EZインベスト証券で口座開設する前に知っておくべき欠点とは?

EZインベスト証券公式サイト

 

MT4によるFXや株価指数CFDの取引が可能なEZインベスト証券ですが、トレーダーの中にはEZインベスト証券は選ばないという人もいます。

 

EZインベスト証券を選択しないトレーダーはなぜそう判断するのか、EZインベスト証券のデメリットについて以下に解説していきます。

 

 

 

情報配信が少ない

多くのFX会社では、トレードの判断材料となるようなニュースやレポートを配信しています。

 

また、取引手法やチャート分析などに関するセミナーを、動画で配信しているFX会社もあります。

 

この点においてEZインベスト証券では、ユーザーへの情報配信やセミナー等はほとんどありません。

 

FXで収益を上げるためには情報収集が必須であり、初心者の方にはFXについて学ぶ環境も必要です。

 

これからFXを始める方にとっては、EZインベスト証券は難しい環境と言えるでしょう。

 

 

 

低水準のスワップポイント

EZインベスト証券のスワップポイントは、全通貨ペアにおいてそれほど良い条件とは言えません。

 

特に注意しておきたいのは、「買い」と「売り」のスワップ差が非常に大きく、売りポジションを持つとスワップの支払いが大きくなる点です。

 

通貨ペアによっては買スワップと売スワップの両方がマイナスということもあるので、長期トレードが中心の方にはEZインベスト証券はおすすめできません。

 

一方で、DMM FXのように売りスワップと買いスワップが同程度の水準に設定されているFX会社もあります。

 

中長期の取引が主体あれば他のFX会社を選ぶことをおすすめします。

 

 

 

人気の高金利通貨ペアが少ない

EZインベスト証券で取引できる通貨ペアは31種類となっていますが、そのうちの多くは外貨同士の通貨ペアとなっています。

 

トルコリラ円や南アフリカランド円のように、近年人気の高い高金利通貨ペアの取り扱いはありません。

 

スワップポイントを狙った取引をするのであれば、EZインベスト証券は適していないと言えるでしょう。

 

 

 

電話サポートの受付時間が短い

EZインベスト証券のデメリットとして、電話サポートの受付時間が短いことも上げられます。

 

電話受付時間は平日の9時〜17時まで、土日祝日は対応時間外となっています。

 

FX初心者にとっては、取引ツールの使い方や為替分析など、何かと利用することが多い電話サポートです。

 

平日しか電話ができないEZインベスト証券は、日中仕事をしている方にとっては利用しづらいかもしれません。

 

 

 

入出金に関するデメリット

EZインベスト証券には、入出金に関して不便に感じる点がいくつかあります。

 

EZインベスト証券でクイック入金を利用するには最低1万円からとなっていて、1万円未満の入金であれば通常振込となり別途手数料がかかります。

 

また、出金に関しても同じく最低1万円から(全額出金の場合を除く)となっていて、出金依頼ができるのは1営業日につき1回までとなっています。

 

大きなデメリットとはなりませんが、他のFX会社と比較するとサービス面で劣る印象です。

 

 

 

 

EZインベスト証券のメリット

FX会社ならEZインベスト証券、トレーダーによってはそう考える人もいます。

 

EZインベスト証券には、他のFX会社には無い強みや特徴があります。

 

次に、EZインベスト証券が他社に優るメリットについて解説していきます。

 

 

 

人気プラットフォームMT4が使える

 

EZインベスト証券のEZMT4のインターフェース

 

MT4とは、ロシアの企業が開発したFX取引ツールのことで、全世界100ヵ国以上で利用されている人気の取引ツールです。

 

国内のFX業者でMT4を提供しているところは限られていますが、EZインベスト証券はそのうちの一社となっています。

 

EZインベスト証券のMT4では50種類以上のテクニカル指標が利用可能で、高度なテクニカル分析に基づいたトレードに適しています。

 

また、EA(自動売買プログラム)を使ったシステムトレードも可能です。

 

高機能でカスタマイズもしやすいため、プロのトレーダーからも高い評価を獲得している取引ツールです。

 

なお、EZインベスト証券のMT4はマルチデバイス対応となっていて、iPhoneやiPad、Androidスマートフォンなどでも取引できます。

 

 

 

EZインベスト証券はスキャルピングOK

スキャルピングとは、数十秒単位で通貨ペアの売買を繰り返して、少額の為替差益を積み重ねていく取引方法のことを言います。

 

スキャルピングはシステムに負荷がかかることもあり多くのFX会社で禁止されていますが、EZインベスト証券ではスキャルピングを公認しています。

 

スキャルピングを容認しているということは、システムが強固である裏返しとも考えられます。

 

 

 

発注から約定までに人手を介さないNDD方式

NDD方式とは、ノーディーリングデスク方式の略語であり、FX会社のディーラーが手を加えずに、投資家の注文を単純にインターバンク市場(銀行間の為替取引が行われる市場)に流す方法を意味します。

 

主に海外のFX会社では、NDD方式を採用するのが一般的になっています。

 

NDD方式

 

 

