ひまわり証券でFX口座を開設する前に知っておくべきコト

ひまわり証券のFX口座には、通常の手動取引を行うひまわりFXと、リピート系FX口座のループ・イフダンがあります。

 

ひまわり証券のループ・イフダンは、リピート系FXの中でも比較的良い評判を獲得しています。

 

こちらのページでは、ひまわり証券とループ・イフダンについて、メリットやデメリットを解説しています。

 

 

 

ループイフダンとは?

 

ひまわり証券のループ・イフダン

 

 

ひまわり証券を語る上で必ず登場するのがループ・イフダン、数あるリピート注文の中でもループ・イフダンは評判の良いサービスです。

 

ひまわり証券のループ・イフダンとはどのような仕組みで動いているのか、以下にひまわり証券公式サイトの図を用いて解説していきます。

 

レンジ相場におけるループ・イフダンの挙動

 

ループ・イフダンとは、イフダン注文を自動的に繰り返す注文方法です。

 

事前に設定した値幅が動くごとに、自動的に売買が繰り返されます。上記は「買い」でループ・イフダンを設定した場合の例となります。

 

相場上昇時のループ・イフダンの挙動

 

相場の方向が的中した場合には、相場を追いかけながらどんどん利益を積み上げていきます。相場がいつ反転しても利益を逃さないよう、細かく利益確定と新規買いを積み重ねます。

 

トレンド局面でもレンジ相場でも、常に収益チャンスを狙えるのがひまわり証券のループ・イフダンの特徴です。

 

反対に、予想とは逆の方向に相場が動いた場合には、以下のように含み損が増えていくことになります。

 

相場下落時のループ・イフダンの挙動

 

相場が反転した場合には大きな利益を狙えますが、下がり続けている間は含み損を抱えることになります。

 

ただし、下げる相場でもわずかな上昇で利益を狙えるのが、ループ・イフダンが高く評価されているポイントです。

 

 

 

初心者にも利用しやすい自動売買

ひまわり証券のループ・イフダンのメリットとして、設定のシンプルさがあげられます。

 

ループ・イフダンの設定は「売買システム」「取引数量」「最大ポジション数」の3つを選ぶだけ、初心者でも簡単に設定できるのが強みです。

 

ひまわり証券ループ・イフダンの設定

 

細かいカスタマイズはできませんが、FX初心者にとっては理解しやすい自動売買と言えます。

 

また、好成績のループイフダン設定がランキングで公開されているので、設定に迷った際には参考になります。

 

 

取引手数料無料!1,000通貨単位から取引OK

アイネット証券のループイフダンは、コストが安くて少ない資金で始められるのも強みの一つです。

 

取引手数料は無料となっていて、1,000通貨単位〜と少額にも対応しています。

 

ループイフダンが気になったら、まずは試しに1,000通貨単位の少額で稼働させてみるのも良いでしょう。

 

 

ループイフダンで重要なのは資金管理

ループイフダンは含み損を抱えながら利益を積み上げる投資方法でもあります。

 

ループイフダンで利益を上げるためには、ロスカットされずに含み損に耐えられるだけの資金を維持しておくことが重要になります。

 

最大ポジション数などの設定に対して、十分な資金を投入しておくことが、ループイフダンで勝つためのポイントと言えます。

 

≫ひまわり証券公式サイト

 

 

 

ひまわり証券とアイネット証券の違い

ひまわり証券のループ・イフダンは、グループ会社のアイネット証券でも提供されているサービスです。

 

同じグループ会社のサービスではありますが、ひまわり証券とアイネット証券では、以下のような違いがあります。

 

 

取り扱い通貨ペア

 

ひまわり証券ループ・イフダンで取引できる通貨ペア

 

ひまわり証券のループ・イフダンで取引できる通貨ペアは、上記の5種類に限られます。

 

それに対して、アイネット証券のループイフダンでは、全部で24種類の通貨ペアに対応しています。

 

ひまわり証券のループ・イフダンでは取引できない通貨ペアが多いので注意が必要です。

 

 

スワップポイント

アイネット証券はスワップポイントが高いことでも評判の良いFX会社です。

 

それに対してひまわり証券のスワップポイントは、買いスワップに関しては平均的な数値となっていますが、売りのマイナススワップが大きいのがデメリットとなっています。

 

例えば米ドル円の買いスワップが40円であるのに対して、売りスワップは-75円と、トレーダーにとっては不利な条件となっています。

 

その点アイネット証券のスワップポイントに関しては、買いも売りも比較的良い条件となっています。

 

 

損切り設定の可否

ひまわり証券のループ・イフダンでは、保有してもよい最大ポジション数をはじめに設定しておきます。

 

相場が予想とは逆に進んだ時には、最も損失の大きいポジションを損切りして、新しいポジションを新たに保有することで、最大ポジション数をキープします。

 

