アイネット証券でFX口座を開設する前に知っておくべきコト

アイネット証券のFX口座には、通常の裁量取引を行うアイネットFXと、リピート系注文のループイフダンの二つがあります。

 

アイネット証券のユーザーの多くは、リピート系注文のループイフダンを利用しています。

 

こちらのページでは、アイネット証券とループイフダンについて、メリットやデメリットを解説しています。

 

 

 

ループイフダンとは?

 

アイネット証券のループイフダン

 

アイネット証券を語る上で必ず登場するのがループイフダン、アイネット証券の代名詞とも言える人気のサービスです。
現在は多くのFX会社がリピート系注文を提供していますが、それらの中でもアイネット証券のループイフダンは高い人気を誇ります。

 

アイネット証券のループイフダンとはどのような仕組なのか、以下にアイネット証券公式サイトの図を用いて解説していきます。
なお、ループイフダンの設定の例として、売買方向を「買い」、値幅を15pipsに設定しています。

 

レンジ相場におけるループイフダン

 

ループイフダンを稼働させると、まず成行注文で一つポジションを保有します。
そこから15pips動くごとに売買が繰り返されます。上記は「買い」でループイフダンを設定した場合の例となります。

 

相場下落時のループイフダン

 

スタート時より相場が下落した場合には、15pips下がるごとにポジションを買い増していきます。
保有する最大ポジション数は事前に設定しておきます。含み損にも耐えられるよう、資金に見合ったポジション数を設定しておきましょう。

 

相場上昇時のループイフダン

 

相場の方向が的中した場合には、相場を追いかけながらどんどん利益を積み上げていきます。
トレンド局面でもレンジ相場でも、常に収益チャンスを狙えるのがループイフダンの評価ポイントです。
反対に、予想とは逆の方向に相場が動いた場合には、以下のように含み損が増えていくことになります。

 

ループイフダン含み損のリスク

※Bタイプ…買い注文、Sタイプ…売り注文

 

ループイフダンのデメリットは、相場が思惑と反対方向に動いている間は、含み損が膨らんでいくことです。
リスクを抑えるためには、ロスカットされないための資金管理と、最大ポジション数とのバランスが重要になります。

 

 

 

ループイフダンは80%の勝率を誇る自動取引

 

ループイフダンの勝率と実績

 

ループイフダンの評判が良い最大の理由は、勝率という目に見える実績からです。

 

2018年3月31日時点で口座残高があり、2019年3月31日時点でループイフダンを運用中のユーザーを対象とした調査では、為替差損益とスワップにより有効証拠金が増えたユーザーは約80%となりました。

 

資金が底を尽きて退場したユーザーは含まれないことから、実際にはもう少し勝率は低くなることが予想されますが、それでも約80%というのは優秀な実績です。

 

試しに運用してみるにも、十分な実績があるサービスと言えるでしょう。

 

 

初心者にも利用しやすい自動売買

アイネット証券のループイフダンのメリットとして、設定のシンプルさがあげられます。

 

ループイフダンの設定は、4つの項目を選ぶだけなので初心者にとっても簡単です。

 

ループイフダンの設定の流れ

 

細かいカスタマイズはできませんが、FX初心者にとっては理解しやすい自動売買と言えます。

 

また、好成績のループイフダン設定がランキングで公開されていて、ランキング上位の設定をそのまま選択することもできますし、少し設定を変えて運用することもできます。

 

 

取引手数料無料!1,000通貨単位から取引OK

アイネット証券のループイフダンは、コストが安くて少ない資金で始められるのも強みの一つです。

 

取引手数料は無料となっていて、1,000通貨単位〜と少額にも対応しています。

 

ループイフダンが気になったら、まずは試しに1,000通貨単位の少額で稼働させてみるのも良いでしょう。

 

 

ループイフダンで重要なのは資金管理

ループイフダンは含み損を抱えながら利益を積み上げる投資方法でもあります。

 

ループイフダンで利益を上げるためには、ロスカットされずに含み損に耐えられるだけの資金を維持しておくことが重要になります。

 

最大ポジション数などの設定に対して、十分な資金を投入しておくことが、ループイフダンで勝つためのポイントと言えます。

 

≫アイネット証券公式サイト

 

 

 

アイネット証券のメリット

FX口座を開設するなら絶対にアイネット証券、FXトレーダーの中にはそう答える人もいます。

 

アイネット証券には、他のFX会社には無い特徴がいくつかあります。

 

アイネット証券が多くのFXトレーダーから選ばれる理由とは?

