みんなのFXとLIGHT FXの違いを比較!

みんなのFXとLIGHT FXのロゴ

 

トレイダース証券が提供する2つのFX口座「みんなのFX」と「LIGHT FX」。取引条件や取引ツールなど非常に似ているみんなのFXとLIGHT FXですが、当然ながら全く同じサービスということはなく、いくつか決定的な違いもあります。

 

こちらの記事では、みんなのFXとLIGHT FXの違いについて、また、みんなのFXとLIGHT FXの両方で口座開設をした際のキャンペーンの適用になどについて解説していきます。

 

この記事の監修者

監修者の水上紀行


水上 紀行
バーニャ マーケット フォーカスト代表
1978年三和銀行(現、三菱UFJ銀行)入行。1983年よりロンドン、東京、ニューヨークで為替ディーラーとして活躍。 東京外国為替市場で「三和の水上」の名を轟かす。1995年より在日外銀において為替ディーラー及び外国為替部長として要職を経て、現在、外国為替ストラテジストとして広く活躍中。長年の経験と知識に基づく精度の高い相場予測には定評がある。著書はこちら
Twitter:@mizukamistaff
ブログ:Banya Market Forecast オフィシャルサイト
メルマガ:水上紀行FXマーケットフォーカスト

 

 

みんなのFXとLIGHT FXの違いは9つ!

みんなのFXとLIGHT FXは、基本的なサービス内容についてはほとんど違いのないFX会社です。
以下の取引概要の一覧からも分かる通り、みんなのFXとLIGHT FXには共通点が数多くあります。

 

会社名 みんなのFXのロゴ LIGHT FXのロゴ
最少取引 1,000通貨 1,000通貨
通貨ペア 29通貨 29通貨
米ドル円 0.2銭 0.2銭
手数料 無料 無料
電話受付 7:00-22:00 7:00-22:00


ほとんど同じサービスにも見えるみんなのFXとLIGHT FXですが、実は2つのFX口座には9つの違いがあります。
みんなのFXとLIGHT FXの違いについて、以下に項目別に比較解説していきます。

 

 

みんなのFXとLIGHT FXは取扱サービスが違う!

みんなのFXでは、通常のFX取引に加えてシストレとバイナリーオプションの取引も可能です。

シストレとは?

指定した売買ルールに従って、プログラムが自動で売買を繰り返すトレード方法です。みんなのFXのシストレでは、他のトレーダーの取引をコピーして取引することもできます。みんなのFXで稼いでいるトレーダーの取引を、自動で追随して取引してくれます。

 

バイナリーオプションとは?

一定時間後に為替レートが今よりも上がっているか下がっているか、二択で選択します。予想が的中すると利益を上げることができる投資商品です。

みんなのFXで口座開設をすると、シストレやバイナリーオプションも利用できるようになります。

 

一方で、LIGHT FXは完全に裁量取引(通常のFX取引)に絞っています。
裁量取引しか行わないという方であれば、みんなのFXよりもLIGHT FXの方がシンプルで使い勝手が良いと感じるかもしれません。

 

 

デモトレードの有無

みんなのFXでは仮想の資金100万円を使ってデモトレードが体験できますが、LIGHT FXではデモトレードができません。
FXがはじめての初心者の方であれば、デモトレードを利用したいという方も多いでしょう。

 

とは言え、みんなのFXとLIGHT FXの取引ツールや画面デザインはほとんど同じなので、みんなのFXでデモトレードを利用して、LIGHT FXで本番取引に移行してもそれほど違いはありません。

 

また、デモトレードを長く利用すると、利益や損失を出した際に冷静に判断するメンタルコントロールが身につかないとの指摘もあります。
さらに、デモトレードで大きく利益を出して、ゲーム感覚のまま本番取引に挑んで大きな損失を被るというケースもあります。
デモトレードにはデメリットもあることを理解しておきましょう。

 

 

スプレッドは完全一致ではない

みんなのFXとLIGHT FXのスプレッドは、基本的には違いはありません。
ただし、スプレッドの縮小キャンペーンなどにより、みんなのFXとLIGHT FXのスプレッドに違いが出ることもあります。

 

キャンペーンはみんなのFXで開催されることもあれば、LIGHT FXで開催されることもあります。
どちらのFX口座の方がスプレッドが有利なのかは、その都度のキャンペーンによって変わってくるため、みんなのFXとLIGHT FXの両方で口座開設をして使い分けるトレーダーもいます。

 

 

スワップポイントは微妙に違う

スワップポイントは日々変動するため、みんなのFXとLIGHT FXで全く同じ日もあれば、違いがある日もあります。
多くの通貨ペアにおいてはみんなのFXとLIGHT FXで同一のスワップポイントになっていますが、南アフリカランドやメキシコペソなどの高金利通貨ペアにおいては、みんなのFXとLIGHT FXで違いがあることも多くなっています。

 

スワップポイントは日々変動しますが、LIGHT FXの方がスワップポイントが高い日が多い傾向にあります。
完全にスワップ投資に絞って考えるのであれば、みんなのFXよりもLIGHT FXの方がおすすめのFX口座と言えます。