対して、国内のFX会社の多くはDD方式(ディーリング・デスク方式)を採用しています。
DD方式では、投資家の取引相手はFX会社となり、FX会社はインターバンクで反対売買(カバー取引)を行うことでバランスを保っています。

 

DD方式

 

投資家の取引相手がFX会社になると言うことは、投資家とFX会社は利益相反の関係になるということです。

 

つまり、投資家が負ける取引を行えば、FX会社は儲かるということになります。

 

このような投資家とFX会社の利益相反の構図を嫌い、DD方式のFX会社は利用しないという投資家も存在します。

 

と言うのも、取引ツールやレートを提供しているのはFX会社であり、投資家は相手の土俵で戦っているとも考えられるからです。

 

これに対して、NDD方式のFX会社は取引に関与せず、単純に顧客の注文を取り繋いでいるだけになるので透明性が高いという意見もあります。

 

しかしながら、昨今は金融庁による監視や規制が厳しいこともあり、DD方式を採用する国内のFX会社も信頼性が高い企業ばかりです。

 

利益相反の関係性とは言え、フェアで顧客本位の運営をしているFX会社も多くあります。

 

また、DD方式のFX会社はNDD方式のFX会社と比較して、圧倒的にスプレッドが狭いというのも見逃せないポイントです。

 

そのため、DD方式かNDD方式かについては、検討する必要はないという考え方が最近は多くなっています。

 

 

 

EZインベスト証券のスプレッド

EZインベスト証券のスプレッドは、国内のFX業者では珍しい変動制となっています。

 

変動制スプレッドでは常にスプレッドが変化しているため、タイミングによっては無駄なコストがかかることもあります。

 

注文する際にはレートに加えて、スプレッドもチェックする必要があります。

 

なお、EZインベスト証券のスプレッドの参考として、米ドル円の平均的なスプレッドは0.6銭〜0.8銭程度(スタンダードコースの場合)となっています。

 

スプレッドを狭く設定しているFX会社と比較すると、EZインベスト証券は決して良い条件とは言えません。

 

また、1,000通貨単位など少額の取引では、スプレッドが広がりやすいとの口コミも多く見られます。

 

 

 

EZインベスト証券のスワップポイント

EZインベスト証券のデメリットとして解説したように、スワップポイントは比較的低い水準となっています。

 

スワップポイントを狙った取引や、中長期のトレードにはEZインベスト証券は不向とも言えます。

 

 

 

 

EZインベスト証券の取引コース

EZインベスト証券のFX口座には、「スタンダードコース」「ハーフコース」「ミニコース」と3種類のコースが用意されています。

 

それぞれのコースの違いは二つ、最小取引通貨単位とスプレッドです。

 

コース 取引単位 スプレッド
スタンダード 10,000通貨単位 変動制
ハーフ 5,000通貨単位 スタンダード+0.5pips
ミニ 1,000通貨単位 スタンダード+1pips


「ハーフコース」と「ミニコース」はスプレッドがさらに広くなることと、キャンペーン等の対象外となることもあるので、おすすめはやはり「スタンダードコース」です。

 

 

 

EZインベスト証券の口座開設の流れ

 

EZインベスト証券口座開設の流れ

 

STEP1

口座開設フォーム入力

EZインベスト証券で口座開設をするには、まず初めにEZインベスト証券公式サイトの口座開設フォームへ進み、必要事項を入力します。

 

 

STEP2

必要書類の提出

マイナンバー書類と本人確認書類を、「Eメール」または「郵送」にて提出します。必要書類の提出をもって、口座開設の申し込みは完了となり審査に入ります。

 

 

STEP3

口座開設通知書の受け取り

EZインベスト証券の審査に通ると、ご登録住所宛てにユーザーIDとパスワードが記載された書類が送られてきます。

 

 

STEP4

入金後取引開始

EZインベスト証券指定の銀行口座に振込、またはクイック入金にてFX口座に入金すると、いよいよFX取引がスタートとなります。

 

 

 

EZインベスト証券に関するQ&A

取引時間は何時から何時までですか?

月曜日AM7:05〜土曜日AM7:00となります。
サマータイム適用時の夏時間は、月曜日AM6:05〜土曜日AM6:00です。
また、以下の時間帯にはシステムメンテナンスが実施されます。
毎取引日AM7:00〜AM7:05(サマータイム期間はAM6:00〜AM6:05)

 

取引手数料はかかりますか?

取引に必要となる手数料はありません。スプレッドが実質的にEZインベスト証券に支払う取引手数料ということになります。

 

デモトレードはできますか?

30日間無料のデモ口座でデモトレードができます。

 

 

 

EZインベスト証券の総評

EZインベスト証券の最大の特徴は、MT4を使った株価指数CFD取引です。

 

FXの取引条件や環境については、他のFX会社と比較して突出した強みは見当たりません。

 

FXと株価指数を一つの口座で取引したい方にはEZインベスト証券も良い選択ですが、FXだけを考えている皆様には他のFX会社も検討してみることをおすすめします。

 


FX会社おすすめランキングはこちら

 

 

ページの先頭へ戻る