ひまわり証券のループ・イフダンで損切りが発生する例

 

アイネット証券でも同様に、保有してもよい最大ポジション数をはじめに設定しておきます。

 

相場が予想とは逆に進んだ時には、損切りして新しいポジションを持つか、損切りはせずに新たなポジションを買わないか、はじめの設定で選ぶことができます。

 

ループイフダンで損切りしない場合

 

ループイフダンの損切り設定に対する考え方はトレーダーによって違いますが、損切りはしない方が良いと考えるトレーダーもいます。

 

特に、長期でコツコツ資産を増やすような取引スタイルを目指すのであれば、損切りなしの方が相性が良いとも言われています。

 

いずれにせよ、損切りアリとナシで選択できるアイネット証券の方が、ひまわり証券と比較して幅広い取引スタイルに対応できることは間違いありません。

 


アイネット証券公式サイト

 

 

 

ひまわり証券のメリット

FX口座を開設するならひまわり証券、トレーダーの中にはそう答える人もいます。

 

ひまわり証券には、他のFX会社には無い特徴がいくつかあります。
ひまわり証券がFXトレーダーから選ばれる理由とは?

 

 

 

多種多様なレポートとWEBセミナー

 

ひまわり証券の口座開設者限定レポート

 

ひまわり証券のメリットの一つに、為替アナリストによるレポートやWEBセミナーがあります。

 

ひまわり証券の為替アナリストや著名FXトレーダーが、今後の為替動向を予測したり、テクニカル分析の手法を動画やレポートで公開しています。

 

FX初心者には少し難しい内容のものもありますが、トレードのヒントや後押しになる情報が欲しい方にはおすすめです。

 

また、ファンダメンタルズやテクニカル分析を徹底的に勉強したい方は、ひまわり証券で基礎から学んでみるのも良いでしょう。

 

 

 

未来のチャートを予測する「さきどりテクニカル」

 

ひまわり証券のさきどりテクニカル

 

ひまわり証券のさきどりテクニカルは、現在のチャートの形を分析して、過去のチャートの形から似たものを抽出して表示してくれる機能です。

 

これから先どのようなチャートを描く可能性が高いのか、過去のデータをもとに予測して表示してくれます。

 

また、テクニカル指標を分析して、これから先の相場は買いか売りかをアイコンで表示してくれます。

 

ひまわり証券のさきどりテクニカル

 

さきどりテクニカルは必ず当たるとは言い難いものですが、売買のタイミングを決める参考程度に利用してみるのも良いでしょう。

 

 

 

自己資本規制比率

FX会社の安全性を計る基準として、自己資本規制比率というものがあります。

 

自己資本規制比率とは、自己資本から固定的な資産を控除した「固定化されていない自己資本の額」を、発生しうる危険に対応する「リスク相当額」で除して算出する比率のことです。

 

分かりやすく言い換えるなら、証券会社がどの程度のリスクに対応できる資金を持っているかということになります。

 

自己資本規制比率が100%を下回ると、金融庁は証券会社に対して業務の停止命令を出すことができます。

 

なお、ひまわり証券の自己資本規制比率は737.4%(2019年12月時点)、FX業界では比較的高い数値となっています。

 

≫ひまわり証券公式サイト

 

 

 

ひまわり証券のデメリット

リピート注文の中でも比較的口コミの良いループ・イフダンですが、中にはひまわり証券は利用しないと言うトレーダーもいます。

 

続いてひまわり証券が他社に劣るデメリットについて解説していきます。

 

 

裁量取引は1万通貨単位から

ひまわり証券はリピート注文のループ・イフダンが特徴のFX会社ですが、通常の手動取引をするにはそれほどおすすめはできません。

 

その理由の一つとして、ひまわり証券で通常の裁量取引を行う場合、最低取引通貨単位は1万通貨単位となっています。

 

少額資金でFX取引をしたい方や、FX初心者にはやや厳しい条件かもしれません。

 

なお、ループ・イフダンであれば1,000通貨単位から取引を始めることができます。

 

 

 

スプレッドが広い

ひまわり証券のスプレッドは、全通貨ペアを通してかなり広めの設定となっています。

 

また、時間帯によってはさらにスプレッドが広がるので、取引にかかるコストが高いFX会社と言えます。

 

ループ・イフダンのようなリピート注文においては、どのFX会社でもスプレッドが高いのが一般的です。

 

しかし通常の取引においてもスプレッドが広いのは、ひまわり証券の大きなデメリットと言えます。

 

 

 

電話サポート時間が短い

ひまわり証券では、お客様からの問い合わせに電話とメールで対応しています。

 

サポートセンターの電話受付時間は平日8:00〜17:00まで、24時間対応しているFX会社と比較すると評価は劣ります。

 

