類の提出をもって、口座開設の申し込みは完了となり審査に入ります。

 

 

STEP3

ログイン情報の受け取り

FXブロードネットの審査が完了すると、ログイン情報が簡易書留郵便で届きます。

 

 

STEP4

入金後お取引開始

FXブロードネットのお取引口座に入金したら、いよいよトラッキングトレードの設定に進んでみましょう!

 

 

トラッキングトレードの設定方法と使い方

トラッキングトレードの設定は、自動計算により最適化される部分が多いので、初心者の方でも簡単に始めることができます。

 

トラッキングトレードの設定方法には「ランキング注文」「手動設定」の2種類があります。

 

ランキング注文

ランキング注文では、「設定別損益ランキング」から成績の良い設定を選ぶだけで、簡単にトラッキングトレードを開始することができます。

 

損益ランキングは、様々な設定のトラッキングトレードの実際の実現損益がランキングで表示されます。
売買結果を参考に選ぶだけでトラッキングトレードを始められるので、初心者の方におすすめの設定方法です。

 

設定を選ぶ際に注意しておきたい点としては、ポジションの方向が現在の相場の流れに適しているかどうかです。
表示される実現損益は過去の結果なので、これからの相場にも適しているかどうかを見極めることが大切です。

 

 

 

手動設定

手動設定では、「通貨ペア」「売買方向」「想定変動幅」「対象資産」の4つの項目を設定します。

 

対象資産は、トラッキングトレードでどのくらいの資金を運用するのか、資金の目安を入力します。

 

想定変動幅は、トラッキングトレードの自動注文をどの範囲まで仕掛けていくのかを決める項目です。

 

トラッキングトレードの想定変動幅

 

過去の為替レートの高値や安値、値動きが反発する水準を参考に設定します。

 

トラッキングトレードの想定変動幅

 

想定変動幅をどのくらいに設定すれば良いのか分からない場合は、「ボラティリティ参考期間」で3ヶ月や1年など選ぶことで、過去の変動幅を参考に自動で設定してくれます。

 

想定変動幅は広く設定するほど、広範囲に注文を仕掛けられるため取引チャンスを逃しませんが、同じ注文値幅であれば注文数が増えるため必要資金も増えることになります。

 

反対に、想定変動幅を狭く設定すると必要資金は少なくて済みますが、為替レートが想定変動幅を突き抜けると注文が出ないため取引チャンスを逃すことになります。

 

トラッキングトレードの想定変動幅

 

用意できる運用資金や、リスク許容度によって想定変動幅を決定しましょう。

 

対象資産と想定変動幅を決定すると、注文が発生する間隔や、最大で保有するポジション数が自動算出されます。

 

 

MEMO

初心者の方はまずはランキング注文を使って、実績の良い設定を選んでみましょう。トラッキングトレードに慣れてきたら、ランキング上位の設定を参考にして、手動設定で相場に合わせてカスタマイズしてみると良いでしょう。

 

トラッキングトレードの必要資金や初期費用

必要資金はいくら

 

トラッキングトレードを提供するFXブロードネットでは、最低取引単位は1,000通貨となっています。
例えば米ドル円を取引する場合であれば、最低4,000円から始めることができます。(1ドル=100円の場合)

 

ただし、トラッキングトレードは為替相場が細かく上げ下げを繰り返す中で、複数のポジションを保有しながら細かく売買を繰り返す取引手法です。

 

ルール上では数千円あればトラッキングトレードを始めることは可能ですが、安定して収益を上げるためには複数ポジションを保有しながら運用を続けられるだけの資金を用意する必要があります。

 

それらを考慮した上での必要資金は、トラッキングトレードの設定にもよりますが、最低でも10万円程度、効率よく稼ぐのであれば30万円程度を用意しておくと良いでしょう。

MEMO

トラッキングトレードはFXブロードネットで口座開設をすれば誰でも利用することができます。ツールやソフトを購入する必要はないので、運用資金以外に必要となる初期費用はありません。

 

運営会社「FXブロードネット」とは?

トラッキングトレードを提供するFXブロードネットは、株式会社外為オンラインよりライセンス供与を受けてトラッキングトレードを提供しています。

 

基本的なシステムは同じになりますが、スプレッドが狭いことや、トラッキングトレードに関する情報コンテンツが豊富であるなど、FXブロードネット独自の特徴もあります。

 

1993年に設立されたFX会社なので、運営実績も十分の安心できる企業です。

 


自動売買ツールおすすめランキングはこちら

ページの先頭へ戻る