外為ジャパンでFX口座を開設する前に知っておくべき欠点とは?

外為ジャパン公式サイト

 

口座開設者数No.1として人気のDMM FXですが、外為ジャパンは同じくDMMが提供するFX取引サービスです。
しかしながら、外為ジャパンでFX口座を開設する前には確認しておきたいデメリットがいくつかあります。

 

 

取引通貨ペアが少ない

外為ジャパンで取引できる通貨ペアは、他のFX会社と比較して少なめの15通貨ペアとなっています。

 

反対に取引通貨ペアの多いFX会社と言うとヒロセ通商が有名で、50通貨ペアの中から取引することができます。

 

しかし外為ジャパンでも主要な通貨ペアは全て取り扱っているので、マイナー通貨ペアの取引をする方でなければ大きな欠点にはならないでしょう。

 

外為ジャパンの取引通貨ペア一覧

外為ジャパンで取引できる通貨ペア

 

 

 

デモトレードができない

ほとんどのFX会社では、実際の取引ツールを使ってデモトレードができます。

 

リアルに資産を運用する前にバーチャルトレードで練習ができるので、初めて使うFX会社ではデモトレードを利用したいところです。

 

しかしながら、外為ジャパンではデモトレードの提供をしていません。

 

系列グループのDMM FXと取引ツールがほとんど同じなので、外為ジャパンを試してみたいならDMM FXのデモトレードを利用するのも一つの解決策です。

 

 

 

分析ツールや情報提供は必要最低限

FX会社によっては、チャートのテクニカル指標が非常に豊富で、様々な手法でテクニカル分析ができるようになっています。

 

また、マーケット情報の配信や、為替ディラーのコラムなど、FX取引に役立つ情報を豊富に配信しているFX会社もあります。

 

外為ジャパンに関しては、初心者やビギナーをターゲットにしていることもあり、分析ツールの種類や為替情報の発信は必要最低限に絞り込んでいます。

 

重要な情報やツールに絞り込んでいる方が使いやすいというトレーダーもいれば、外為ジャパンでは物足りないというトレーダーもいます。

 

FXを始めたばかりで自分で取捨選択できないと言うことなら、選択肢を絞り込んでくれている外為ジャパンを利用してみるのも良いでしょう。

 

 

 

DMM FXに劣るサービス

DMM FXと外為ジャパンは、どちらもDMM.com証券が提供しているFX取引サービスです。
スプレッドは同じ、スワップは誤差がある程度、取引ツールもほとんど同じです。

 

しかしながら、外為ジャパンはDMM FXには細かいサービス面では劣ります。
DMM FXにはあって外為ジャパンには無いサービスは、主に以下の3つになります。

 

  • デモトレード
  • 取引に応じたポイント付与
  • 過去の取引結果の自己分析ツール

 

上記の中でも特に外為ジャパンの欠点としてあげられることが多いのは、ポイント付与がない点です。

 

DMM FXでは、1Lotの取引ごとに1〜3ポイントが付与されます。

 

貯まったポイントは1ポイント=1円として、1,000ポイント以上で交換できます。

 

しかし外為ジャパンに関しては、ポイントサービスのようなものは一切ありません。

 

取引ツールや条件がほとんど同じことからも、外為ジャパンであればサービスの多いDMM FXを使うというトレーダーはたくさんいます。

 

ただし、外為ジャパンでは1,000通貨単位から取引可能ですが、DMM FXでは1万通貨単位からの取引となっています。

 

外為ジャパン公式サイトはこちら

 

 

 

外為ジャパンのメリットとは?

外為ジャパンには上記のようなデメリットがありますが、反対に外為ジャパンでFX口座をつくるメリットもあります。
外為ジャパンのFX口座が選ばれるのはナゼなのか、次は外為ジャパンの強みについて解説していきます。

 

 

 

初心者向けのシンプルで見やすい取引画面

 

外為ジャパンFXPRO

 

外為ジャパンの最大の強みであり、ユーザーから最も評価されているポイントは、インターフェース(操作画面)の使いやすさです。

 

説明を読まなくても直感的に分かりやすく、初めてのFXでもすぐにトレードに慣れることができます。

 

スマホアプリも同様にシンプルで見やすいレイアウトになっていて、初心者でもすぐに操作できるでしょう。

 

4種類ある取引ツールはどれもシンプルで分かりやすく、パソコンやスマホ操作に自信がない人でも簡単に扱えるでしょう。

 

高機能なツールや豊富すぎるテクニカル指標は、初心者にとっては混乱の元になることもあります。

 

外為ジャパンの取引ツールには無駄なものがなく、それでいて必要最低限の機能は完備している、それこそが外為ジャパン最大の特徴と言えます。

 

 

 

24時間安心のサポート

外為ジャパンのサポート

外為ジャパンの電話サポートは24時間体制で受け付けているので、夜中であっても電話で問い合わせることができます。

 

また、LINEでの問い合わせにも対応していて、チャット感覚で質問ができます。

 

電話LINE共に待ち時間も少なく、コールセンターの対応が良いことでも評判のFX会社です。

 

 

 

