auカブコム証券で口座開設する前に知っておくべき欠点とは?

auカブコム証券公式サイト

 

大手ネット証券のうちの一社であるauカブコム証券ですが、FXならauカブコム証券は選ばないというトレーダーはたくさんいます。

 

auカブコム証券を選択しないFXトレーダーはなぜそう判断するのか、auカブコム証券のデメリットについて以下に解説していきます。

 

 

取り扱い通貨ペアが少ない

auカブコム証券のFXで取引できる通貨ペアは12種類、ほとんどのFX業者では20〜30種類の通貨ペアを提供していることを考えると、auカブコム証券の通貨ペアはかなり少ないと言えます。

 

通貨ペアの数は多ければ多いほど、取引チャンスに遭遇する機会は増えます。

 

 

 

auカブコム証券は株取引におすすめ

auカブコム証券の前身はカブドットコム証券、名前の通り株を主に取り扱うネット証券です。

 

提供しているツールや情報などは、FXよりも株に関するものが多くなっています。

 

会場で開催するセミナーやウェブセミナーも、FXではなく株取引に関するものがほとんどです。

 

FXの取引をするのであれば、やはりFX専業業者の方が使いやすく、サービスも充実しているためおすすめと言えます。

 

 

 

コールセンターの受付時間が短い

auカブコム証券の電話問い合わせの受付時間は平日8時〜17時まで、24時間サポートのFX会社と比較すると利便性では劣ります。

 

FXは24時間取引可能で、特に市場が活発になり多くのトレーダーが取引に参加するのは、夕方から深夜にかけての時間帯です。

 

稼ぎ時とも言える時間帯に電話がつながらないのは、auカブコム証券を利用する上での不安要素と言えます。

 

とは言え、auカブコム証券のコールセンターの対応は評判が良く、外部機関からも高い評価を獲得しています。

 

24時間対応さえ実現すれば、auカブコム証券の強みとなるでしょう。

 

 

 

デモトレードができない

ほとんどのFX会社では、バーチャルでFXトレードを体験できるデモトレード口座を提供しています。

 

実際に自己資金でFXを始める前に、FX取引を体験したり練習することができます。

 

auカブコム証券ではデモ口座を提供していないので、FX初心者には少しリスクが高いとも言えます。

 

auカブコム証券でFXを始めるにしても、他のFX会社の無料デモ口座を利用して、注文方法などに慣れておくことをおすすめします。

 

 

 

決済前のスワップ引き出し不可

多くのFX会社においては、毎日受け取るスワップポイントを途中で引き出して、現金に換えたり再投資することが可能です。

 

すぐに決済せずに長期で投資する場合でも、スワップポイントによる収益を毎日受け取ることができます。

 

その点において、ソニー銀行では決済するまでスワップポイントだけを先に引き出すことはできません。

 

長期取引がメインの方や、スワップ狙いの取引をする方には大きなデメリットと言えます。

 

 

 

入出金が不便

多くのFX会社においては、24時間入金可能でリアルタイムにFX口座に資金が反映される「クイック入金」を提供しています。

 

auカブコム証券でもクイック入金のようなサービスを提供していますが、時間帯によっては利用できないので注意が必要です。

 

また、auカブコム証券のFX口座へ資金を入金するには、一旦証券口座へ入金した後、FX口座に振り替える必要があります。

 

FX口座から出金する際にも同様に、証券口座を経由する必要があります。

 

時間帯によっては証券口座とFX口座間の資金振替ができないため、やや不便に感じることもあります。

 

 

 

 

auカブコム証券のメリット

auカブコム証券には他社と比較して様々な欠点が存在しますが、反対に他のFX会社には無い強みや特徴もあります。

 

次に、auカブコム証券が他社に優るメリットについて解説していきます。

 

 

自動売買のシストレFX

シストレとはシステムトレード(自動売買)のことで、設定した売買ルールに従って自動的に取引がなされるものです。

 

auカブコム証券のシストレFXでは、テクニカル指標を選択してストラテジー(売買ルール)を構築します。

 

FX初心者の方など、テクニカル分析の経験が少ない方には、やや難易度が高いツールと言えます。

 

システムトレードを提供しているFX会社の中には、既に構築されたストラテジーを選択するだけの初心者向けのものもあります。

 

チャート分析の経験値が豊富な方でなければ、そのような選択型のシステムトレードを検討してみるのも良いでしょう。

 

 

 

三菱UFJフィナンシャルグループ

auカブコム証券は、三菱UFJフィナンシャルグループの証券会社で、日本格付研究所からも高い評価を得ています。

 

決定的な強みとも言えませんが、三菱UFJの名前に安心を感じる方もいらっしゃるでしょう。

 