 

 

キャンペーンの違い

みんなのFXとLIGHT FXでは、様々なキャンペーンやキャッシュバック企画が頻繁に開催されています。
みんなのFXとLIGHT FXで共通のキャンペーンもあれば、どちらか一方でのみ開催されるキャンペーンもあります。

 

スプレッド縮小キャンペーンやお友達紹介キャンペーンなど、それぞれのFX口座のメリットを活かすために、みんなのFXとLIGHT FXの両方で口座開設するトレーダーもいます。

 

 

取引ツールの違いを比較

みんなのFXとLIGHT FXの取引ツールやアプリは、色使いなど見た目は異なりますが、基本的なレイアウトに違いはほとんどありません。

 

みんなのFXの取引ツール

LIGHT FXの取引ツール

 

デザインは全く同じというわけではありませんが、実際に使ってみると違いを感じることはほとんどないでしょう。

 

ただし、みんなのFXではシストレとオプション取引もできるので、取引ツールにはそれぞれのサービスを切り替えるタブがあります。

 

みんなのFXの取引ツール

 

LIGHT FXではFX取引しかできないことから、LIGHT FXの取引ツールの方がよりシンプルにはなっています。

 

 

MyパフォーマンスはみんなのFXだけ!

みんなのFXでは、自分の取引結果を分析できるMyパフォーマンスが利用できます。
Myパフォーマンスでは、期間ごとの収益率や平均獲得pippなどが数値化され、グラフで表示されます。

 

みんなのFXのマイパフォーマンス

 

また、通貨ペア別に獲得pipsを見ることもできるので、得意な通貨ペアや苦手な通貨ペアを判断する材料となります。
MyパフォーマンスはLIGHT FXでは利用できないので、みんなのFXとの大きな違いと言えます。

 

 

対象としている顧客層が違う

みんなのFXは40代の顧客が多いのに対して、LIGHT FXでは20代〜30代の顧客をターゲットにしています。
とは言え、ターゲット年齢層によるサービス内容の違いはほとんどありません。

 

ターゲット年齢層の違いは、公式ホームページのデザインやマーケティング戦術の違い程度で、実際にFX取引を行う上ではあまり関係ありません。

 

みんなのFXにも20代の若いユーザーもいれば、LIGHT FXにも50代以上のユーザーはいます。
実際にサービスに違いがあるわけではないので、それほど気に留める必要のない違いです。

 


LIGHT FX公式サイトはこちら

 

 

みんなのFXとLIGHT FXの両方で口座開設はできる?

みんなのFXとLIGHT FXでは、どちらも新規口座開設のキャッシュバックキャンペーンを行っているので、両方で口座開設をしたいという方も多いでしょう。

 

みんなのFXとLIGHT FXは別口座の扱いとなるため、両方で口座開設をして併用することができます。

 

新規口座開設キャンペーンのキャッシュバックについても、条件さえ満たせば両方受け取ることが可能です。

 

みんなのFXとLIGHT FXは基本的な使い勝手は同じなので、二つのFX口座を持ちたいけれど、色々なFX会社の使い方を覚えるのは面倒という方におすすめです。

 

取引ツールの操作方法もほとんど同じなので、同じFX会社で二つの口座を持っている感覚で利用できます。

 

また、みんなのFXとLIGHT FXの両方で口座開設をすることで、以下のような使い分けのメリットがあります。

 

 

キャンペーンを活かせる

みんなのFXとLIGHT FXでは、スプレッド縮小キャンペーンやスワップポイント増額キャンペーン、取引高に応じたキャッシュバックキャンペーンなどが頻繁に開催されています。

 

ほとんどのキャンペーンはみんなのFXとLIGHT FXで共通となっていますが、中にはどちらか一方でしか開催されないキャンペーンもあります。

 

みんなのFXとLIGHT FXの両口座を持っておくことで、キャンペーンを上手に活用することができます。

 

 

通貨ペアでFX口座を分ける

みんなのFXとLIGHT FXの両方でFX口座を開設しておくことで、通貨ペアによって取引口座を使い分けることが可能です。
通貨ペアによって取引口座を分けておくと、ロスカットのリスクを限定することができます。

 

例えば、トルコリラ円とメキシコペソ円のポジションを同じFX口座で保有していると、仮にトルコリラ円が暴落して強制ロスカットになってしまった際には、メキシコペソ円のポジションまで強制決済となります。

 

しかし、みんなのFXとLIGHT FXに分けてポジションを持つことで、全てのポジションが一斉決済されるのを防ぐことができます。

 

みんなのFXとLIGHT FXはどちらもスワップポイントが最高水準のFX会社として人気があるので、通貨ペアでFX口座を分けてポジションを持つには最適です。

 

ポジションを長く保有するスワップ狙いの取引であれば、リスクを限定するためにもみんなのFXとLIGHT FXを上手く使い分けましょう。

 


LIGHT FX公式サイトはこちら

ページの先頭へ戻る