スワップが売り買いで同じ

スワップポイントは買いよりも売りの方が高く設定されているのが一般的です。

 

例えば、米ドル円の買いポジションのスワップが+10なら、売りポジションの場合は-12といったように、マイナスの数値の方が大きいのが普通です。

 

しかし外為ジャパンに関しては、買いと売りのスワップポイントが同額に設定されています。

 

両建てした場合であっても、スワップ分でマイナスになることがありません。

 

売りポジションではスワップがマイナスになる通貨ペアが多いので、売りポジションを中長期で保有する用に、マイナススワップの少ない外為ジャパンの口座を持っておくのも良いでしょう。

 

ちょっとしたメリットではありますが、これまで他のFX会社にはなかったユーザーファーストな施策となっています。

 

外為ジャパン公式サイトはこちら

 

 

 

外為ジャパンのスプレッドとスワップポイント

FX口座をどこで開設するのかを決める際には、スプレッドとスワップポイントは非常に重要な要素となります。

 

短期間のトレードであればスプレッドは収益に大きく影響してきますし、長期間のトレードならスワップポイントはもちろん重要です。

 

以下の表は、外為ジャパンのスプレッドとスワップポイント、及び15社中に占める外為ジャパンの順位を示したものになります。

 

調査対象のFX会社は、メジャーなFX会社と評判が良いFX会社を全て網羅して、以下の15社としました。

 

  • DMM FX
  • みんなのFX
  • YJFX!
  • SBI FX
  • 外為どっとコム
  • ヒロセ通商
  • 外為ジャパン
  • JFX
  • マネーパートナーズ
  • GMOクリック証券
  • 外為オンライン
  • FXプライムbyGMO
  • セントラル短資FX
  • ライブスター証券
  • FXブロードネット

 

通貨ペア スプレッド スワップポイント

米ドル日本円

米ドル円

0.3銭

(2位)

60円

(10位)

ユーロ日本円

ユーロ円

0.5銭

(5位)

-13円

(4位)

ポンド円

ポンド円

1.0銭

(5位)

25円

(6位)

豪米ドル円

豪ドル円

0.7銭

(6位)

13円

(10位)

ユーロ米ドル

ユーロドル

0.4pips

(6位)

-88円

(5位)

ランド円

ランド円

1.0銭

(4位)

110円

(5位)

トルコリラ日本円

トルコリラ円

取り扱い無し

取り扱い無し

メキシコペソ円

メキシコペソ円

取り扱い無し

取り扱い無し

※スワップポイントは2019年9月16日〜9月27日の間で、平均的な数値を抜粋しています。

 

スプレッドに関しては、全ての通貨において条件は良いと言えます。

 

米ドル円のスプレッドは0.3銭と業界最狭水準、1位のSBI FXは0.27銭ですが、ほとんど差は無いと言えます。

 

また、外為ジャパンはスプレッドが狭いだけではなく、約定力が強いことでも評判のFX会社になります。

 

約定力とは、トレーダーが注文を出した価格で約定する強さのことです。

 

相場が激しく乱高下している時間帯には、注文した価格から相場が動いて異なる価格で注文成立してしまうことがあります。

 

また、相場が激しく動くことで注文が弾かれてしまい、約定拒否となることもあります。

 

狭いスプレッドを謳っていても、いざ決済のタイミングで狙った価格で約定できないのであれば、スプレッドが広いのと同じです。

 

FX会社を選ぶ上では、スプレッドだけではなく約定力も含めて選ぶことが大切です。

 

スワップに関しては通貨ペアによってバラつきがありますが、外為ジャパンの強みは売り買いで同じスワップという点です。

 

売りポジションを持つことが多いなら、マイナススワップが少ない外為ジャパンは好条件になります。

 

FX会社はそれぞれのメリットとデメリットを理解した上で、相場状況や投資戦略によって使い分けるようにしましょう。

 

 

 

DMM.com証券証券の会社概要

外為ジャパンは会社名ではなく、DMM.com証券が提供するFX取引サービスの名称です。

 

DMM.com証券では、DMM FXと外為ジャパンの二つのFX取引サービスを提供しています。

 

DMM FXと外為ジャパンを提供しているDMM.com証券は、DMM.comグループのうちの一社です。

 

DMM.comグループは、グループ全体の売上高が2,000億円を超える、IT業界のトップ企業です。

 

グループCEOの亀山敬司氏が、1986年に石川県でレンタルビデオ店を開店したのがDMM.comグループのはじまりです。

 

ビデオのネット販売や動画配信により急成長を遂げ、現在では超大手IT企業にまで成長しました。

 

近年は欧州サッカークラブの運営や沖縄での水族館経営、人材育成業など多角的に事業展開しています。

 

現在国内には50を超えるFX会社がありますが、その中でもDMM.com証券は大手のグループ企業と言えます。

 

通貨ペア 15通貨ペア
最低取引通貨単位 1,000通貨単位
ロスカット 証拠金維持率60%以下
クイック入金 380行
決済前のスワップ引出し
シストレ ×
デモトレード ×
信託保全
自己資本規制比率 531.9%

 

外為ジャパン公式サイト

FX会社おすすめランキングはこちら

 

ページの先頭へ戻る