日本のFX業者は、顧客の資産と会社の資産を区別して管理する「信託保全」が義務づけられています。

 

仮にFX業者が倒産した場合であっても、顧客の資産は信託会社によって守られます。

 

auカブコム証券に限らず、日本の証券会社やFX会社は信託保全が義務となっているので、安心して資産を預けることができます。

 

信託保全のイメージ

 

 

 

くりっく365の取り扱いあり

auカブコム証券では、取引所為替証拠金取引のくりっく365も取り扱っています。

 

くりっく365を取り扱うには、厳正な審査基準を満たしている必要があります。

 

財務体系に優れた企業でないと、くりっく365を取り扱うことはできません。

 

くりっく365を取り扱うFX業者は、東京金融取引所から認められた信頼性の高い業者と言えます。

 

 

 

株式や投資信託を担保に取引できる

auカブコム証券では、FXで運用する資金の代わりとして、株や投信を担保にすることができます。

 

auカブコム証券の「代用有価証券サービス」では、保有している有価証券の評価額の70%を、FXの証拠金として利用することができます。

 

auカブコム証券の株券担保サービス

 

資金効率の良い独自のサービスではありますが、為替変動と株価変動の両方の影響を受けることになるので注意が必要です。

 

株価と為替相場の関連性などを理解した上で取引するスキルも必要となるため、投資の経験が十分でない方にはおすすめできません。

 

 

 

 

auカブコム証券のスプレッド

 

スプレッド

 

スプレッドとは買値と売値の差異のことで、FX取引における実質的な手数料です。

 

auカブコム証券のスプレッドは、米ドル円をはじめとしたメジャーな通貨ペアに関しては狭い設定となっています。

 

一方で、トルコリラや南アフリカランドのような高金利通貨ペアに関しては、他のFX会社と比較して決して良い条件とは言えません。

 

なお、auカブコム証券が提示する固定スプレッドが適用されるのは午前9時〜翌午前4時まで、それ以外の時間帯は変動制のスプレッドとなっており、スプレッドが大きく広がる可能性があるので注意が必要です。

 

さらに、取引数量が多い大口取引の場合にも、原則固定のスプレッドの対象外となります。

 

auカブコム証券では、取引する通貨ペアや時間帯によっては、余分な手数料がかかることを頭に入れておきましょう。

 

 

 

auカブコム証券シストレFXの取引コース

auカブコム証券のシストレFXには、以下の3つのコースがあり、利用者はコースを選択した上で取引をします。
それぞれのコースの主な違いは取引単位です。

 

取引単位
ミニ 1,000
通常 1万
大口 10万(110万通貨単位以上)


 

新規注文1回あたりの上限
ミニ 9,000通貨まで
通常 100万通貨まで
大口 300万通貨まで

※ランド円のみ別条件となります。

 

 

ミニコースは1,000通貨単位から取引できるので、少額資金でFXを始めたい方に適しています。

 

ただし、新規注文1回あたりの上限が9,000通貨までとなっているので、ある程度FXに慣れてくると上限が煩わしく感じるでしょう。

 

一方で、多くのFX会社では取引コースの区別はなく、1回の注文で1,000通貨単位〜300万通貨単位程度まで自由に取引できるようになっています。

 

コースによって下限や上限が決められているのは、やや使い勝手が悪いとも言えます。

 

 

 

auカブコム証券に関するQ&A

取引時間は何時から何時までですか?

月曜日AM7:00〜土曜日AM6:50となります。
サマータイム適用時の夏時間は、月曜日AM7:00〜土曜日AM5:50です。

 

取引手数料はかかりますか?

auカブコム証券のシストレFXでは、取引に必要となる手数料はありません。スプレッドが実質的な取引手数料ということになります。

 

 

 

auカブコム証券の会社概要

auカブコム証券の前身となるカブドットコム証券は、2001年にサービスを開始したインターネット専業の証券会社です。

 

2005年には東証1部に上場、2007年には三菱UFJフィナンシャルグループの子会社となりました。
なお、FXサービスを開始したのは2012年のことです。

 

通貨ペア 12通貨ペア
最低取引通貨単位 1,000通貨単位
デモトレード ×
信託保全
自己資本規制比率 363.6%

 

 

auカブコム証券の総評

auカブコム証券はネット総合証券であり、株や投資信託を取引する方に適していると言えます。

 

様々な金融商品の分散投資としてFXを考える方あれば、auカブコム証券で口座開設を検討してみる余地はあるでしょう。

 

一方で、FX取引をメインに考えている方には、取引条件やサービスが整っているFX専業業者を利用することをおすすめします。

 


FX会社おすすめランキングはこちら

 

 

ページの先頭へ戻る