IG証券の評判は?特徴を徹底解説!

IG証券公式サイト

 

FXやノックアウト・オプションで話題のIG証券。こちらのページでは、IG証券で口座開設する前に知っておきたいメリットやデメリット、サービスの特徴などについて徹底解説していきます。
IG証券のFX取引の特徴や強み、ノックアウト・オプションなどその他金融商品についても解説していきます。

 

 

 

IG証券のデメリット

ロンドン証券取引所上場のIGグループを親会社にもつIG証券ですが、FXトレーダーの中にはIG証券は選ばないという人もいます。
IG証券を選択しないFXトレーダーはなぜそう判断するのか、まずはIG証券のデメリットを以下に解説していきます。

 

FX初心者は苦戦する可能性も

IG証券で取引できるのはFXだけではなく、バイナリーオプションやノックアウト・オプション、CFDなど多岐に渡ります。
サービスが豊富な証券会社では、投資経験の浅い方には取引画面の情報量が多くて複雑に感じることもあります。

 

FX取引が初めての方であれば、FX専業のシンプルなFX会社の方が、取引ルールや画面操作を覚えるのが早いかもしれません。

 

また、IG証券の取引ツールやサービス内容は、どちらかというと投資未経験者よりも、ある程度投資に関する知識がある方、本格的にFXやCFDなどのレバレッジ取引(デリバティブ取引)を始めたいモチベーションの高い方に向いていると言えます。

 

 

取引ツールは慣れが必要

IG証券はイギリスに本拠地を置くIGグループの日本法人で、いわゆる外資系の総合金融サービス企業です。

 

IG証券に限らず外資系のFX会社には共通して言えることですが、国内FX業者とは取引ツールの使い勝手や用語が異なるため、慣れるまでは使いづらいと感じることもあります。

 

しかし一旦慣れてしまえば、国内FX業者とIG証券の取引ツールのどちらが使いやすいかは、トレーダーによって評価が分かれるところです。

 

 

最低取引通貨単位は1万通貨

IG証券の最低取引は1万通貨単位から。米ドル円を取引するなら証拠金は約4万円程度必要になります。

 

最近では少ない資金でもFX取引ができるようにと、1,000通貨単位から取引可能なFX会社が増えています。

 

IG証券では大口顧客に対する優遇サービスがあるものの、少額資金から開始したい、本格的なFXをする気がないトレーダーにはおすすめはできません。

 

 

 

利用していないと口座維持費がかかる

IG証券では、口座にポジションがなく、6ヶ月以上取引をしていない場合、口座内の証拠金残高を上限として月額500円(税抜)の口座管理手数料が発生します。

 

注意しておけば口座管理手数料がかかることはないのでIG証券のデメリットとまでは言えませんが、念のため覚えておきたい注意事項です。

 


FX会社おすすめランキングはこちら

 

 

IG証券のメリット

FXはもちろん世界中の株など幅広い銘柄をCFDで取引きしたいならIG証券。トレーダーによってはそう考える人もいます。
IG証券には、他のFX会社には無い強みや特徴があります。
次に、IG証券が他社に優るメリットについて解説していきます。

 

絶対に滑らないノースリッページ注文

相場急変動のリスクヘッジに最も効果的なのは、IG証券のノースリッページ注文です。
重要指標発表時や有事の際であっても、100%指定した価格で逆指値決済をしてくれます。

 

リーマンショックやスイスフランショックのような事態に備えて、リスクヘッジとして利用したい注文機能です。

 

また、流動性の低いマイナー通貨ペアや、地政学的リスクの高い通貨を取引する際にも、損失を限定するために利用することをおすすめします。

 

ただし、ノースリッページ注文には手数料がかかります。米ドル円1万通貨単位であればおおよそ100円の手数料となりますが、ノースリッページ注文が発動しない限りは手数料はかからないので、損失限定の保険として利用すると良いでしょう。

 

金融危機のような非常事態も回避できるので、IG証券のノースリッページ注文は高く評価されているサービスです。

逆指値との違い

逆指値注文(ストップ注文)は指定価格に到達後、成行注文によって決済されるためスリッページが起こる可能性があります。場合によっては指定した価格とは大きく異なる価格で約定する可能性もあり、完全にリスクを限定することはできません。

 

約100通貨ペアを取引可能

IG証券で取引できる通貨ペアは約100種類、他のFX会社と比較して非常に豊富なラインナップです。

 

トルコリラやメキシコペソはもちろんのこと、ブラジルレアル/円やユーロ/ズロチなど、人気の通貨ペアも一通り取り揃えています。

 

スワップ目的のキャリートレードを目的とした中長期の投資用口座としてIG証券を利用するのもいいと思います。

 

 