 

 

高水準のスワップポイント

アイネット証券のスワップポイントは、全ての通貨ペアにおいて高い水準となっています。

 

リピート系注文や自動売買が使えるFX会社ではスワップポイントが低いところが多くなりますが、アイネット証券は例外です。

 

ドル円やユーロ円などのメジャー通貨ペアから、トルコリラや南アフリカランドなどの高金利通貨ペアまで、高いスワップポイントを付与しています。

 

 

 

充実のセミナーと投資教育

アイネット証券の強みとして、豊富なセミナーもあげられます。

 

他のFX会社と比較して、アイネット証券では会場を使ってのセミナーが多く開催されています。

 

セミナーの内容は、FXを基礎から学べる初心者向けのものから、ループイフダンの使い方に至るまで様々です。

 

ただし、アイネット証券の会場セミナーは口座開設していなくても参加可能なものばかりなので、アイネット証券で口座開設するメリットとは言えないところです。

 

 

 

豊富なテクニカル指標

アイネット証券のパソコン用取引ツール「i-NET TRADER」のダウンロード版では、全44種類の豊富なテクニカルチャートを搭載しています。

 

複数の通貨ペアのチャートを重ねて表示できるなど、独自の機能も備えています。

 

44種類の豊富なテクニカルチャート

  • 基本足 全5種類
  • ティック、ローソク足、折れ線チャート、バーチャート、平均足

  • 新値足
  • 一目均衡表
  • ボリンジャーバンド
  • ケルトナーチャネル
  • ピボット
  • 移動平均線 全4種類
  • 単純移動平均線、加重移動平均線、指数平滑移動平均線、GMMA(複合型移動平均線)

  • サポート&レジスタンス
  • 移動平均乖離率 全3種類
  • 単純移動平均乖離率、加重移動平均乖離率、指数平滑移動平均乖離率

  • アルティメットオシレーター
  • VLDMI
  • DMI
  • ADライン
  • RCI
  • ストキャスティクス
  • RSI
  • %Rオシレーター
  • サイコロジカルライン
  • MACD
  • ROC
  • 篠原レシオ
  • シャンデモメンタムオシレーター
  • フィボナッチ 全7種類
  • ギャン 全3種類
  • ギャンライン、ギャンファン、ギャングリッド

  • トレンドライン
  • バーティカルライン
  • ホリゾンタルライン
  • トレンドチャネル

 

 

Mac対応の豊富な取引ツール

パソコン用取引ツール「i-NET TRADER」のダウンロード版は、Macにも対応しています。

 

パソコンにダウンロードするタイプの取引ツールはMacには対応していないFX会社が多くなりますが、アイネット証券のダウンロード版はMacでも利用可能です。

 

タブレットやガラケー専用の取引ツールも提供していて、非常に充実したラインナップとなっています。

 

≫アイネット証券公式サイト

 

 

 

アイネット証券のデメリット

多くのFXトレーダーがループイフダンを利用していますが、中にはアイネット証券ではFXをしないというトレーダーもいます。

 

続いてアイネット証券が他社に劣るデメリットについて解説していきます。

 

 

スプレッドが広い

アイネット証券のスプレッドは、全通貨ペアを通してかなり広めの設定となっています。

 

ただし、アイネット証券の利用者の多くはループイフダンを使っていて、ループイフダンのようなリピート系注文が使えるFX会社では、スプレッドが広く設定されているのが一般的です。

 

その点を考えると、アイネット証券のスプレッドが広いとは一概には言えないところです。

 

アイネット証券各FX口座のスプレッド
ループイフダン アイネットFX(裁量)
米ドル/円 2.0銭 0.7銭〜1.0銭
ユーロ/円 3.0銭 1.4銭〜2.0銭
ポンド/円 5.0銭 2.0銭〜5.2銭
豪ドル/円 4.0銭 1.5銭〜4.0銭
NZドル/円 6.0銭 2.0銭〜6.5銭
カナダドル/円 5.0銭 2.5銭〜5.5銭
スイスフラン/円 4.0銭 3.0銭〜10.0銭
トルコリラ/円 7.0銭
メキシコペソ/円 7.0銭
南アランド/円 7.0銭 15銭

 


 

 

裁量トレードには不向き

アイネット証券はスプレッドが広いことに加えて、約定力が弱いのも大きな欠点となっています。

 

ループイフダンにおける約定力はそれほど問題ありませんが、手動取引での約定力が弱く、約定までに数秒かかることもあります。

 

特に指標発表時などには滑りやすくなるので、裁量トレードを行うのであれば気をつけたいところです。

 

スプレッドの広さと約定力の弱さから、アイネット証券はデイトレードやスキャルピングにはおすすめできません。

 

アイネット証券はループイフダンが強みのFX会社なので、裁量取引は他のFX会社で行い、アイネット証券では自動売買に特化することをおすすめします。

 

 

 

アイネット証券の取引ツール

ダウンロード版

 

アイネット証券のパソコン用取引ツールi-NET TRADERダウンロード版

 