また、FX会社で最近増えてきているLINE問い合わせにも対応していません。

 

FX初心者の方でサポートに頼る機会が多い方は、24時間サポートを提供しているFX会社を選ぶことをおすすめします。

 

 

 

高金利通貨ペアが少ない

ひまわり証券で取引できる通貨ペアは24種類(ループ・イフダンは5種類)、他のFX会社と比較すると多い方です。

 

しかし、取り扱い通貨ペアには外貨同士の通貨ペアが多く、反対に高金利通貨ペアは少なくなっています。

 

高金利通貨として人気の高いトルコリラやメキシコペソ、人民元はひまわり証券では取り扱いがありません。

 

≫ひまわり証券公式サイト

 

 

 

ひまわり証券の取引ツール

ひまわりFX WEB

 

ひまわり証券のWEB取引ツール

 

Internet ExplorerやGoogle Chromeなどのブラウザを使って、ネット上で利用する取引ツールです。
チャートが比較的シンプルなので、FX初心者やひまわり証券が初めての方にもおすすめです。

 

 

ひまわりFX PRO

 

ひまわり証券のダウンロード版取引ツール

 

パソコンにソフトをインストールして使うタイプの取引ツールです。素早い操作にも対応できるので、デイトレーダーにおすすめの取引ツールとも言えます。
テクニカル指標が豊富に搭載されていて、画面表示を自由にカスタマイズすることも可能です。
過去の取引を分析する機能も利用できるなど、ひまわり証券の高機能取引ツールの位置付けとなっています。

 

 

スマホアプリ

 

ひまわり証券のスマートフォンアプリ

 

iPhoneとAndroidそれぞれにスマホアプリが提供されています。

 

 

タブレット

 

ひまわり証券のタブレット操作画面

 

iPadとAndroidタブレットそれぞれに専用アプリが提供されています。
iPadでは、レイアウトを自分好みにカスタマイズすることもできます。

 

 

 

ひまわり証券のFX口座開設の流れ

 

ひまわり証券の口座開設の流れ

 

STEP1

お申込フォーム入力

ひまわり証券公式サイトのお申し込みフォームより、必要事項を入力していきます。お申し込みフォームの入力には、おおよそ5分程度かかります。

 

 

STEP2

必要書類の提出

マイナンバーと本人確認書類を提出します。提出方法はWEBアップロード、郵送、FAXから選択できます。(本人確認書類のみメール送信も可)必要書類の提出をもって、口座開設の申し込みは完了となり審査に入ります。

 

 

STEP3

口座開設通知の受け取り

ひまわり証券の審査に通ると、本人確認書類に記載された住所に、ログインIDなどが記載された書類が送られてきます。ログインして入金が完了すると、いよいよFXスタートです!

 

 

 

ひまわり証券に関するQ&A

取引時間は何時から何時までですか?

月曜日AM7:00〜土曜日AM6:55となります。
サマータイム適用時の夏時間は、月曜日AM7:00〜土曜日AM5:55です。
また、以下の時間帯にはシステムメンテナンスが実施されます。
火曜日〜金曜日AM6:55〜AM7:05(サマータイム期間はAM5:55〜AM6:05)

 

最低取引金額はいくらからですか?

ループ・イフダン口座は1,000通貨単位から、通常取引のひまわりFX口座は10,000通貨単位からです。

 

手数料はかかりますか?

ループ・イフダンを含むFX取引や、口座開設に必要となる手数料はありません。FX口座に銀行振込で入金する際には振込手数料がかかりますが、クイック入金を利用すれば振込手数料も必要ありません。スプレッドのみが実質的な手数料ということになります。

 

 

 

ひまわり証券の会社概要

ひまわり証券は、個人投資家向けに日本で初めてFXサービスを開始した老舗のFX業者です。

 

ISホールディングスのグループ会社であり、同じく子会社のFX業者には外為オンライン、アイネット証券、ライブスター証券があります。

 

ひまわり証券では、以前は株式などの取り扱いもしていましたが、東日本大震災による株価暴落の影響を受けて、証券業は2011年に撤退しています。

 

通貨ペア 24通貨ペア(ループ・イフダンは5通貨ペア)
最低取引通貨単位 1,000通貨単位〜
クイック入金 8行
デモトレード
信託保全
自己資本規制比率 737.4%

 

 

ひまわり証券の総評

ひまわり証券の最大の強みはループ・イフダン、ひまわり証券が最も売り出しているサービスでもあります。

 

しかしながら、同じグループ会社のアイネット証券のループイフダンと比較すると、取り扱い通貨ペアや損切り設定の可否、スワップポイントから見劣りします。

 

リピート注文の仕組み自体はほとんど同じ内容なので、ループイフダンが目的ならアイネット証券の方がおすすめです。

 


FX会社おすすめランキングはこちら

 

 

ページの先頭へ戻る