アップルウォッチやスマートウォッチで使えるFXアプリ!

FXのレートチェックや発注などをスマホで行うのはもはや当たり前!
さらにFX会社によっては、アップルウォッチやスマートウォッチで利用できるFXアプリを提供しています。

 

アップルウォッチやスマートウォッチを活用することで、スマホをポケットから出すこともなくレートやチャートを確認することができます。

 

こちらのページでは、アップルウォッチやスマートウォッチで使えるFXアプリについて比較解説していきます!

 

外為どっとコム

 

アップルウォッチ

 

FX専業業者として高い人気を誇る外為どっとコムでは、アップルウォッチで使えるFXアプリを提供しています。

 

外為どっとコムのアップルウォッチ対応FXアプリで表示できる情報は、「レート」「チャート」「経済指標」の3つです。

 

レート表示

 

アップルウォッチ

 

外為どっとコムのアップルウォッチ対応FXアプリでは、レート一覧画面にて30通貨ペアのレートを確認することができます。

 

アップルウォッチ上に表示される通貨ペアをタップすると詳細画面へと切り替わり、BidとAsk、高値と安値、さらに前日NY終値と現在レートとの差が表示されます。

 

通貨ペアの表示・非表示や並び順、レートの更新頻度(5秒・10秒・30秒・60秒)はiPhoneから設定することができます。

 

 

チャート

 

アップルウォッチ

 

外為どっとコムのアップルウォッチ対応FXアプリでは、全30通貨ペアのチャートを表示させることができます。
足種は13種類、BID/ASKの選択や、平均足チャートの表示もアップルウォッチ上で可能です。

 

ただし、通貨ペアや足種などチャートの設定はアップルウォッチからではなく、iPhoneの設定画面からの操作となっています。

 

アップルウォッチでチャートを確認するのであれば、チェックする機会が多い通貨ペアや足種で設定しておくと良いでしょう。

 

 

週間予測カレンダー

 

アップルウォッチ

 

外為どっとコムのアップルウォッチ対応FXアプリでは、「週間予測カレンダー」のメニューより当日の経済指標を確認することができます。

 

経済指標では「前回」「予想」「結果」の3つの数値をアップルウォッチで確認することができます。

 

 

発注機能は非搭載

外為どっとコムのアップルウォッチ対応FXアプリからは、発注はできません。
あくまでもレートやチャート、経済指標など、FXの情報収集に利用するアプリとなっています。

 

アップルウォッチはiPhoneと比較してスクリーンがかなり小さいので、誤発注防止の意味でも発注には適していません。

 

レート表示 レート更新間隔 チャート
30通貨ペア 5秒/10秒/30秒/60秒
経済指標 発注 利用料
× 無料

 

 

 

 

GMOクリック証券

 

スマートウォッチ

 

GMOクリック証券では、スマートウォッチで為替レートやチャートの確認ができるAndroid Wearアプリ「FX Watch!」をリリースしています。

 

レート表示

 

スマートウォッチ

 

GMOクリック証券のAndroid Wearアプリでは、スマートウォッチにレート表示が可能です。

 

レート表示は1通貨ペア、2通貨ペア、4通貨ペアの3パターンの画面表示から選択可能で、更新間隔は5秒〜12時間の10パターンとなります。

 

スマートウォッチでリアルタイムのレートをチェックするなら短い間隔で、スマートウォッチの電池消費量やデータ通信量を抑えるなら長い間隔で設定すると良いでしょう。

 

外為どっとコムのアップルウォッチ対応アプリと比較すると表示できる通貨ペアは少なくなりますが、デザインも良く見やすいインターフェースとなっています。

 

 

チャート

 

スマートウォッチ

 

GMOクリック証券のFXアプリでは、全20通貨ペア×8種類の足種のチャートをスマートウォッチ上に表示可能です。
チャートの通貨ペアや足種の切り替えもスマートウォッチの操作で可能です。

 

また、チャート画面を長押しすると、Android版スマホアプリの取引画面が立ち上がります。
手元のスマートウォッチでチャートをチェックして、素早くスマホから取引ができる仕様となっています。

 

 

経済指標と発注機能は非対応

GMOクリック証券のスマートウォッチ対応FXアプリには、経済指標の表示機能は搭載されていません。

 

また、外為どっとコムのアップルウォッチ対応FXアプリと同じく、発注や注文変更などの機能もありません。

 

GMOクリック証券のスマートウォッチ対応FXアプリの機能は、レート表示とチャートの2点となります。

 

レート表示 レート更新間隔 チャート
最大4通貨ペア 5秒〜12時間
経済指標 発注 利用料
× × 無料

 

 

 

 

アップルウォッチと併用がおすすめ!スマホのアラート通知

Apple Watch発売当初はSBI FXトレードやIG証券でもアップルウォッチ対応のFXアプリを提供していましたが、現在は提供を終了しています。

 

DMM FXやYJFX!など主要FX会社においてもアップルウォッチ対応のFXアプリは提供していないので、現状ではアップウォッチであれば外為どっとコム、スマートウォッチで使えるAndroidアプリであればGMOクリック証券に限られています。

 

アップルウォッチやスマートウォッチに対応しているFX会社は多くはありませんが、スマホのアラート通知機能に対応しているFX会社はたくさんあります。

 

また、LINEアプリによる通知に対応しているFX会社も増えつつあるので、普段からLINEを利用している方は必見です。

 

取引機会を逃さないためにも、アップルウォッチに加えてスマホのアラート通知やプッシュ通知、LINE通知も活用することをおすすめします。

 


LINE通知対応のFX会社を徹底比較!経済指標やレートアラート通知

 

ページの先頭へ戻る