パソコンにソフトをダウンロードして使うタイプの取引ツールです。
44種類のテクニカルチャートを搭載。通貨ペアの異なるチャートを重ねて表示したり、過去の取引履歴を分析する機能も備えています。
表示する項目を選ぶことができるので、使いやすい様にカスタマイズできるのも特徴です。

 

 

ブラウザ版

 

アイネット証券のパソコン用取引ツールi-NET TRADERブラウザ版

 

Internet ExplorerやGoogle Chromeなどのブラウザを使って、ネット上で利用する取引ツールです。
ブラウザ版はダウンロード版に比べて、ややシンプルな構成となっているのでFX初心者におすすめとも言えます。
ただし、取引履歴の分析機能など、ブラウザ版では一部利用できない機能もあります。

 

 

スマホアプリ

 

アイネット証券のスマホアプリ

 

アイネット証券のスマホアプリは、ユーザーからの賛否が分かれるところです。
レイアウトのカスタマイズ、チャートを見ながらの発注、トレンドラインの描画など豊富な機能を備えています。
一方で、初心者や初級者からは分かりづらいという口コミも見られます。iPhoneとAndroidの両方に対応しています。

 

 

タブレット

 

アイネット証券のタブレット用取引ツール

 

アイネット証券では、タブレット専用の取引ツールも提供しています。
iPadとAndroidタブレットの両方に対応しています。

 

※上記以外にも、モバイル版(携帯)の取引ツールも提供しています。

 

 

 

アイネット証券のFX口座開設の流れ

 

アイネット証券口座開設の流れ

 

STEP1

お申込フォーム入力

アイネット証券でFXを始めるには、まず初めにアイネット証券公式サイトの口座開設ボタンをクリックします。
口座開設フォームに必要事項を入力していきます。所要時間はおおよそ10〜20分程度となっています。

 

 

STEP2

必要書類の提出

マイナンバーと本人確認書類を提出します。提出方法はWEBアップロード、メール添付、郵送、FAXから選択できます。必要書類の提出をもって、口座開設の申し込みは完了となり審査に入ります。

 

 

STEP3

口座開設通知の受け取り

アイネット証券の審査に通ると、本人確認書類に記載された住所に、ログインIDとパスワードが記載された書類が送られてきます。

 

 

STEP4

入金後取引開始

アイネット証券指定の銀行口座に振込、またはクイック入金にてFX口座に入金すると、いよいよFX取引がスタートとなります。

 

 

アイネット証券の口座開設キャンペーンについて

 

アイネット証券の新規口座開設キャンペーン

 

アイネット証券の口座開設完了から30日以内に、新規約定が500万通貨以上で、30,000円のキャッシュバックがもらえます。(南アフリカランド、メキシコペソは5,000万通貨以上)
条件としては厳し目になりますが、3万円のキャッシュバックは他社と比較しても高額です。

 

 

 

アイネット証券に関するQ&A

取引時間は何時から何時までですか?

月曜日AM7:00〜土曜日AM7:00となります。
サマータイム適用時の夏時間は、月曜日AM7:00〜土曜日AM6:00です。
また、以下の時間帯にはシステムメンテナンスを行います。
火曜日〜金曜日AM7:00〜AM7:05(サマータイム期間はAM6:00〜AM6:05)

 

最低取引金額はいくらからですか?

ループイフダンは1,000通貨単位から、通常の裁量取引(アイネットFX)は1万通貨単位からとなります。

 

手数料はかかりますか?

ループイフダンを含むFX取引や、口座開設に必要となる手数料はありません。FX口座に銀行振込で入金する際には振込手数料がかかりますが、クイック入金を利用すれば振込手数料も必要ありません。スプレッドのみが実質的な手数料ということになります。

 

レバレッジは何倍から取引できますか?

レバレッジ25倍までの取引が可能です。

 

 

 

アイネット証券の会社概要

アイネット証券の創業は2003年、証券会社としては比較的新しい部類に入るとも言えます。
ISホールディングスのグループ会社なので、外為オンラインやひまわり証券、ライブスター証券と同じグループということになります。

 

通貨ペア 24通貨ペア(ループイフダンは20通貨ペア)
クイック入金 12行
デモトレード
信託保全
自己資本規制比率 366.9%

 

 

アイネット証券の総評

アイネット証券の最大の評価ポイントは、やはりリピート注文のループイフダンです。

 

反対に、ループイフダンではなく通常の取引をするのであれば、アイネット証券よりも条件の良いFX会社はいくつかあります。

 

通常の裁量取引は他のFX会社で行い、自動売買専用にアイネット証券を利用するのも良いでしょう。

 


FX会社おすすめランキングはこちら

 

 

ページの先頭へ戻る