DMM FXの最低取引金額と必要な初期費用

DMM FXで取引を始めるには、どの程度の元手資金が必要となるのでしょうか?DMM FXの最低取引単位は以下の通りです。

 

全通貨ペア共通 10,000通貨単位(1Lot)

※通貨単位とは…ドルやユーロなどそれぞれの通貨の単位。

 

最低取引単位とは、発注できるもっとも小さな単位のことで、1Lotとも言います。
DMM FXの最低取引単位(1Lot)は10,000通貨単位となり、米ドルであれば10,000ドルとなります。

 

では、DMM FXで10,000通貨単位の取引をするには、最低でもどの程度の資金を用意しておく必要があるのでしょう?
例として、米ドル円が1ドル=100円の時に取引することを仮定して説明していきます。

 

 

米ドル円【1ドル=100円】で取引する場合の必要資金

DMM FXで米ドル円を取引するのであれば、最低でも10,000通貨単位=10,000ドルから取引可能ということになります。
1ドル=100円とすると、米ドル円を取引するのに最低限必要な資金は10,000ドル×100円=100万円となります。

 

それでは、DMM FXで米ドル円を取引するには100万円の資金が必要となるのでしょうか?実際にはそのような大金は必要ありません。

 

ここで活躍するのがレバレッジと呼ばれる仕組みです。レバレッジとはテコの原理のことで、少額資金で大きな金額の取引ができる仕組みです。

 

レバレッジの仕組み

 

例えば、元手の資金が10万円の場合、レバレッジ10倍で取引をすることで実質100万円分のFX取引が可能になります。

 

DMM FXの最大レバレッジは25倍(国内のFX業者は最大25倍)となっているので、元手資金の25倍までの取引が可能です。

 

逆に言うと、実際の取引金額の25分の1の資金を用意すればOKとなります。

 

先程の例の米ドル円であれば、100万円の25分の1=4万円の資金でFXを始めることができます。
この最低限必要となる資金の4万円を「必要証拠金」と言います。

 

とは言え、実際に40,000円の資金で取引をすると、レートが予測とは反対方向に少し動いただけですぐにロスカットされてしまいます。

 

 

ロスカットと証拠金について

DMM FXでの取引に必要となる最低金額をしっかりと理解するためには、ロスカットと証拠金について理解する必要があります。

 

ロスカットとは、顧客の損失がどんどん膨らまないために、ある一定の水準の損失に達したところでFX会社が強制的に反対売買するルールです。
ロスカットは大きな損失を避けるための仕組みとは言え、損失が確定することに変わりありません。

 

次に、証拠金とはFX会社に預け入れる資金のことで、取引に必要となる資金を証拠金と言います。
DMM FXでは、証拠金の維持率が50%以下になるとロスカットとなります。

 

1ドル=100円の時に、10,000通貨単位(1Lot)取引する場合であれば、必要証拠金は100万円÷25=4万円です。
5万円の入金額に対して4万円の必要証拠金の場合、証拠金維持率は以下のようになります。

 

【5万円÷4万円×100%=125%】

 

取引開始時点では125%の証拠金維持率ですが、相場が予測とは反対方向に動いて含み損が出ると、証拠金維持率は低下します。
証拠金維持率が50%以下になると、DMM FXにより強制ロスカットとなります。

 

DMM FXのロスカット例

 

また、毎営業日クローズ時には証拠金維持率の判定が行われ、証拠金維持率が100%を下回っていると追加の証拠金を入金する必要があります。
これをDMM FXの追加証拠金制度と言います。

 

一瞬でロスカットされないためにも、DMM FXで米ドル円を取引するのであれば、最低でも5万円以上は資金を入金しておきたいところです。

 

しかし、これは米ドル円のレートが1ドル=100円の時の例えであり、1ドル=110円になるとさらに資金が必要になります。

 

余裕を持った取引をすることも考えると、10万円程度は初期費用を用意しておくのが理想的です。

 

 

 

少額資金でFXを始めたい方は…

DMM FXの最低取引金額は10,000通貨単位となっているため、米ドル円を取引するのであれば最低でも5万円、理想としては10万円以上の初期費用が必要です。

 

ところが、昨今は少額資金でもFXを始められるようにと、最低取引金額を1,000通貨単位としているFX会社が増えています。

 

最低取引金額が1,000通貨単位のFX会社で米ドル円を取引する場合、必要な初期費用は以下のようになります。

 

  1. 1,000通貨単位=1,000ドル
  2. 100円×1,000ドル=10万円
  3. 10万円÷25倍=4,000円

※1ドル=100円の場合

 

つまり、最低取引金額が1,000通貨単位のFX会社であれば、DMM FXの10分の1の初期費用でFXを始めることができます。

 

元手となる資金が10万円以下の方であれば、DMM FXではなく最低取引金額が1,000通貨単位のFX会社を選ぶのが良いでしょう。

 

 

 

DMM FXで少額資金でFXを始めるには?

DMM FXは、国内で口座開設者数No.1の人気FX会社です。最低取引金額が多少高くても、スプレッドが狭くアプリなどが使いやすいDMM FXで取引を始めたいという方も多いことでしょう。

 

DMM FXで少額資金でFXを始めたいということであれば、米ドル円ではなく少額資金で取引できる南アフリカランド円を取引してみるのも一つの方法です。

 

DMM FXで米ドル円を取引するのであれば、最低でも資金は5万円以上必要になります。
しかし、ここ数年間のレートが5円〜15円程度で推移している南アフリカランドであれば、数千円の初期費用でFXを始めることができます。

 

初期費用が少額の方で、DMM FXで取引を始めたいということであれば、南アフリカランド円を取引するというのも一つの方法です。

 

このように、同じ10,000通貨単位を取引する場合であっても、取引する通貨によって必要になる最低金額は異なります。

 

反対に、140円〜160円あたりで推移することが多いポンド円を取引するとなると、1ドル=100円の時の米ドル円よりも多くの資金が必要になります。

 

少しややこしくなりますが、FXでは取引する通貨ペアのレートによって必要資金が変わります。
FXで必要となる最低資金は、その日のレートや取引する通貨ペアによって変動するということです。

 

なお、最低限必要となる資金は毎回計算する必要はなく、DMM FXであれば取引画面上に自動計算で表示されます。

 

 

 

DMM FXの最低入金額について

DMM FXで取引するために必要な最低金額を理解したところで、次は「最低入金額」について確認してみましょう。

 

DMM FXでは、初回の最低入金額に制限を設けていません。取引に必要となる金額以上の資金を入金すれば、いつでもDMM FXで取引を始めることができます。

 

ただし、クイック入金を利用してFX口座に入金する場合は、最低5,000円からとなっています。

クイック入金とは?

24時間リアルタイムに手数料無料で、銀行口座からFX口座に資金を入金できる方法です。各FX会社が提携している金融機関にインターネットバンキングをお待ちであれば利用できます。

 

まとめ

結論としては、DMM FXで取引を始めるには最低でも10万円以上の資金を用意しておくのがおすすめです。
元手資金が10万円以下であれば、DMM FXの10分の1となる1,000通貨単位から取引できるFX会社を検討してみると良いでしょう。

 


1,000通貨単位から取引できるFX会社を比較解説

ページの先頭へ戻る