外為どっとコムはスキャルピング禁止?

外為どっとコム公式サイト

 

スキャルピングとは、数秒〜数分の短い時間で繰り返し売買を行い、少額の利益を積み重ねていく取引手法です。
ポジションを保有する時間が短いことから、為替変動リスクが比較的低いことで人気のある取引手法ですが、FX会社によってはスキャルピングを禁止しているので注意が必要です。

 

業界最狭水準スプレッドを提供しておりスキャルピングには最適とも考えられる外為どっとコムですが、スキャルピングをしても口座凍結や取引制限にはならないのでしょうか?外為どっとコムの約款やサポートの回答をもとに解説していきます。

 

\今なら新規口座開設で最大10.3万円キャッシュバック/

外為どっとコム公式サイトへ
無料で口座開設する

 

外為どっとコムは基本的にはスキャルピングを禁止していない

外為どっとコムではスキャルピングを一概には禁止していません。約款や禁止事項にもスキャルピングを明確に禁止するような記載はなく、サポートに問い合わせても基本的には禁止していないとの回答があります。

 

しかしながら、外為どっとコムの約款には以下のような記載があるので、確認の上で外為どっとコムでスキャルピングを行うことをおすすめします。

以下のような事例に該当するケースが確認された場合、当社は、当社の店頭FX(外国為替保証金取引)『外貨ネクストネオ』取引約款の以下の各条項に従って、契約約款等に基づく契約の解除や取引に制限を実施することができることとなっております。

お客様方におかれましては、ご注意の程を宜しくお願い申し上げます。
【取引約款】
・外貨ネクストネオ取引約款:第16条第1項第11号、第18条第1項第5号、第28条第1項第5号など
【事例】
・短時間に、頻繁に行われる取引であって、他のお客様または当社のシステムもしくはカバー取引等に著しい悪影響を及ぼす行為
(中略)
・その時点の流動性にかかわらず継続的に反復してなされる多額の取引であって、他のお客様または当社のシステムもしくはカバー取引等に著しい悪影響を及ぼす行為

参照:取引約款に抵触する行為について


つまり、外為どっとコムのシステムやカバー取引に著しい悪影響を及ぼすほどのスキャルピングは、契約解除や取引制限の可能性があるということになります。

カバー取引とは?

外為どっとコムでは、顧客から受けた注文と同じ注文を金融機関に出すことで、為替変動リスクを回避しています。これをカバー取引と言います。

カバー取引

FXは1対1で行う取引のため、顧客が「買い」なら外為どっとコムは「売り」の取引をしていることになります。顧客からの注文を受けたままでいると、外為どっとコムも為替変動リスクを負うことになるため、リスクヘッジとして銀行や証券会社に取引を流します。
しかし、スキャルピングによって短時間の間に膨大な注文が出されると、カバー取引が間に合わなくなる可能性があります。

問題となるのは、どの程度の頻度・回数のスキャルピングになると外為どっとコムの約款に抵触するのかということですが、システムやカバー取引への影響はマーケットの状況によって異なるため、具体的な頻度や回数について教えてもらうことはできません。

 

しかしながら、一般的にはFX会社のシステムやカバー取引に影響が出るほどの取引となると、短時間に行う膨大な量の取引です。

 

外為どっとコムのシステム処理能力やサーバーの強さにもよりますが、取引量や取引回数が極端に多くなければ、システムやカバー取引に影響が出る可能性は低いと言えます。

 

とは言え、以下のようなスキャルピングは外為どっとコムのシステムやカバー取引に影響が出る恐れがあるため、基本的には行わないことをおすすめします。

 

  • 大量の注文が入る可能性のある経済指標の発表時のスキャルピング
  • 市場参加者が少ない朝方のスキャルピング
  • 1回の取引量が極めて多いスキャルピング

 

短時間の間に大量の注文が出されると、注文を処理する外為どっとコムのシステムに大きな負荷がかかります。
システムに負荷がかかると注文が約定するのに時間がかかる恐れがあり、スキャルピングを行なっていない他の顧客にまで影響が出る可能性があります。

 

そのような事態を防ぐことなどを目的として、外為どっとコムでは過度なスキャルピングに対しては何らかの措置を取る可能性があります。

 


スキャルピング公認!FX口座ランキング

 

 

外為どっとコムのスキャルピング適正

外為どっとコムでは業界最狭水準のスプレッドを提供しており、最低限のコストでスキャルピングができるのがメリットです。
ただし、スキャルピングに利用するFX口座を選ぶ上では、スプレッドだけではなく約定スピードもチェックすることが大切です。

 

約定スピードとは、注文ボタンをクリックしてから実際にFX会社のシステムで約定が成立するまでの早さのことです。インターネットを介して取引を行うFXでは、ボタンをクリックしてから約定するまでの間に、通信による物理的な時間差が必ず生じます。

 

約定スピードが遅いFX会社では、レートを確認して発注ボタンをクリックしたとしても、約定成立までの間に為替レートが変動する可能性が高くなります。

 

小さな値幅で利益を狙うスキャルピングでは、確実に狙ったレートで約定させる約定スピードが必要になります。
スプレッドや約定スピード、取引ツールの操作性も比較した上で、スキャルピングに利用するFX口座を選択することをおすすめします。

 


スキャルピング公認!FX口座ランキング

ページの先頭へ戻る