世界の売買比率がわかる

IG証券では、通貨ペアごとのポジション売買比率を確認することができます。
IG証券で取引しているトレーダーが、「買い」と「売り」どちらのポジションを保有しているのか?通貨ペア別に公開されています。

 

売買比率を公開しているFX会社はIG証券以外にもいくつかありますが、売買比率を確認するのであればIG証券のように世界中でサービスを展開している会社がおすすめです。

 

FXは世界中のマーケットで取引されています。
主に日本国内でサービスを提供しているFX会社の売買比率では、国内のトレーダーに限った売買比率となり、情報として偏りがあります。

 

世界各国でFX取引サービスを提供しているIG証券であれば、ロンドン市場とニューヨーク市場を含む、世界中のトレーダーの売買比率を確認することができます。

 

特に、ユーロポンドなど日本以外の取引量が多い通貨ペアに関しては、IG証券のような外資系FX会社の売買比率を参考にすることをおすすめします。

 

 

専属担当者がつく

IG証券では、取引機会の多い顧客には専属の担当者が付きます。
電話やメールだけではなく、直接訪問や対面でのサポートも可能です。

 

顧客の要望に真摯に耳を傾けてくれると、利用者からも評判の良いサービスとなっています。

 

また、アナリストによる電話や対面での情報提供も行っています。
他のFX会社にはないハイグレードな待遇に興味がある方は、IG証券で口座開設してみることをおすすめします。

 

この点もFX初心者ではなく中上級者のトレーダー、本格的にFXを始めたい方がIG証券をメイン口座に選ぶ一つの理由かもしれません。

 

 

魅力的なキャッシュバックキャンペーン

 

IG証券の新規口座開設キャンペーン

 

多くのFX会社では新規口座開設のキャッシュバックキャンペーンを用意していますが、FX会社によってキャッシュバック金額や条件は様々で、中には条件達成が難しいものもあります。

 

IG証券のキャッシュバックキャンペーンは、新規口座開設後50万円以上の入金と、30日以内に1回取引を行うだけで5000円のキャッシュバックがもらえます。
さらに、取引量に応じて最大で5万円のキャッシュバックがもらえます。

 

5000円であれば他のFX会社と比較して条件が緩く、非常に魅力的なキャンペーンと言えます。

 

なお、IG証券のキャッシュバックキャンペーンには有効期限があるので、口座開設される方は事前に確認しておくことをおすすめします。

 

\今なら新規口座開設で5万円キャッシュバック/

IG証券公式サイトへ
無料で口座開設する

 

 

安心の大手企業

IGグループは世界三大市場のロンドン証券取引所に上場していて、ロンドン証券取引所の株価指数「FTSE250種総合株価指数」にも採用されている大手優良企業です。
40年以上の長い歴史を持ち、有利子負債ゼロの安定した経営を続けています。

 

IG証券はロンドンに拠点を置くIGグループの日本法人で、金融庁による認可を受けた証券会社です。

 

IG証券では顧客の資産を保護する目的として信託保全を行っています。

 

IG証券が顧客から預かった証拠金は、IG証券の財産とは切り離して三井住友銀行によって管理されています。

 

万が一IG証券が経営破綻した場合でも、顧客の資産は三井住友銀行によって保全され、顧客に返還される仕組みになっているので安心です。

 

IG証券の信託保全

 

 

月曜日は1時間早く取引可能

IG証券の月曜日の取引開始時間は午前6時です。(英国サマータイム適用時は午前5時)

 

多くのFX会社では午前7時となっているので、IG証券の顧客は週明けに早く動き出すことができます。

 

月曜の取引開始直後は、土日の出来事を踏まえてレートが大きく変動することもあるため、金曜の終値と月曜の始値に大きな差が生じることがあります。

 

週明けのチャートに発生した窓

 

これをFX用語では「窓が開く」と言いますが、大きく開いた価格差は、少しづつ元に戻る確率が高いと言われています。

 

このような週明けのレート乖離を狙う取引手法を「窓埋めトレード」と言いますが、IG証券のように取引開始時間が早い会社は、窓埋めトレードを狙うには有利になります。

 

また、IG証券ではニューヨーククローズ後の日次メンテナンスがありません。
多くのFX会社では朝方に10分程度のメンテナンス時間があり、ログインや注文ができなくなるため、通勤時間などと被るトレーダーにとっては非常に不便です。

 

IG証券では朝方のメンテナンスがないので、朝方に注文や情報収集を行う方には便利でおすすめです。

 

 

少額取引できるノックアウト・オプション

IG証券のノックアウト・オプションとは、少ない資金(オプション料)で大きな利益獲得チャンスを提供しつつ、大きな損失からトレーダーを守る「攻守」に優れた新しい金融商品です。

 

為替レート(原資産価格)が予想通りに動けば利益が発生し、予想とは反対に動くと損失となります。

 

ノックアウト・オプションはオプションのひとつなのでFXとは異なりますが、利益損失が発生する仕組み自体はFXと同じです。

 

IG証券のノックアウト・オプションの特徴は以下の2点です。

 

  • 最大損失額が事前に分かる
  • 非常に少ない資金で取引できる

 

IG証券のノックアウト・オプションでは、事前に「ノックアウト価格」という損切りラインを選択する必要があります。

 

このノックアウト価格に達すると自動で決済となり、スリッページも起こらないためそれ以上の損失が発生することはありません。

 

最大損失額を確認した上で取引できるのがIG証券のノックアウト・オプションのメリットです。

 

また、購入に必要となる資金(オプション料)は最大損失額のみとなるため、資金効率の良い金融商品として人気を集めています。

 

 

様々な資産クラスを取引できるCFD

IG証券ではFXやノックアウト・オプション、バイナリーオプションに加えて、様々な資産クラスをCFDで取引できます。

 

ダウや日経平均をはじめとする世界各国の株価指数や、金や原油などの商品もCFDで取引できます。

 

また、アップルやアマゾンのような個別株もCFDで1株から取引できます。

 

世界中に拠点を置くグローバル企業のIG証券ならではの豊富な商品ラインナップです。

 

\今なら新規口座開設で5万円キャッシュバック/

IG証券公式サイトへ
無料で口座開設する

 

 

IG証券のスプレッド

IG証券のスプレッドは、主要通貨ペアを中心に狭い設定となっています。

 

外資系のFX会社はスプレッドが広いところが多くなっていますが、IG証券のスプレッドは好条件です。

 

 

IG証券のスワップポイント

IG証券のスワップポイントは、全通貨ペアを通して悪い条件ではありません。

 

ただし、プラスのスワップポイントに対してマイナススワップの数値がかなり大きいのはデメリットの一つと言えます。

 

一方で、みんなのFXのように売りスワップと買いスワップが同程度の水準に設定されているFX会社もあります。

 

売りポジションを保有することが多いトレードスタイルであれば、IG証券以外のFX会社も検討してみることをおすすめします。

 

 

IG証券の口座開設の流れ

 

IG証券口座開設の流れ

 

STEP1

口座開設フォーム入力

IG証券で口座開設をするには、まず初めにIG証券公式サイトの口座開設フォームへ進み、必要事項を入力します。

 

 

STEP2

必要書類の提出

本人確認書類を取引ツール上でアップロード、もしくはEメールか郵送にて提出します。
必要書類の提出をもって、口座開設の申し込みは完了となり審査に入ります。

 

 

STEP3

口座開設通知書の受け取り

IG証券の審査に通ると、ご登録住所宛てに取引に必要な情報が記載された書類が送られてきます。

 

 

STEP4

入金後取引開始

取引システムにログインし、「口座の有効化」と「入金」を行うと取引開始となります。

 

IG証券の口座開設審査

IG証券の口座開設審査の内容は公開されていません。
もしも口座開設審査に落ちた場合であっても、落ちた理由をIG証券に問い合わせても教えてもらうことはできません。

 

とは言え、FX会社の口座開設審査はクレジットカードやローンのようにお金を借りるわけではないので、審査は厳しくはないと言われています。

 

ある程度の収入、一般的な金融知識がある、一定の余剰金融資産がある方であれば、多くの場合は審査に通ると考えて良いでしょう。

 

\今なら新規口座開設で5万円キャッシュバック/

IG証券公式サイトへ
無料で口座開設する

 

 

IG証券に関するQ&A

取引時間は何時から何時までですか?

月曜日AM6:00〜土曜日AM7:00となります。
英国サマータイム適用時は、月曜日AM5:00〜土曜日AM6:00です。

 

最低入金額はいくらですか?

特に決まりはありません。

 

取引手数料はかかりますか?

取引に必要となる手数料はありません。スプレッドが実質的にIG証券に支払う取引手数料ということになります。

 

レバレッジは何倍での取引となりますか?

個人口座のレバレッジは原則として25倍です。(FXの場合)

 

 

IG証券の会社概要

IG証券の親会社であるIGグループは、ロンドン証券取引所に上場し、イギリスの株価指数FTSE250にも採用されている優良企業です。日本を含む世界15ヵ国にオフィスを展開しています。

 

通貨ペア 約100通貨ペア
最低取引通貨単位 1万通貨単位
クイック入金 8行
デモトレード
信託保全
自己資本規制比率 534.4%

 

 

IG証券の総評

IG証券には、100%滑らないノースリッページ注文や、世界基準の売買比率を見れる取引ツール、FX・CFD・各種オプションなど他のFX会社には無い魅力やスケールの大きなメリットがあります。

 

他のFX会社と上手に使い分けて、IG証券の強みを活かして利用してみると良いでしょう。

 


FX会社おすすめランキングはこちら

ページの先頭へ戻る